カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 新生児の病気・症状 >
  5. 家でできる☆乳児湿疹のケア方法!乳児湿疹に大切なのは○○

育児・子供の病気

家でできる☆乳児湿疹のケア方法!乳児湿疹に大切なのは○○

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s.jpg

生後2ヶ月ごろからぽつぽつ出始める、赤い湿疹「乳児湿疹」

1ヶ月検診で相談したら、一時的なものだから大丈夫って言われたけれども不安ですよね。
そんな赤ちゃんの肌トラブル、乳児湿疹の家でできる対処方法を見ていきます。

乳児湿疹どうしてできるの?

お母さんの体の中にいたときに溜まった色々な毒を皮膚から排出しているといわれています。
赤ちゃんは黄体ホルモンの影響を受けて、皮脂分泌が非常に活発となっているのも原因のひとつです。
ホルモン量は徐々に減っていき、生後3ヶ月くらいになるとかなり皮脂分泌は落ち着いてきます。

 

乳児湿疹のケアってどうすればいいの?

清潔にするのが一番です。入浴時にしっかり洗いましょう。
かさぶたのようなものが貼りついて取れにくい場合は、入浴前にベビーオイルやワセリンなどで患部をふやかしておくと、取れやすくなります。

シャンプーやボディーソープはベビー専用のものでも刺激があったりするので、乳児湿疹が気になる赤ちゃんには固形石鹸を使いましょう。
たっぷりの泡で、なでるように優しく洗ってあげましょう。

赤ちゃん自身が爪で患部を傷つけてしまうことがあります。
爪は丸く切りそろえ、掻きむしろうとするのであれば柔らかいミトンを付けてあげましょう。
肌に触れるものはこまめに清潔なものと交換してあげましょう。

 

乳児湿疹に大切なのは保湿!

入浴後は、マッサージオイルや赤ちゃんにも使える低刺激のローション、ベビーローションなどでこまめに保湿してあげましょう。
保湿の回数や量の目安は「乾燥している肌がしっとりするまで」。
乾燥しやすくなる冬の時期は、こまめに保湿することを心掛けましょう。

改善しなければ病院へ

ケアや保湿をしても治らない場合は、皮膚科に相談しましょう。
なるべく薬を使いたくないお母さんもいらっしゃるかもしれませんが、乳児湿疹は食物アレルギーになりやすいともいわれています。
少し薬の力を借りて乳児湿疹を改善させて、きれいになった肌を保湿しながらキープさせていくことも大事です。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。
トラブルを伝えるすべを持たない赤ちゃんを、できる限り守ってあげましょう。

 

(Photo by:AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

新生児の病気・症状に関する記事

手足に麻痺症状が!赤ちゃんが脳性麻痺の対処法とママの心構え

赤ちゃんの様子がおかしいな、と思って医療機関を受診…診断名は「脳性麻痺」! そ...

顔色が青白い、貧血?生後7ヶ月ごろの赤ちゃんにみられる"鉄欠乏性貧血"

なんだか赤ちゃんの顔色がいつもより青白い気がする…それは毎日赤ちゃんを見守り...

新生児の病気・症状の体験談

乳児湿疹に悩んだ日々

一人目を出産して、右も左も分からないまま子育てが始まりました。一ヶ月検診を控えたころから、子供の顔に...

新生児の時に風邪を引いた娘

生後6ヶ月は お母さんからもらった免疫が体内にあるので あまり病気にならないと聞いた事はありませんか...

カラダノートひろば

新生児の病気・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る