カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 費用・助成 >
  5. 体外・顕微授精はなぜ費用が高いの?費用がかかる原因は○○!

妊娠・出産

体外・顕微授精はなぜ費用が高いの?費用がかかる原因は○○!

4

子どもを望み、妊娠・出産がしたい!と思ったけど、思うように授かれず、不妊治療を始めるケースも増えてきました。
不妊治療で気になることは治療にかかる費用…ではないでしょうか?

なぜ不妊治療は高いのでしょうか?
不妊治療は、平均的に一回の治療で100万円ちかくの費用がかかるといわれています。

 

そもそもなぜ高いのか?

一番の大きな要因としては保険適応外だから…ということがあります。
例えば10万円の治療をしたとします。その際、保険適応なら通常3割負担なので請求額は3万円になります。

しかし、保険適応外の場合は10割完全な自己負担になるので、請求額は10万円になります。
今はかりに10万円をベースにしましたが、保険が適応になるか?ならないか?で7万円は大きいですよね。

 

費用が上がるのは高度技術だから

体外・顕微授精には、たいへん高度な技術が必要になります。
そのためには、高度技術を持つ人の人件費・研究費が必要です。

また、高度技術を行うための培養室や工具・薬液なども費用がかかります。
こういったことをまとめると、一人の治療に対して膨大な費用がかかってしまうので、患者に対して請求される金額も高額になります。

不妊治療の成功率は低い!

不妊治療は高額なわりに、成功率が25%前後と大変低いものです。
なので一度で治療を終えられることが非常に少なく、何度も繰り返す必要があります。

しかし、複数回行ったからといって費用が割引されるわけではありません。
つまりどんどん加算されてしまうのです。

 

不妊治療は始めてみると「こんなにかかるの?!」と驚くことがほとんどです。
妊娠して、総額を確認してみて「こんなにかかったんだ…」と我にかえる瞬間もあります。
授かれた喜びで金額の麻痺がおきることもありますが、とにかくお金がかかります。
ご夫婦でよく話し合ってからステップアップするようにしましょう。

 

(Photo by:足成

著者: みぃまむさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用・助成に関する記事

しっかり調べよう!不妊治療の病院選びでかかるお金も変わってくる

 「不妊治療は高い」というイメージはありませんか?実際に体外受精まで進むとかな...

保険がきく不妊治療があることを知っていますか?

不妊治療は高い…そう思って治療開始に躊躇していませんか?実は初期治療に行われる...

費用・助成の体験談

不妊治療でかかったお金は医療費控除の対象!申請方法について

昨年から不妊治療を始めて領収書は取っておいたけどしまいっぱなしでした。 改めて計算してみると15万...

顕微授精の費用◇低刺激での誘発→採卵→移植

写真は毎朝のお散歩の一コマ。 このように晴れ渡る空の下でおにぎりを食べるってなこともしたくなる...

カラダノートひろば

費用・助成の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る