カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 全身 >
  4. 膠原病 >
  5. 急速にステロイドを中止すれば「リバウンド・副腎不全」の可能性?~正しいステロイドの離脱方法

気になる病気・症状

急速にステロイドを中止すれば「リバウンド・副腎不全」の可能性?~正しいステロイドの離脱方法

drug%20cough.jpg
副腎皮質ホルモンの人工的な合成剤であるステロイド剤は、自己免疫疾患などによって起こる炎症を抑える働きがありますが、その一方で(内服の)長期間の使用を続けると易感染症や骨粗しょう症、糖尿病、精神症状など様々な不利益をもたらす可能性があります。
 
そこである程度の症状の安定性が見られたら、出来る限りステロイドからの離脱を行うことが推奨されます。
 
ただ、長期間使用後の急な中止やペースの速い漸減を行うと「リバウンド」や「副腎不全」などの重篤な悪化症状を招く可能性があるため、正しく計画的な漸減ペースを守ることが非常に重要です。
 

ステロイドの離脱を考えても良い状態とは?

ステロイドの減量・離脱を開始できる大まかな基準としては、「炎症が落ち着いており」「副腎不全の兆候が見られない」場合とされています。
 

<ステロイドの離脱の適応とは?>

1)急性期を過ぎ症状が落ち着いている
2)ステロイドの効果があまり感じられない
3)副作用が深刻になってきており(骨粗しょう症・高血圧など)、他の薬剤で抑えられない
 
⇒その他、即時中断が必要なケースは「向精神薬で制御できない精神症状の悪化が見られる」「易感染によってヘルペスウイルスの角膜潰瘍が見られる」などの場合です。
 

突然ステロイドを中止しても良いケースがある?

ステロイド離脱を行うと必ず、副腎不全やリバウンドが見られるというわけではなく3週間以内の短期間使用では、どれほど高用量でも通常は離脱症状が出ない、とされています(しかし原則個人の状態を見ながらの判断が重要)。
 
ただ、3週間以上の使用となると、1-2週間ごとに少しづつ漸減していくことが必要となります。
 

<離脱症状が出やすいケース>

■プレドニゾンを20mg/日以上×3週間以上使用している
■プレドニゾンを5mg以上の夕方・夜間使用を数週間以上行っている(※日内変動で、夜間はコルチゾール分泌低下しているため、夜間使用を中止すると反跳現象が出やすい)
■クッシング症候群の兆候が出ている
■強いストレスがかかっている状況である(手術など)
 

<離脱症状が出にくいケース>

■ステロイド剤が3週間未満のみの投与である(量は問わない)
■プレドニゾンを10mg×隔日で使用している
 

<中間(判断が難しい)のケース>

■プレドニゾンを10-20mg/日×3週間以上使用している
■プレドニゾンを10mg/日以下(夜間の1回投与)×数週間以下の投与
 

ステロイド減量のペースは「約10%づつ/隔週」が目安?

UpToDate(医師による臨床情報提供サイト)によれば、ステロイドの減量について以下が目安とされています(プレドニゾンへの等価換算値)。5mg以下の減量では、離脱症状が出やすいため特に慎重に減らしていくことが重要です。
 
■(プレドニゾン)40mg/日以上使用
 
1-2週間に5-10mg/日ずつ減量する
 
■20-40mg/日使用
 
1-2週間に5mg/日ずつ減量する
 
■10-20mg/日使用
 
2-3週間に2.5mg/日ずつ減量する
 
■5-10mg/日使用
 
2-4週間に1mg/日ずつ減量する
 
■5mg以下/日使用
2-4週間に0.5mg/日ずつ減する。
 

最後に

まとめとしては、ステロイドを安全に離脱するためには「出来れば3週間以内に」「長期投与では症状安定後に約10%づつ/隔週の減量」「5mg以下は慎重に」の3点が重要となります。医師の指示のもとで、計画的に減量していくことが大切です。
(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膠原病に関する記事

消化管バリア機能の低下は「炎症性腸疾患」の発症につながる?「乳酸菌とケルセチン」の有効性

クローン病や潰瘍性腸症候群などの炎症性腸疾患(自己免疫疾患)の発症原因の...

ビタミンD3が自己免疫疾患を軽減させる可能性?増悪因子「Th1優位」を下げる効果

近年の海外研究で、臓器特異的自己免疫疾患(特定の臓器が傷害される自己免疫疾患:リ...


強皮症の検査は受けて!

強皮症は全身硬化症とも言い、その名の通り皮膚を始めとして消化器、肺、心臓、腎...

自己免疫疾患への『酪酸菌と高食物繊維の投与』が炎症抑制に繋がる可能性? 理研の研究より

近年、自己免疫疾患の発症機序の解明や症状の抑制方法に関する研究が進んでいます。...

カラダノートひろば

膠原病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る