カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. 母乳育児を目指すお母さん必見!母乳のために白米を食べよう

育児・子供の病気

母乳育児を目指すお母さん必見!母乳のために白米を食べよう

4adffcc55f4685fa44b3fca6a0eb0428_s(1).jp

なるべく母乳で赤ちゃんを育てたいけど、あまり母乳がでていないと悩んでいるお母さんもいらっしゃいますよね?

母乳の量を増やすためには、米やパンなどの炭水化物をたくさん食べるといいといわれていますが、選び方によっては悪影響を与えることもあります。
母乳育児中に食べるとよい米やパンの種類についてお伝えします。

米類は母乳量が増えやすい?

母乳の主な成分は、炭水化物・タンパク質・脂質で、特に炭水化物は母乳に欠かせません。
炭水化物が不足すると、母乳が出にくくなるだけでなく、母体が低血糖になることもあります。

更に、母乳には水分も重要です。
ご飯には水分が多く、他の炭水化物と比べて消化がよいという点も、母乳によいとされている理由といえます。

栄養価で見ると、精米した白米よりも玄米のほうがすぐれていますが、玄米は食べ過ぎると便秘になったり、母乳が詰まりやすくなることがあります!
ですので、玄米の摂取は適度におさえ、食べ過ぎに注意しましょう。
基本的には白米をおすすめします。

 

パンを食べたいときは米粉を使ったパン

パンを食べたい時は米粉パンがおすすめです。
母乳を増やしたいときには、身体を冷やす作用がある小麦粉を原料としたパン、麺類は適してるといえません。

血液の循環が悪くなり母乳の出が悪くなってしまいます。
食べていけないわけではありませんが、食べ過ぎには十分注意をし、できれば米粉でつくられたパンを選びましょう。

 

パンを食べるときに気を付けたいこと

パン食の時、身体を冷やす生野菜サラダや、母乳がつまりやすい乳製品などが多いメニューになりがちです。

母乳育児中は、パンと一緒に食べるおかず類にも気を付けましょう。
パンに塗るバターも身体を冷やす食品なので、いつもより少ない量におさえたり、はちみつに変えるなどと工夫しましょう。

また、食品添加物にも注意が必要です。
菓子パンに多く使われているので、食事として摂るのはおすすめできません。

パンを食べるときには、無添加の米粉パンに温野菜サラダ、ホットミルクという身体を温めるメニューでパンを楽しみましょう。

とはいえ、食べたいときもありますよね?
そんな時は食べ過ぎに注意をしながら、母乳育児をストレスなくできるといいですね。

 

(Photo by:AC

著者: HaruDaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

母乳に関する記事

【乳児の育児体験談】授乳がうまくできなかったです

    「生まれるまではどんな出産になるかばかり考えるけれど、生まれると...

母乳をうまく吸わせるコツ!

    出産して、休む間もなく始まる次のお仕事!それは授乳です。生まれたばかりの...

母乳の体験談

完全母乳育児成功のコツ!〜母乳がよくでる食事、控えた食べ物〜

私は妊娠が分かった時から、漠然と母乳で育てたいと考えるようになりました。 粉ミルクに対する抵抗感が...

母乳によいこと、悪いこと~甘いものが食べたいときは!~

今では懐かしい思い出ですが、母乳をあげていた頃は、いろいろと悩んだり、困ったりすることの連続でした。...

カラダノートひろば

母乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る