カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 起床時の血糖値が高くなってしまうのはなぜ?原因別対策方法と、原因を探る方法

生活習慣病

起床時の血糖値が高くなってしまうのはなぜ?原因別対策方法と、原因を探る方法

  c8b19153f579f5c773d0598b90bbfdbc_s.jpg

糖の摂取で血糖値が上がることを考えたら、起床時の血糖値が高くなるのはちょっとおかしいですよね。しかし糖尿病患者さんでは、起床時の血糖値が就寝時よりも高くなることがあります。

起床時高血糖はなぜ起こる?

寝ているときよりも起きた時の血糖値が高くなる現象は、いくつか考えられる理由があります。

そもそも糖尿病を発症しているということで、血糖値のコントロールがうまくできません。
血糖値を下げるインスリンの作用が乏しく、寝ている間に少しずつ血糖値が上がっていってしまうということもあります。

あるいは体のホルモンが血糖値の上昇に関係している可能性もあります。起床時高血糖の原因によっては、対処方法も変わってきますので、原因ごとの対策法を見てみましょう。
 

原因に応じた起床時高血糖「対策方法」

・インスリンの働き不足で起こっている場合

インスリンの働きが悪かったり、分泌が少なかったりすると、十分に血糖値が下がりません。
それどころか肝臓からのぶどう糖の放出によって、少しずつ血糖値が上がってしまうことがあります。

>対策

この場合、インスリンを導入して血糖値を適切に下げたり、すでにインスリンを使用している場合には、量やタイミングを考え直します。
また経口薬であれば、起床時高血糖に対してはメトホルミンが適しているとされます。

・暁現象で起こっている場合

人は寝ているときと起きているときのホルモンの分泌が違います。
そして起床の前には、これから起きる準備としてのホルモンが分泌されます。そのホルモンが血糖値を上げる作用があり、これによって高血糖になる現象を暁現象と言います。

>対策

Ⅰ型糖尿病の場合には、暁現象が起こる時間にピークを合わせて、インスリンを使う方法があります。
また、2型糖尿病であれば、先に書いたメトホルミンの服用が有効です。

・低血糖が原因で起こっている場合

インスリンを多く使ってしまったり、夕食が少なかったり、アルコールを摂取したり…いつもと少し違う生活を送ったことで起こる可能性があるのが、就寝時の低血糖です。
寝ている間に低血糖が起こると、体はそれを避けようとして血糖値を上げる方向に働きます。
しかし、そのコントロールが効かない糖尿病患者さんにおいては、行き過ぎて高血糖になってしまうのです。

>対策

暁現象とは逆で、低血糖を防がなければいけません。
寝ている間に血糖値が下がりすぎないように、就寝前にぶどう糖を摂取したり、インスリンの効きをフラットなものに代えたりすることが求められます。
 

原因を知るには「午前3時」

原因がどれかによって、対策方法は全く違ってきます。そのためまずは原因を知ることが大切です。
そのためには、就寝時と、起床時の他に、「午前3時」の血糖値をチェックしましょう。


就寝時=午前3時、起床時だけ高い なら 暁現象

 

午前3時の血糖値が低い なら 低血糖

 

就寝時<午前3時<起床時 なら インスリン不足

これらが疑えます。この結果を持って、医師と対策について相談できるとよいですね。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

1型と2型で違う糖尿病性ケトアシドーシスの原因

糖尿病性ケトアシドーシスというのは、糖尿病によって起きる体の異常の一つです。 ...

糖尿病でお腹が痛くなることがあるんです!糖尿病合併症「胃不全麻痺」とは

糖尿病の影響でお腹が痛くなることがあります。糖尿病の合併症としては、血管が障...


神経障害・血流障害・高血糖・・3つの視点から潰瘍に注意する

  足に頻発する糖尿病合併症として代表的なものが糖尿病性潰瘍です。この合併症は...

1型?2型?糖尿病の種類ごとの症状と合併症まとめ

    糖尿病には2つのタイプがあります。   1型糖尿病  自己免疫などが原...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る