カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 感染症 >
  5. 妊娠中の風疹感染で白内障…生まれ持っての先天性白内障の赤ちゃんへの影響

妊娠・出産

妊娠中の風疹感染で白内障…生まれ持っての先天性白内障の赤ちゃんへの影響

f935b6f7b9c99347f054babd9a735b24_s(1).jp

これからママ・パパになる方は、風疹の免疫を持っていますか?
もし風疹の免疫があるかわからないという方は、妊娠する前に予防接種を受けることをおススメします。

妊娠中の風疹感染で赤ちゃんに白内障が起こる可能性があるからです。

ここでは、妊娠中の風疹感染で赤ちゃんに起こる、生まれ持ってかかっている白内障の大変さについてまとめました。


風疹感染で赤ちゃんに起こる悲劇

風疹(三日はしか)は、感染すると急性の症状が出ます。

 

これに妊娠中に感染すると、胎児に悪影響が出ることが分かっています。
具体的には先天性の疾患で、その症状は、目・耳・心臓などにあらわれます。
ドラマ「コウノドリ」では、目と心臓の先天性の障害が描かれました。

風疹は予防接種を受ければかかることのない感染症です。
そのため、しっかりと予防接種を受けていれば、こうした障害を確実に防ぐことができます。

 

 

風疹で起こる先天性白内障

白内障は水晶体が濁ることで、視力の下がる病気です。

 

先天性の白内障だけで考えると、新生児の250人に1人の割合とも言われています。
風疹の他にもヘルペスや耳下腺炎などがありますが、その中でも風疹は有名です。
特に妊娠初期に風疹に感染するほど、胎児への影響が大きいとされています。

 

 

赤ちゃんの先天性白内障は成人の白内障とは違う!

白内障というと年齢を重ねてからの病気というイメージがあると思います。
そんな高齢になってからの白内障と、生まれ持っての白内障は大きく違います。

 

・最初から見えないことで起こる発達障害

人は成長する上で目からの情報を多くとり入れます。
その成長過程で目からの情報が少ないとなると、発達に悪影響が出るのです。

また、もし目の障害と耳の障害を併せ持っている場合には、より発達への影響が大きくなります。
場合によっては、こうした発達の違和感から風疹の影響が発覚することもあります。

 

・手術をすることもできるが…

白内障を発症している場合、手術によって治療することができます。
ただ、治療をしたから視力が完全に回復するということではなく、治療をしても弱視の状態が続くこともあります。
その場合には小さい頃からの弱視に対する訓練が必要になります。

 

・再発の可能性も

白内障を手術しても、成長していった後に再び白内障のような症状が出ることがあります。
これは後発白内障というもので、比較的頻繁に起こります。

 

 

予防すれば問題なし!

これから妊娠出産を考えているママ、パパは予防接種を受けましょう。
これをすれば完全に防ぐことのできるのです。
ママとパパがこれを「知っていること」が、子どもを障害から救ってあげる方法です。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

2016年「りんご病」「おたふく風邪」に注意!妊婦、妊娠希望の方はできるだけの予防を

妊婦さんは文字通り1人の体ではありませんから、感染症などに注意しなければいけ...

クラミジアに感染した!?妊婦にとって大敵な感染症です!

妊妊娠中は、クラミジアに感染しているかの検査を必ずします。 妊婦さんにとって、...

感染症の体験談

妊娠中はなりやすい!? カンジダ膣炎

妊娠初期のトラブルで多いのが、つわりとカンジダ膣炎だと思います。 カンジダ菌は健康な人...

溶連菌陽性、抗生剤を点滴しながらの出産

妊娠後期の血液検査で、溶連菌が陽性だという結果が出ました。 それまで体重増加などで少しだけ注意を受...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る