カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 外科療法 >
  6. がん手術をした翌日にもう仕事復帰!これからのがん手術は「短期化」する!?

ガン・悪性腫瘍

がん手術をした翌日にもう仕事復帰!これからのがん手術は「短期化」する!?

  3b19d51cde6161759c9667e0d77250fc_s(1).jp

タレントの大橋巨泉さんは、何度もがんの治療を受けています。
2015年の10月にも4度目となる手術を受けていたということが、報道によって明らかになりました。

今回は、がん手術をした翌日にもう仕事復帰ができる秘密と、これからのがん手術のキーワードとなる「手術の短期化」についてまとめました。

 

がん手術翌日に仕事!?

このときの治療で注目されたのが、がん治療の翌日に仕事をしていたということです。
ちなみに退院は手術を受けたその日にしたということです。
がんの治療というと、大層大がかりなイメージが強いように思います。
ましてや手術なのにその日に退院なんて、ちょっと信じられないかもしれません。

 

 

どんな手術をした?

大橋巨泉さんは、縦隔(じゅうかく)のリンパ節に転移し、2か所の腫瘍を手術しました。

 

縦隔というのは、左右の肺の間の部分にあります。その2か所の腫瘍を、4時間に及ぶ手術で摘出したのだそうです。この手術の翌日に、テレビ収録の仕事をしたというのですから驚きですよね。

 

 

進む「治療の短期化」

このケースは一般的ではありませんが、がん治療の短期化は、近年のひとつの傾向でもあります。
この短期を可能にしているのが、治療技術の進化や術後管理の変化です。

 

・胸腔鏡手術の普及

入院期間を短期化できるのが、胸腔鏡による手術です。従来であれば開胸して行っていた手術も、小さな傷口だけで可能になりました。

 

もちろん小さな穴をあけるだけで済むので、見た目の利点も大きいです。
それ以上に、手術の際にやむを得なかった筋肉などへのダメージが最小限に抑えられ、回復が早いという利点があります。

 

全身麻酔の場合には、術後に数日の入院が必要ですが、そうでない場合にはその日の退院でも可能です。
ただ、がん治療で日帰り手術というのはとても稀なケースです。

 

・安静ではなく、すぐに回復に向ける

「術後は安静に」というのが、よく言われることです。
しかし、近年はこの安静がよくないということが言われるようになりました。
特にこれは高齢者の場合に言えることで、安静にしている状態が長ければ、その分「筋力の低下」などが懸念されるのです。

 

筋肉はエネルギーを生み出す、生活する、回復していくために絶対に必要なものです。
それが低下してしまうのですから、回復の妨げになってしまうのです。

 

ですから、今では手術のすぐ後には食事や歩行など、できる限り普段と変わらない生活をすることが求められています。

 

 

これから進んでいく、手術の短期化の流れ

もう一度書きますが、がんの手術で日帰りでできるというのは、一般的なケースではありません。
ただ、日帰りとまではいかなくても、23日で退院できるという短期化の流れはあります。

すぐに実生活に戻れるというのは、患者さん側としても嬉しいですよね。

 

 

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外科療法に関する記事

がんの手術について知ろう リンパ節を切りとってしまう?「リンパ節郭清」という手術

  がんはいったん生じると基本的にはどんどん増殖していって、リンパ節に入り込む...

最小限を切り取る縮小手術…これを支える3つの手術法とは?

  がんが発生したら、その部分を切除すれば体の中からがんの脅威は消えます。その...


がん手術の時の3つのポイント

がんには手術で取り除くという治療法もあります。手術をすると体に負担がかかりますが...

カラダノートひろば

外科療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る