カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 選び方・ポイント >
  5. ママ・ベビーだけでなく、医療従事者や他のママにまで…未受診妊婦の感染症の可能性

妊娠・出産

ママ・ベビーだけでなく、医療従事者や他のママにまで…未受診妊婦の感染症の可能性

baby-499976_640.jpg

妊娠したら、出産まで安全にたどり着けるようにしなければなりません。

 

そのために妊婦さんができることのひとつは、きちんと産科に通うことです。

 

今回は、ドラマ「コウノドリ」で触れられた未受診妊婦について、そしてママ・ベビーだけでなく、医療従事者や他のママにまで及ぶことがある「未受診妊婦の感染症の可能性」についてまとめました。

 

 

受け入れ拒否される未受診妊婦

妊娠してから出産まで、きちんと妊婦健診を受けることは、妊婦さん・胎児を共にあらゆるリスクから守るために必要です。

 

しかし経済的理由や知識のなさなどを理由に、妊婦健診に行かない妊婦さんがいます。

 

まったく検診に行かずに分娩に至るケースももちろん、未受診妊婦になります。

 

あるいは妊婦健診の総回数が3回以下、または最終受信日から3ヶ月以上経っている場合なども未受診妊婦に含んで考えることがあります。

 

このような未受診妊婦は、ドラマ「コウノドリ」で描かれたように、出産に際して病院から「受け入れ拒否」されるケースが多くあります。

 

 

その理由としては、様々あります。

 

「未受診のため週数が分からない」「母体、胎児の情報が一切ない」「出産リスクが高い可能性が大きい」などで、その中の大きな理由のひとつが「感染症の可能性」です。 

 

未受診妊婦が抱える感染症の可能性

子宮内感染という言葉があるように、妊婦さんの感染症は母体だけでなく胎児にも影響します。

 

ただ、ここで言う未受診妊婦の感染症の可能性というのは、母体や胎児だけの話にとどまりません。

 

妊婦さんが感染症を抱えているとなると、感染がまわりに広がる可能性があるのです。

 

それは医師、助産師など、お産に関わる医療従事者はもちろんです。

 

さらにその場所にいる他のママにまで感染させてしまう可能性があるのです。

 

感染症を想定しての分娩は危険&大変

感染が広がってしまえば、それこそ病院は大変です。

 

そのため未受診の妊婦が飛び込みで分娩する場合には、感染症があることを想定し、マスクやゴーグルなどの対策をして行うのが基本になります。

 

しかしそういった緊急時的な対処がどこの病院でもできるわけではありません。

 

そもそも高度な医療設備のある産科は、今の時代基本的には満杯の状態でしょう。

 

そのため余計に受け入れ拒否のケースが増えてしまいます。 

 

だから大事な健診の血液検査

妊婦健診では血液検査も行います。血液はその人の状態を知る情報源として非常に多くを語ってくれます。

 

血液型ももちろんですし、貧血の有無、出血傾向などもそうです。そして何より感染症の有無を知ることもできます。

 

未受診妊婦の場合その確認をする時間的猶予もなく出産になってしまうため、多くの人を危険にさらしてしまう可能性があるのです。

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方・ポイントに関する記事

どこで産む?産院選び~産婦人科専門病院の場合

総合病院より小規模の産婦人科専門の病院やクリニックで分娩施設がある産院があり...

ハイリスク・責任問題…未受診妊婦が病院に受け入れてもらえない理由とは?

先進国の日本でも貧富の格差がひとつの社会問題になっています。 その一つの側面...

選び方・ポイントの体験談

助産院のメリットとデメリットについて

私は、助産院で里帰り出産をすることにしました。理由は母の勧めです。 母曰く、病院で産むのは「産んだ...

産婦人科の選び方(入院編)

私の産院では、綺麗で料理も美味しく人気でしたが金額も高額でした。母子同室私の産院では、入院中に同室に...

カラダノートひろば

選び方・ポイントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る