カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 頭のてっぺんから足の先まで!全身にくまなく起こる糖尿病合併症の様々な種類

生活習慣病

頭のてっぺんから足の先まで!全身にくまなく起こる糖尿病合併症の様々な種類

 medical-563427_640(5).jpg 

糖尿病になったとき、何よりも考えなければいけないのが合併症のことでしょう。それによって生活の質や余命が決まってくるといっても過言ではありません。

糖尿病合併症は全身

糖尿病による体への影響というのは、体の至る所に起こります。
それこそ頭から足の先まで生じる可能性があり、糖尿病を発症したらそのすべての気を配らなければいけません。

もちろん合併症の危険については医師も熟知しているでしょうが、普段の健康管理は自分でしなければいけません。
全身に生じる合併症への意識があるのとないのでは、生活の仕方も少し変わってきます。
 

全身に起こる合併症

よく知られているものから、意外なものまで、全身に起こる糖尿病の合併症をご紹介します。

脳に起こる血管障害>

糖尿病によって血管がもろくなると、血管がつまったり、切れて出血したりすることがあります。
つまり脳梗塞や脳出血の危険があるのです。もし高コレステロール血症を持っているのなら、そのリスクはさらに高くなります。

特に糖尿病患者さんに多いのが、多発性ラクナ梗塞という状態です。
これは脳の色々な場所で小さな脳梗塞を繰り返すもので、ここから脳血管性の痴呆につながることもあります。

眼に起こる障害>

糖尿病における目の合併症はよく知られています。目の細かい血管がダメージを受けるので、網膜症や白内障、緑内障などの可能性が高くなります。

口腔内に起こる障害>

口腔内で血流が障害されると、きちんと栄養が行き渡らなくなり、歯周病や虫歯が起こりやすくなります。

心臓に起こる障害>

高血糖によって太い血管も障害されます。その中でも脳と並んで危険なのが、心臓に起こる血管障害です。
これによって血流が悪くなったり、つまったりして、狭心症や心筋梗塞を起こしやすくなります。

消化器系に起こる障害>

内臓は自律神経に働きが担われていますが、高血糖の状態はこの神経にも影響します。消化器系にこれが起こると、便秘や下痢といった症状から、胃の動きが鈍くなる胃不全麻痺などが起こることがあります。

腎臓に起こる障害>

これもよく知られた糖尿病の合併症のひとつです。腎臓は多くの血管がある臓器ですので、血管が障害される糖尿病では、影響が出やすいです。
特に腎臓は障害されても症状を感じにくいため、症状が出る前から積極的な検査が必要です。

肝臓におこる障害>

肥満から糖尿病を発症した場合、脂肪肝を持っている可能性があります。その場合脂肪肝の状態がさらに糖尿病を悪化させるという悪循環になります。

性機能障害>

血流に支障が出ると、勃起障害にもつながります。
性機能障害は男性だけではなく、末梢神経が障害されることによって、女性もデリケートゾーンのトラブルなどが起こりやすくなります。

足に起こる障害>

足はむくみなどに代表されるように、心臓から遠いという場所柄、血管のトラブルが起きやすいです。
それに加えて糖尿病という要因が加わると、さらに詰まりやすくなったり、血流が途絶えやすくなったりします。

もっと言えば末梢神経にも障害が出ます。これは進行すれば感覚の麻痺などにつながり、壊死の可能性もあります。
足の組織が死んでしまえば足を切る必要があり、そうなるとやはり生活の質が大きく低下します。
 

早期から医師と相談

合併症は、症状が出てきてからの事後対処では少々行動が遅いかもしれません。
事前に定期的な検査をしたり、目標となる数値があるのなら、それを医師に聞いておくなどしておくべきです。
特に腎臓障害など症状があらわれてからでは遅いものもあります。最初から合併症が起こることを見越した、治療を進めていくのが求められます。
(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

神経障害・血流障害・高血糖・・3つの視点から潰瘍に注意する

  足に頻発する糖尿病合併症として代表的なものが糖尿病性潰瘍です。この合併症は...

糖尿病性壊疽など、難治性皮膚潰瘍を再生!『多血小板血漿療法』とは?

糖尿病・外傷・褥瘡(床ずれ)などが原因で生じる皮膚潰瘍は、通常その治療法として...


合併症の足の合併症「末梢動脈疾患(PAD)」症状とは?どんな検査があるの?

糖尿病は全身の血管が影響を受けるだけに、様々な合併症が起こります。 そんな...

血糖値の乱高下「グルコース・スパイク」は、常時高血糖状態よりも動脈硬化を促進させる?

通常、血糖値は1日24時間ほぼ一定の状態に保たれていますが、2型糖尿病ではイ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る