カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. ノロウイルス >
  5. 2015年、新型ノロウイルス流行!?今までのノロウイルスと何が違うの?

気になる病気・症状

2015年、新型ノロウイルス流行!?今までのノロウイルスと何が違うの?

9dbb541b861c36d819d06008446fa622_s.jpg

毎年冬になると、ノロウイルスの流行が報道されます。
今年もそうなのですが、2015年はこのノロウイルスの流行に、例年と違う部分がありそうです。
ここでは、2015年の新型ノロウイルス流行のきざしについて、そして今までのノロウイルスと何が違うのか?をまとめました。

 

 

ノロウイルスで起こる食中毒

 

冬はウイルスの勢力が拡大するため、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。
その中でもノロウイルスによって起こる食中毒は、11月~1月をピークに流行します。

 

ノロウイルスは牡蠣などの二枚貝から感染しやすいのですが、それよりも二次感染の強さの方が脅威と言えるかもしれません。
症状も激しく、吐き気や嘔吐、下痢などの症状が強く出ます。

 

 

2015年「新型ノロウイルス」の可能性

 

毎年流行するノロウイルスですが、2015年の今年は、新型ノロウイルスの流行の可能性が懸念されています。

 

2012年、変異したウイルスの脅威

ノロウイルスというと、2006年と2012年に大流行があったのを覚えている方もいるでしょう。
この2012年に流行したノロウイルスですが、2006年に流行したウイルスとは別の、変異したウイルスが確認されています。
これが「新型」ノロウイルスとされているもので、オーストラリアで最初に確認されたことからシドニー2012と名前がついていますが、これは同じ年に日本でも確認されています。

 

感染力が増大している!

2012年のウイルスは、2006年に流行したウイルスと比べると、消化器官につきやすく変化しています。従来よりも少量のウイルスの数で感染を引き起こしてしまうのです。
また、潜伏期間も十数時間~数日と短くなっていることも特徴です。

 

大人でも危険なノロウイルス

ノロウイルスの感染というと、比較的免疫力の高い大人は感染しにくく、感染しても症状が風邪程度で済むことが多かったです。

しかし新型のノロウイルスでは、免疫力のある大人であっても胃腸炎などを引き起こすケースがあるのだそうです。
これを考えるとこの新型に、免疫力の低い子どもや高齢者が感染したら…と思うと怖いですよね。

 

 

基本的な予防は従来と同じ

新型のノロウイルスであっても、手洗いうがいなど基本的な予防の仕方は従来と変わりません。
ノロウイルスの除菌に効果の高い薬品もありますし、そうした薬品で小さいお子さんがいる家庭でも使えるものもあります。

 

新型だろうが旧型だろうが、基本的な予防法をしっかり丁寧に続けていくことが重要と言えそうですね。

 

 

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ノロウイルスに関する記事

冬場に猛威をふるう!ノロウイルス

  ノロウイルスという言葉は非常によく知られるようになりました。ノロウイルスは...

2016年以降のノロウイルス流行状況は?食品汚染や飛沫感染に注意を

近年(2016年第3週(1/18~1/24)時点)の国立感染症研究所が発表し...


ノロウイルスの予防には次亜塩素酸

  激しい腹痛や下痢、嘔吐で苦しむノロウイルスによる胃腸炎。 近年、感染...

子供は嘔吐、大人は下痢が多い!ノロウイルスの様々な症状

  小さい子供や高齢者がノロウイルスにかかり、死亡するという事例を耳にしたこと...

カラダノートひろば

ノロウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る