カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 外出時 >
  5. 妊娠中に交通事故!妊娠初期は影響が少ない?赤ちゃんへの事故の影響は?!

妊娠・出産

妊娠中に交通事故!妊娠初期は影響が少ない?赤ちゃんへの事故の影響は?!

2182c9ae15df18b7a93dbaa569f10f7c_s.jpg

交通事故などは、誰にでも起こる可能性があります。それは妊婦さんでも同様です。妊婦さんの場合、交通事故に遭ったら、母体の命だけではなく胎児の命、その両方を同時に救うことが求められます。

 

今回は、ドラマ「コウノドリ」でも描かれた妊娠中の交通事故と赤ちゃんへの影響についてご紹介します。

 

妊婦さんが交通事故に遭ったら…

ほとんどが偶然で起こる交通事故は、巻き込まれる場合には特に、避けようと思って避けられるものではありません。

ドラマ「コウノドリ」で描かれたように、道を歩いていただけのところに車が横転してくることもあるでしょう。

あるいは、自分が車を運転していて事故に巻き込まれたりすることもあります。

 

交通事故の影響

妊婦さんが交通事故に遭ったとします。

ドラマで描かれたように、重度の外傷で母体の命が危なくなるケースもあります。

一方で強い衝撃そのものが、妊婦さんの体に影響することも当然あります。

 

妊娠時期によって母体への影響が違う!

母体への影響は妊娠初期かそうでないかによって違います。

 

・妊娠初期であれば、子宮はまだ骨盤内に位置しています。

そのため赤ちゃん自体は外傷を受けにくく、大きな影響は少ないでしょう。

 

・一方で妊娠中期以降になると、目立って子宮が大きくなります。

そうなると赤ちゃん自体が外傷を受けやすくなってしまって、妊娠状態そのものが影響を受けやすくなります。

 

赤ちゃんへの事故の影響

切迫早産が起こる可能性があります。

外傷によって子宮内の筋肉の層が傷つき、出血が起こって子宮の収縮を引き起こしてしまいます。

そのため、外傷後に切迫早産が起こったら、子宮や胎盤などと言った場所の損傷を考えなければいけません。

 

損傷の最も多くは胎盤早期剥離

これは胎児とへその緒でつながっている胎盤が、出産よりも前に剥離してしまう状態です。これが起こると胎児の状態が悪くなり、死に至ることもあります。

 

他にも子宮破裂、胎児母体間輸血症候群、骨盤骨折、横隔膜ヘルニア、あるいは胎児自体への直接的な外傷が起こっていることもあります。 

 

安全第一に

交通事故はいくら気をつけても、100%避けることはできません。

しかしそれでも安全を第一に考えて行動することが必要です。

 

特に出産間近になると、散歩をして出産を促そうとすることもあるでしょう。そんなときでも道の選択、所持品などには気を配ってくださいね。 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

外出時に関する記事

妊婦の大敵!冷えは夏バテの原因です!夏バテ予防をしてお産に備えよう

冷えは夏バテの原因となりますが、妊婦にとって冷えは大敵。妊婦はしっかりと冷え対...

脱水症状に要注意!夏場のつわり

  真夏日どころか猛暑日が続く、日本の厳しい夏は、元気な人でも辛いですね。...

外出時の体験談

妊娠中の八景島シーパラダイス♪

妊娠中にディズニーに行く方も多いですが、私たちは天候に左右されない水族館というチョイスをしました。 ...

転んだり、感染したり…妊娠中に起こったハプニング集!

妊娠中にひやっとしたハプニングについて書こうと思います。妊娠8ヶ月のトラブル体調は順調。当日2歳だっ...

カラダノートひろば

外出時の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る