カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 生活習慣 >
  5. 妊活のキーポイント!生活・食事・運動…気をつけるのはこれだ!妊娠しやすい体作りエクササイズも☆

妊娠・出産

妊活のキーポイント!生活・食事・運動…気をつけるのはこれだ!妊娠しやすい体作りエクササイズも☆

8

妊活には生活習慣が大きく影響してきます。

とはいえ、なにを見つめ直せばいいのでしょうか?

 

今回は、妊活においての生活・食事・運動のキーポイントをまとめました。

後半では、妊娠しやすい体づくりのためのエクササイズもご紹介します。

 

妊活のポイント・気をつけること

1. 生活リズムは大丈夫?

意外に乱れがちな生活リズム。

小学生の夏休みの課題のようですが「早寝早起き」はしていますか?

 

人間の生活リズムが整うことで体内時計がしっかりし、体内細胞が活性化されます。

昼夜わからない状態だと、ホルモンもいつなにを出していいのかわからずに、不足してしまう傾向があります。

 

休みの日に寝坊でゆっくりするのは、体を休ませる効果もあるので問題ありませんが、日常生活を再度見つめ直してみましょう。

 

2. 食事の栄養バランスは?

人間の体は、口から入ってくる栄養で成り立っています。

あらゆる栄養が必要になりますが、教科書に載っている栄養を十分に摂るのはなかなか難しいものです。

 

でも、肉・魚・野菜をバランスよく摂取するだけでも大きな違いは出てきます。

日ごろの食事に少しプラスするだけでも効果は表れてきます。

ちょい足しレシピを今日からさっそく始めてみましょう。

 

3. 運動はしていますか?

通勤にバス・電車・車を使用があたりまえの世の中。

なかなか運動する機会がないですよね。毎日運動しよう!と意識しても疲れてしまえば続きません。

それに運動も種類が多いので、何をしたらいいのかわからない方もいることでしょう。

 

実は「ウォーキング」が一番効果的ともいわれています。

ウォーキングは道具もなく、ある意味日常の中に簡単に取り入れられますよね。

無理のない程度に駅から歩いてみたり、バス停を1つ前で降りて歩いたり…とちょっとした工夫で取り入れてみましょう。

 

妊活のキーポイントって難しいことでもサプリでもなく、人間が毎日していることを少し意識するだけで十分なんですよね。

今日からさっそく1つでも始めてみませんか?

 

エクササイズで妊娠しやすい体を作ろう

妊活には、適度な運動が良いとされています。

ウォーキングやヨガ、ピラティスなどの有酸素運動、体を冷やさないための筋力トレーニングなど。

ここでは、妊娠しやすい体にするためのエクササイズをご紹介します。

 

妊活に効果あり?「ゆりはち妊娠エクササイズ」とは

「ゆりはち妊娠エクササイズ」は、骨盤矯正して、子宮や卵巣を正しい位置に戻して、妊娠しやすい体を作ることを目的として考えられた体操です。

 

1.足じゃんけん

朝行います。

 

(1)寝たまま足を軽く開いて、足の指を閉じて「グー」と開いて「パー」を交互に行います。

(2)30秒間くらい行います。

 

血行を促進することを目的としています。

 

2.ゆりはち妊娠エクササイズ

朝、寝る前に行います。

 

(1)仰向けになって、椅子に足をのせて1~2分休みます。

股関節、膝関節が90度くらいになる椅子がいいでしょう。

この時手で耳をおおって、さらにリラックスしてください。

 

(2)次に、両手両足を肩幅くらいに広げて四つ這いになります。

膝は床につきません。

 

(3)2の体勢から膝をなるべく伸ばして、腰を上に突き上げます。

 

(4)3の体勢からさらにかかとをゆっくりあげて、重心を前方に移動させます。

5秒維持して重心を戻して5秒休憩。

これを5回繰り返します。

 

・これを1クールとして、1回に2~5クール程度行います。

・終了後は脊椎回転エクササイズでクールダウンを行ってください。

 

3.脊椎回転エクササイズ

朝、寝る前に行います。

 

(1)仰向けに寝て、膝を立てて、両手を広げて床につけます。

(2)立てた膝を左にゆっくりと倒します。

(3)逆の右側にもゆっくり倒します。

 

・腰をひねるようなイメージです。

・ゆりはち妊娠エクササイズの後に5~10回程度行ってクールダウンとします。

・脊髄と骨盤周囲をほぐして、バランスを整えることを目的としています。

 

慣れてしまえば1回10分かからないエクササイズ。

体を動かす事で寝覚め、寝付きも良くなります。

また、体外受精の時に集中して行うと卵子の発育にいい影響を与えたり、手術の痛みの軽減にもつながります。

 

(Photo by:足成

著者: みぃまむさん

本記事は、2016-08-07掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

不妊治療の方法と日常生活で気をつけること

    ◆一般不妊治療の方法   一般的な不妊治療には、薬物療法、性交タ...

是非チェックして!不妊体質の主な原因3つ

  不妊体質には何らかの原因があります。原因不明の不妊体質も確かに存在しますが...

生活習慣の体験談

保冷剤を温める!妊活中は冷えに注意!

大島さんのこの本を購入してからいろいろと勉強になることがあります。 何を気をつけていたのか・・ぜん...

妊活に冷えは大敵!布ナプキンが冷え対策になる?!

もともと冷え性なのか、小さい頃からずっと手足など末端が常に冷たく、他人からも「冷えてるね~」とよく言...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る