カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. その他 >
  6. 骨髄抑制のリスク軽減

ガン・悪性腫瘍

骨髄抑制のリスク軽減

 

骨髄抑制は抗がん剤によって生じる重大な有害作用ですが、リスクは軽減することができます。

 

ハイリスク患者を把握しよう           

患者の身体はどの部位も感染しやすくなりますが、特に感染することが多いのが消化管呼吸器です。

特定の疾患を持っている患者はハイリスク患者になりますので、特に注意しなければなりません。

 

リスク軽減のポイント              

○歯の治療

歯周病をもつ患者は感染症を起こしやすいです。

また、親不知も必ずと言ってよいほど発熱のもとになりますのでこれらがある場合は専門医と連絡をとり処置を済ませておく必要があります。

 

○痔疾の治療

痔疾も感染症につながるので事前の治療が必要になります。

 

○便を柔らかくする

便秘をすると排便時に腹圧をかけて肛門部を傷つけるので、抗がん剤投与前に酸化マグネシウム剤が処方されます。

 

○インフルエンザの予防接種

インフルエンザが流行する時期にかかる場合は患者だけでなく家族全員に予防接種が必要です。

 

○抗生剤の投与

ハイリスク群に対しては化学療法の開始と同時に予防でキノロン系の抗生剤が投与されます。

 

○家族の指導

家族に対しても感染予防の重要性を説明します。

子供などがいる場合は風邪などをうつされてこないように注意が必要です。

 

 

これらの疾患を持つ患者がハイリスク患者になりますので、当てはまる疾患がある場合は早期の治療が重要になります。

 

 

 

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/12/24-374445.php)

著者: albaitinさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

がんの治療方法は3種類「手術療法、放射線療法、薬物療法」

がんの治療方法は局所療法と全身療法に大別されます。   ・手術療法   ...

生活に支障のでる「嘔吐や吐き気」…抗がん剤・進行がん・放射線それぞれの場合の対処法

  がん治療の深刻な副作用として挙がるのが、吐き気や嘔吐です。吐き気や嘔吐の症...


NK細胞(ナチュラルキラー細胞)に対する温熱療法の効果とは?

  温熱療法はNK(ナチュラルキラー)細胞に対しても効果があるとされていま...

がんによって生じる、中~重度の痛みの緩和に…「オピオイド薬」という選択肢

  がんの治療をしていると、がん自体による痛みや、治療の後の痛みなど、大なり小...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る