カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 歯周病 >
  6. 何が起こる?なぜ起こる?糖尿病になったら気をつけたい、口の中のトラブル3選

生活習慣病

何が起こる?なぜ起こる?糖尿病になったら気をつけたい、口の中のトラブル3選

  496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s.jpg

糖尿病は全身に影響の出る疾患ですが、それは口の中にも及びます。食べ物の通る口にトラブルが起こると、それこそ食事療法にも影響が出かねません。

糖尿病と口腔内トラブル

糖尿病患者さんは、口の中のトラブルを抱えることが多いです。しかし医師からの指示が不十分だったり、患者さん自身口腔トラブルと糖尿病を結び付けられなかったりして、問題を先延ばしにしがちです。

ではそもそもなぜ、糖尿病は口の中の健康に影響を及ぼすのでしょうか?

口の中のトラブルが起こる3つの理由

全身の血管が障害される糖尿病で、口の中のトラブルが起こるのは、以下の理由からです。

1.歯肉溝浸出液から歯周病が悪化

歯と歯肉の隙間(歯肉溝)からは、歯肉溝浸出液というものが出ています。これは血清成分が薄められたもので、生体防御において重要な働きをしています。
高血糖の状態になると、この浸出液に含まれるぶどう糖の濃度が高くなります。そうなれば、口の中にいる歯周病の菌にとって、それは最高のエサになるのです。

そうすれば歯周病は悪化しやすくなります。ただ、他にも考えられる理由があり、これだけが歯周病の原因とは言えません。

2.ドライマウスから虫歯が悪化

ドライマウスというのは、糖尿病の症状としてよくあります。これは自律神経が高血糖によって障害されるためです。
唾液の分泌は自律神経が担っているため、その働きが鈍ってドライマウスになってしまうのです。

そもそも唾液は口に入ってくる細菌やウイルスに対する、防衛機能でもあります。
その機能が低下するということは、虫歯菌も繁殖しやすくなり虫歯が悪化してしまうのです。

3.口内の傷が治りにくくなる

健康な体であれば、血液が必要な栄養などを各部分に運んでくれます。しかし糖尿病になると、血管が障害されるため、その働きが不十分になります。

そのため傷などが出来ると治りにくく、それは口の中でも同じです。
そうはいっても口の中は血液量が元々多いので他の場所よりも傷が治りやすいという特徴があります。
そのため多少の傷などであれば大丈夫なのですが、インプラント手術などのように大きなものになると、回復が遅くなるようです。
 

定期的な歯科検診が必要

歯周病や虫歯は早く見つけるほどによいですし、進行すれば治療に時間がかかります。
そのため、糖尿病になったら定期的に口腔内をチェックしてもらうようにしましょう。頻度などは担当医と相談し、当然歯科医と情報共有もきちんとしていってください。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯周病に関する記事

お口の健康が糖尿病の発症・悪化を防ぐ!口腔内トラブルで血糖値があがるのはなぜ?

   糖尿病になると歯周病や虫歯が起こりやすくなります。それは糖尿病によって、...

歯周病が糖尿病を悪化させる?!歯週病になったのは糖尿病が原因!?歯周病と糖尿病の悪循環とは

  最近の研究で糖尿病は歯周病にもなりやすくなってしまうことが分かりました。 ...


歯周病も糖尿病の合併症?!歯周病がおこるメカニズムと治療法

  歯周病は糖尿病の合併症として現在あげられていませんが、糖尿病に大きく関...

お互いを進行、悪化させる?!歯周病と糖尿病の血管劣化への相互作用

    歯周病と糖尿病は同時に発症すると、お互いに影響し合い糖尿病をどんどん...

カラダノートひろば

歯周病の関連カテゴリ

歯周病の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る