カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. インフルエンザ >
  5. 次世代のインフルエンザ予防は「鼻にシュッ」でOK!?経鼻ワクチンとは?

気になる病気・症状

次世代のインフルエンザ予防は「鼻にシュッ」でOK!?経鼻ワクチンとは?

46ab15aec6411bfa8d6a12e12726225d_s.jpg

インフルエンザの予防接種というと、注射で打つワクチンを想像するでしょう。
しかし、いずれはこうした注射で打つインフルエンザの予防接種はなくなっていくかもしれません。
今回は、
次世代のインフルエンザ予防である「経鼻ワクチン」についてご紹介します。

 

現在のインフルエンザワクチン

予防接種としてインフルエンザワクチンを、毎年打っている人は多いと思います。

 

その現在のインフルエンザワクチンというのは、インフルエンザにかからないために打つものではありません。
現在のインフルエンザワクチンは予防ではなく、重症化を防ぐ目的でつくられています。

 

また、インフルエンザのウイルスにはいくつも種類があるため、そのうちのいくつかを選んでワクチンがつくられています。
そのため、予防接種をした以外のウイルスに感染すれば、いくら予防接種をしていてもインフルエンザにかかってしまいます。

 

次世代の、「経鼻ワクチン」

では現在のワクチンと次世代のワクチン、どんな違いがあるのでしょうか?

 

・注射ではなく「鼻にシュッ」

現在のワクチンは注射によって、血液中で効果を発揮するものです。

 

これに対して次世代の経鼻ワクチンと言われるのは、スプレー型で、鼻や喉にシュッと吹き付ける形になります。
そのため注射と違って痛みを伴わないので、特に小さいお子さんにしてみたらストレスが軽減されるでしょう。

・入ってからではなく「入らないように」

注射で打つワクチンは、ウイルスの一部を注射することによって、その抗体をつくる免疫細胞を血液中に誘導します。
つまり、体の外から入り、鼻や喉で増殖したウイルスが血中にあふれてきて初めてワクチンの効果があるのです。

一方で経鼻ワクチンも、ウイルスの一部が使われるという点では一緒です。
ただそれを鼻に噴霧するということで、「入り口」でウイルスの侵入を防ぐことができます。
ウイルスの一部を鼻につけることで、免疫細胞が鼻や喉に誘導されるのです。
実際に感染した場合、粘膜の細胞を介して抗体を分泌するため、細胞に感染する前にウイルスを抑えてくれます。

・新型でもある程度効く

注射でワクチンを打つ場合、種類が違うと感染してしまいます。

 

しかし経鼻ワクチンの場合、病原体に多少の違いがあっても、柔軟に対応ができます。
インフルエンザウイルスは種類が多く、その上変異が激しいという特徴があります。
さらに急性的に発症する感染症であるため、こうしたワクチンの柔軟性は非常に重要なのです。

 

つまり、よりインフルエンザに感染しにくい

インフルエンザは重症化すれば、特に子どもや高齢者は命を落とすこともあります。
しかし今までの予防ワクチンは、完全に予防できないことが問題でした。

次世代の経鼻ワクチンは、その点をカバーしてくれる可能性があります。
今までよりインフルエンザに感染しにくい、重症化しにくいということになります。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

インフルエンザに関する記事

2015年今冬インフルエンザの流行予測は?予防のために「濡れマスク」も活用しよう!

現在、2015年第49週(11月30日~12月6日)の時点で、インフルエンザ...

札幌、三重でも『タミフル』の効かない新型インフルエンザ株が検出!

  『タミフル』に耐性のある、新型インフルエンザとは?   昨年末(2...


「新型インフルエンザ」と「季節性インフルエンザ」の違いとその症状とは?

     冬の間、ニュースなどで良く聞く「インフルエンザ」。毎年、高齢者や子供...

ウイルス除去できるアイテム3選!

  冬の時期にはウイルスなどが空気中に蔓延しています。ノロウイルスやインフルエ...

カラダノートひろば

インフルエンザの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る