カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 歯周病 >
  6. お口の健康が糖尿病の発症・悪化を防ぐ!口腔内トラブルで血糖値があがるのはなぜ?

生活習慣病

お口の健康が糖尿病の発症・悪化を防ぐ!口腔内トラブルで血糖値があがるのはなぜ?

  1ddd21712e01bd3cf045126ce3fa6a78_s.jpg

糖尿病になると歯周病や虫歯が起こりやすくなります。それは糖尿病によって、口の中の血管も障害されるためです。しかし、糖尿病と口腔内トラブルの関係はそれだけではありません。

口腔内トラブル→血糖値への影響

糖尿病と口腔内トラブルの関係は、糖尿病→口腔内トラブルの関係性だけではありません。
糖尿病と口腔内トラブルの関係は一方向ではなく、双方向的に関係しているのです。

そこで、口腔内トラブルが血糖値に及ぼす影響について書いていきます。
 

口腔内トラブルで血糖値が上がる理由

口腔内トラブルというのは、歯周病や虫歯といったトラブルです。
これらは口腔内で原因菌が繁殖することで起こりますが、これが血糖値に影響するのです。

・細菌感染によってインスリンの効きが悪くなる

歯周病などは慢性的に原因となる細菌が口の中にいます。
つまり常に感染しているような状態です。そのため、時に毛細血管から細菌が血中に入ってしまうことがあります。

このとき細菌に対抗しようとして分泌されるたんぱく質(サイトカイン)は、インスリンの働きを阻害してしまいます。
そのため細菌感染によって血糖値が高くなってしまうことがあるのです。

・両者とも生活習慣病

歯周病も糖尿病(2型)も、生活習慣病のひとつと数えられます。
両者には共通するところがあり、どちらも単独ではなく相互的に作用します。歯周病などを悪化させるような、歯磨き習慣、喫煙、食習慣といった要因は、同時に血糖値を上げる要因でもあるのです。

・歯のトラブルが悪循環を招く

例えば歯周病や虫歯が進行して、歯が痛くなったり、歯が抜けたりすると食事に支障が出ます。
かたいものを食べたくなくなり、柔らかいものを中心で食べるようになるでしょう。
やわらかいものは歯の間につまりやすく、余計に歯周病などが起こりやすくなります。
また唾液も十分に分泌されない可能性があるので、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。
 

どちらからの働きかけも大事

口腔内のトラブルと血糖値に関しては、双方向からの働きかけが大切です。
歯周病や虫歯を治すことも重要ですし、血糖コントロールも重要です。どちらも置き去りにしないようにしましょう。

近年は歯周病を治療したら血糖コントロールが改善されたということもあるようですので、糖尿病の方はむしろきちんと力を入れたいところかもしれませんね。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯周病に関する記事

何が起こる?なぜ起こる?糖尿病になったら気をつけたい、口の中のトラブル3選

   糖尿病は全身に影響の出る疾患ですが、それは口の中にも及びます。食べ物の通...

歯周病も糖尿病の合併症?!歯周病がおこるメカニズムと治療法

  歯周病は糖尿病の合併症として現在あげられていませんが、糖尿病に大きく関...


お互いを進行、悪化させる?!歯周病と糖尿病の血管劣化への相互作用

    歯周病と糖尿病は同時に発症すると、お互いに影響し合い糖尿病をどんどん...

歯周病が糖尿病を悪化させる?!歯週病になったのは糖尿病が原因!?歯周病と糖尿病の悪循環とは

  最近の研究で糖尿病は歯周病にもなりやすくなってしまうことが分かりました。 ...

カラダノートひろば

歯周病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る