カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 腎症 >
  6. あなたは腎臓の検査をしたことありますか?糖尿病なら誰でもするべきな腎臓検査

生活習慣病

あなたは腎臓の検査をしたことありますか?糖尿病なら誰でもするべきな腎臓検査

  blood-test-527617_640(1).jpg

糖尿病が原因で最終的に人工透析を受けている人は少なくありません。実際透析療法を受けている人の40%くらいが、糖尿病から発症した腎症によるものとも言われています。

3大合併症のひとつ「糖尿病性腎症」

糖尿病になっても血糖値のコントロールができていれば大きな問題はありません。
しかし糖尿病は、自覚できる症状が無い分、血糖コントロールを怠ったり、病気の進行に気づかなかったりする病気です。

そのため、合併症も発症しやすい病気です。糖尿病が原因で引き起こされる合併症でよくみられるのは、神経障害、網膜症と、もうひとつが腎症です。

腎症が起こると最終的には腎臓が働かなくなります。すると人工透析が欠かせなくなり、それをしなければ生きられなくなってしまいます。
 

腎症を早期に発見する!

人工透析が始まればそれを一生続けていくことになります。
それを避けるためには、早期に腎臓の変化を発見して、生活習慣の改善などに結び付けることが必要です。
では、どうやったら早期に発見できるのでしょうか?

 

それにはやはり、定期的な検査を受けることが確実です。ではどんな検査があるのでしょうか?
 

アルブミンを調べる

腎症の発見のためにできる検査のひとつが、微量アルブミン尿検査です。
アルブミンとはたんぱく質のことで、尿中の非常に微量なたんぱく質を見つけます。

たんぱく質は体を構成するのに必須の栄養素です。健康ならば尿たんぱくはほとんど見つかることはありません。
この検査では高感度で尿中のたんぱく質を見つけるので、簡易的な検査とは精度が違います。

クレアチニン(eGFR)を調べる

これはどれくらい腎機能が低下しているかを知ることができる値です。
クレアチニンとは老廃物の一種で、腎臓の機能が低下するほどに血中の濃度が増していきます。
実際の値は、eGFRと言う値で、年齢や性別で調整して算出したものになります。

より正確な測定では、1日分の尿を検査することもあります。
 

糖尿病患者さんならだれでも検査するべき!

未治療の場合、発症から1015年で腎症を発症し、25年以内に約半数が末期の腎不全になるとされています。
さらに2型糖尿病の場合、どの時点から発症していたのか分かりません。そのため、糖尿病の治療が良好でも一度はこうした検査をしてみた方がよいでしょう。
もっと言えば、糖尿病の状態にもよりますが、毎年検査を受けると決めてしまった方がよいかもしれません。
(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎症に関する記事

合併症、糖尿病性腎症の原因は「高血糖」

  糖尿病は血液の不健康によって生じる病気です。血液は人が体を動かす上で欠かせ...

糖尿病腎症の病期分類、eGFRと尿アルブミン値ってなに?

糖尿病の合併症には、さまざまなものがあります。 なかでも「糖尿病腎症」は糖尿病...


糖尿病性腎症で人工透析へ

 糖尿病による合併症で最も難しい合併症が腎症でしょう。腎症によって腎不全となり、...

糖尿病の合併症「糖尿病性腎症」とその治療法について

  糖尿病性腎症は血管から神経に栄養がいかなくなることで起きるものと考えら...

カラダノートひろば

腎症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る