カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 外出時 >
  5. シートベルトは締めてる?シートベルトの重要性と妊婦さんの場合の正しいつけ方

妊娠・出産

シートベルトは締めてる?シートベルトの重要性と妊婦さんの場合の正しいつけ方

seatbelt-629230_640.jpg

周産期医療センターを舞台としたドラマ「コウノドリ」で、妊婦さんが交通事故に遭う話がありました。
妊婦さんは一人の命ではありません。交通事故に遭えば、母体も胎児も両方ということになります。

今回は、シートベルトの重要性と妊婦さんの場合の正しいシートベルトのつけ方についてご紹介します。

 

妊婦さんが車に乗るのは危ない?

妊婦さんは出来るだけ危険なことはしない方がよいです。
ただ、どうしたって妊婦さんでも車に乗ることもあるでしょう。

自分で運転しなくても助手席に乗ることも考えれば、車に乗る機会は多いですよね。
外に出ればその分だけ、交通事故に遭う可能性もゼロではなくなります。

もちろん妊婦さんが乗っていれば、運転に気をつけるでしょう。
ただ、他人の事故に巻き込まれてしまう可能性もあります。

 

 

妊婦さんが気をつけるべきこと

自分で運転するのであっても、助手席に乗るのであっても、妊婦さんは交通事故などの可能性を考えて乗らなければいけません。

 

シートベルトはするべき?

日本では妊婦さんはシートベルトをしなくてもよいことになっています。
これはシートベルトを着用することが、合併症の併発につながると考えられていたためです。

 

しかし実際には、シートベルトを正しく着けていないときの方が、母体の死亡率、胎児の死亡率、胎児への悪影響などが多いことが分かっています。
特に母体が死亡するのは、車外へ放り出されたケースが多いのだそうです。

 

シートベルトの正しい装着方法

そもそもシートベルトは、鎖骨や胸骨等の骨の上を横切るようにできています。
これは事故の衝撃によって内臓破裂を起こさないための工夫です。
妊婦さんでは子宮の上を通らないように、そして骨の上は通るように意識してシートベルトを着用します。

 

具体的には、肩から腰に掛けてのシートベルトは、子宮の上を沿うようにします。
そして腰ベルトの方は子宮の下側に沿って、足側に避けます。
どのベルトの部分も、決して子宮を横切らないように注意して装着しましょう。

 

交通事故に遭ったらすぐ病院へ

 

交通事故を起こしてしまっても、巻き込まれても、その時に正しいシートベルトをつけていることが、ママにも胎児にも重要でしょう。
さらに、交通事故に遭った場合には、大丈夫だと思ったとしても念のため病院へ行くようにしましょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外出時に関する記事

妊婦さんの服は期間限定!マタニティの服はどれをそろえればいい?無駄なく買うためのポイント

妊娠すると子ども服などのベビーグッズをそろえるのも楽しみの一つですよね。しか...

妊娠中の外出で忘れちゃいけない持ち物6つはコレ!

妊娠中はつわりなどで体調が悪いことがあります。 ずっと家で横になっていたい...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

外出時の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る