カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 不妊治療 >
  5. 40代の不妊治療は無駄?助成金支給の年齢制限にも気をつけて!

妊娠・出産

40代の不妊治療は無駄?助成金支給の年齢制限にも気をつけて!

7

日本は近年「晩婚化」と共に「高齢出産」が多くなってきました。

今回は高齢妊活の中でも「40代の妊活効果」についてまとめてみました。

 

そもそも仲間はいるの?

今日本は、女性の社会進出が大きく影響し、晩婚化がすすんでいます。

また、結婚してもすぐに妊娠には至らずに、まずは仕事に専念して落ち着いてから妊娠を考えることが主流になっています。

 

気が付くとアラフォー…今から妊活で間に合うのかしら?と病院を訪れるかたは、妊活女性の10人中1~2人はいるといわれています。

 

不妊治療は無駄になるの?

決して無駄ではありません!

ただ、若い方の妊娠出産率に比較すると、かなり可能性は落ちてしまいます。

これは悩んでも仕方がないことです。

 

しかし、治療でしっかりサポートをしてあげることで妊娠率はグッと上がります。

また、妊娠してからの出産率もグッと上げることができます。

 

ただ、正直思ったより時間がかかる…と感じたり、陽性反応が出ても安定期を迎えられなかったり…と数々の壁がやってくるようなので、治療をスタートする際にはなにがあっても!という強い志が必須になりそうです。

 

助成金がもらえない?!

実は助成金が支給されるには年齢制限があるのです。

これは自治体によって異なりますが、40歳をボーダーにしているところが多いので、治療を始める前にこういった情報も集めておくといいかもしれません。

 

まだまだ自治体の高齢出産へのフォローが不足していることを、こういったところから感じますよね…

 

女性であれば年齢関係なく妊娠・出産は夢みるものです。

夢を叶えることに年齢は関係ありません!

 

医師と相談をして、治療をどのようにすすめていくことが時間を大切に使えるのかを確認して、夢を叶える一歩を踏み出してみましょう。

 

(Photo by:足成

著者: みぃまむさん

本記事は、2016-07-19掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不妊治療に関する記事

不妊治療に適した病院選び!3つのコツを押さえて病院を選ぼう

不妊治療を行っている病院は日本国内に多数存在します。では、なにを基準に選んだ...

不妊症なのかな?と不安になったとき…初めての不妊検査の流れ

子どもが欲しい!でも思うように授かれない…さらに周りは出産ラッシュ。なんだか...

不妊治療の体験談

クロミッド服用でタイミング法。排卵誘発剤について

24日から生理になってしまったため、今日は生理開始から5日目ということでまた婦人科にいってきました。...

卵胞チェックにいってきました!排卵誘発剤でのタイミング法

先月の24日に生理になってしまったため、そのあと排卵誘発剤を使うことに。5日目から飲み始めていました...

カラダノートひろば

不妊治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る