カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. インフルエンザ >
  5. 注射のインフルエンザワクチンには問題あり?期待される「不活化経鼻ワクチン」って?

気になる病気・症状

注射のインフルエンザワクチンには問題あり?期待される「不活化経鼻ワクチン」って?

0705e7142d0efaba31f3fa08fabc3d1b_s.jpg

インフルエンザワクチンは万能ではありません。
そのことを実感したことがある人もいるのではないでしょうか?
これには注射で受ける予防接種が、一定の問題を抱えているためです。


今回は、注射のインフルエンザワクチンには問題と、期待される「不活化経鼻ワクチン」についてご紹介します。

問題を抱える、注射でのワクチン

インフルエンザの予防接種というと、現在では注射での接種が一般的です。
その予防接種を毎年受けているという人もいるでしょうが、受けてもインフルエンザにかかってしまうという人もいるでしょう。

 

このように注射で打つインフルエンザワクチンは、欠点を持っています。
ワクチンの中に含まれるのは、選ばれた数種類のインフルエンザのウイルスなのに対して、実際にはインフルエンザウイルスはたくさんの種類があります。場合によっては新型というのが出てきたりもします。

 

それであっても感染した場合には、予防接種をしてないよりも症状が重症化しません。
その分、予防接種をする意味は十分あるのですが、やはり欠点としては、ウイルスの種類に対して柔軟性が足りないということが言えます。

 

インフルエンザは飛沫感染

インフルエンザは、せきやくしゃみなどを介して感染する飛沫感染です。
そのため、鼻や口などの場所が入り口となって感染します。
注射のワクチンの場合には、血中の免疫機能を上げる方法で、感染の予防をします。

一方でそもそもの、鼻や喉といった入口で、ウイルスの侵入を止めようというのが、「経鼻ワクチン」というワクチンです。

 

注目される「不活化経鼻ワクチン」

経鼻ワクチンというのは、今までのように注射ではなくスプレーで鼻や喉に噴射するワクチンです。
入り口に抗体をつくるために、より予防としての効果が期待できるとされています。

・不活化ワクチン

今実用化に向けて研究が進められているのが、不活化経鼻ワクチンです。
不活化というのは、死んだウイルスの一部などを利用するワクチンで、生きている病原体を使うよりも安全性が高いです。

 

ただ、その一方で免疫応答が弱いという特徴があります。つまり体の免疫機能を誘導してくれる力が弱いのです。

 

・補助剤が必要とされている

そこで考えられているのが、ワクチンアジュバンド(補助剤)と言われるものです。
これには、ウイルスに感染したときのウイルスの増殖の仕組みから、増殖の際に発生するウイルスの形がカギになるのだそうです。

これをワクチンに入れることによって、鼻などの粘膜の免疫機能をより強化できるようにしておくのです。

また、ワクチンとはまだ別の話になりますが腸内環境が整っていることも非常に重要なのだそうです。
免疫機能がきちんと働く場合には、腸内環境がきちんと整えられていることが大切だと言います。

 

まだまだ解析中、これからに期待

この不活化経鼻ワクチンについては、まだ研究が進んでいるところです。
重症化するのを防ぐワクチンではなく、感染するのを防ぐワクチンで、しかも注射のように痛い思いをしないでいいのなら嬉しいですよね。
より一層の研究と、早い普及が望まれるところです。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

インフルエンザに関する記事

加湿+掃除で漂うウイルスを撃退!細菌が繁殖しやす時期の食中毒予防

  日本の夏は高温多湿で、細菌が繁殖しやすくそれによって食中毒などが起こります...

札幌、三重でも『タミフル』の効かない新型インフルエンザ株が検出!

  『タミフル』に耐性のある、新型インフルエンザとは?   昨年末(2...


冬期の大流行に要注意!インフルエンザの症状

  主に冬になると流行するインフルエンザですが、かかり始めのうちは風邪をひ...

インフルエンザの検査の仕方とタイミング

  インフルエンザにかかったかな、と思ったら病院へ行き、感染しているかどう...

カラダノートひろば

インフルエンザの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る