カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 感染症 >
  5. ママが気をつければ感染予防はできる!風疹予防をしないことで子どもに起こる悲劇

妊娠・出産

ママが気をつければ感染予防はできる!風疹予防をしないことで子どもに起こる悲劇

ea56f8b48b8e7cdd0f160e2df61e3a5a_s.jpg 

赤ちゃんの先天性の病気は、どうやっても防げないものもある一方、ママの過ごし方によって防げるものもあります。
そのひとつが、「風疹」による赤ちゃんへの影響です。これはドラマ「コウノドリ」でも描かれました。

 

あなたは風疹ワクチン受けましたか?

風疹とは風疹ウイルスによって引き起こされる感染症のひとつです。
麻疹(はしか)に似ていますが、より軽いもので、一般的には三日はしかとも言われます。

 

ただ感染力はインフルエンザよりも強く、人によっては感染していても症状が出ません。
そのため知らない内に自分が感染源になり、妊婦さんに感染させている可能性もあります。

 

もともと子どもがかかりやすい感染症ですが、近年では大人がかかることも多くなっています。
通常一度感染すれば免疫ができるため、再び感染することはありません。
逆に言えば、感染していなければワクチンを接種して予防しなければいけないということです。

 

 

風疹は多くの方が免疫を持っていません

風疹の感染者数は近年増加傾向にあるそうです。
感染者には男性が多く、7割ほどが男性とも言われています。
その中でも多いのが20代~40代の男性です。

 

反対に風疹の免疫を持っている2040代の男性は20%に満たないとされています。
そして同じ年代の女性では5%に満たないとも言われています。

 

自分が免疫を持っているか持っていないか分からなければ、持っていないものと思った方がよいでしょう。
 

パパもママもみんなで感染予防

妊娠中に風疹ウイルスに感染すると、お腹の赤ちゃんに障害が出ます。

 

「先天性風疹障害」と言い、これによって目や耳、心臓に障害が出ることがあります。
そのため幼くして失明してしまうこともありますし、小さい体にメスを入なければならなくなることもあります。

 

予防接種をして風疹予防を

これを予防するにはやはり、予防のワクチンを接種する必要があります。
妊娠した状態では予防接種を受けられませんから、ママになるのならばそれを見越して予防接種を受けましょう。

 

もっと大事なのはパパで、先述の通り風疹は大人の場合、男性の方が感染者が多いです。
そのため、男性の方が感染源になる可能性が大きく、積極的に予防接種を受ける必要があります。

 

妊婦さんに関わる人みんな、もっと言えば社会全体で予防接種を受けることで、集団的に感染予防をすることができます。
特に近くに妊婦さんがいる方は、感染源にならないように予防接種を受けてください。

 

子どもの頃に感染していても、もう一度予防接種しよう

小さい頃に風疹にかかった、あるいは昔予防接種を受けたという場合でも「絶対大丈夫」ではありません。

 

昔風疹にかかった場合は基本的には、大丈夫と言えます。
ですが、それが本当に風疹だったのかどうかを勘違いしている方も多いようです。
風疹と思い込んでいたら、本当は「はしか」だったということも少なくないのです。
さらにその時に診断した医師が症状だけで診断していたとしたら、診断自体が間違っていたということもあります。
そのため、昔風疹にかかったからと言っても、安心はできません。

 

また予防接種も、1回の摂取では十分に免疫がつくられない人がいます。
さらにワクチンを打ってから時間が経つと、効果が減少してしまうこともあります。
そのため、しっかりと可能性をなくすなら2回のワクチン接種が必要なのです。

 

 

子どもに負わせる代償はあまりにも大きい!

予防接種には風疹単独で50006000円程度かかります。自治体によっては費用助成をしてくれるとこともあります。

それをするかしないかで、生まれてくる子どもに、大きな代償を負わせてしまう可能性があるのです。
何も対策しなくて何も障害なく生まれてきたのなら、それは偶然です。
自分自身、あるいは自分の周りの人に起こることだと強く自覚し、十分な対策をして妊娠出産に臨みましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

栄養不足・抵抗力の低下…つわりの時の風邪対策

    つわりの時の風邪対策      栄養が不足しがちで抵抗力が落ちているつ...

2016年「りんご病」「おたふく風邪」に注意!妊婦、妊娠希望の方はできるだけの予防を

妊婦さんは文字通り1人の体ではありませんから、感染症などに注意しなければいけ...

感染症の体験談

妊娠中はなりやすい!? カンジダ膣炎

妊娠初期のトラブルで多いのが、つわりとカンジダ膣炎だと思います。 カンジダ菌は健康な人...

溶連菌陽性、抗生剤を点滴しながらの出産

妊娠後期の血液検査で、溶連菌が陽性だという結果が出ました。 それまで体重増加などで少しだけ注意を受...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る