カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 費用・助成 >
  5. 助成金はあるの?保険適応はされるの?不妊治療にかかる金額まとめ

妊娠・出産

助成金はあるの?保険適応はされるの?不妊治療にかかる金額まとめ

2  

不妊治療に踏み出すことを決意しても、金銭面が不安で躊躇してしまうことがありますよね。
今回は治療費や助成金についてまとめてみました。

しかし治療費は病院によって異なります。
また、助成金もお住まいの地域・年齢によって異なりますので、あらかじめご了承ください。

不妊治療はどのぐらいかかるの?

治療の段階にもよりますが、人工受精で2万・体外受精で60万・顕微授精で80万ぐらいが相場といわれています。
しかし、病院によって金額差が上下します。

また、体外・顕微授精をした場合は受精卵を保存する凍結保存代も発生し、年間数万~数十万円かかります。

 

保険適応はあるのか?

基本的に不妊治療は保険適応外になります。会計時に数万円はあたりまえのように請求されます。
注射一本で一万円くすることも珍しくありません。

また採卵などすると、一瞬で20~30万円近い金額を請求されるので金銭感覚が麻痺しがちですね。

 

助成金はあるの?

これは完全に地域によって異なるので、各自治体に要問い合わせになりますが、市・県から10万円前後の助成金が給付される制度があります。
しかし、世帯年収や年齢、お住まいによっては給付されない場合があるので、治療を始める前に確認をしておくと安心ですね。

また地方の場合、治療にかかった旅費の遠征代金を補助してくれるところもあるようです。
そのためには領収書や証明書が必須になるので、きちんと保管ちておきましょう。 

不妊治療は本当にお金がかかってしまいます。
一度で授かれればいいですが、もし何度も繰り返すことがあれば金額もそれなりに増えていきます…。
治療費の他に、飲み薬・貼り薬も保険適応外でかかりますし、連日病院に通うための交通費もかかります。

また、授かれれば終わりではありません。
その後の出産・育児費用も頭に入れておかなければなりません。
後先しっかり考えて計画をしたうえで挑むことが大切ですね。

 

(Photo by:足成

著者: みぃまむさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用・助成に関する記事

不妊治療はお金がかかる!保険がきく治療、きかない治療

不妊治療はとにかくお金がかかります。しかも自己負担の部分と健康保険が適用される...

不妊治療はできるだけ早く始めて!不妊治療の開始の早さと、効果やお金の関係

  女性も男性も、年齢を重ねることで妊娠率が下がると言われています。理由は主に卵...

費用・助成の体験談

不妊治療でかかったお金は医療費控除の対象!申請方法について

昨年から不妊治療を始めて領収書は取っておいたけどしまいっぱなしでした。 改めて計算してみると15万...

顕微授精の費用◇低刺激での誘発→採卵→移植

写真は毎朝のお散歩の一コマ。 このように晴れ渡る空の下でおにぎりを食べるってなこともしたくなる...

カラダノートひろば

費用・助成の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る