カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 神経障害 >
  6. 体を守る知覚機能がなくなる!末梢神経障害に治療法はある?進行を穏やかにするには?

生活習慣病

体を守る知覚機能がなくなる!末梢神経障害に治療法はある?進行を穏やかにするには?

  pills-998486_640.jpg

痛みを感じることは、体を守る機能としてとても重要です。しかし糖尿病になるとその大事な機能がうまく働かなくなることがあります。

糖尿病と末梢神経

高血糖の状態は、血管だけではなく神経までダメージを与えることがあります。
これによって起こるのが糖尿病神経障害で、糖尿病患者の3人に2人が起こすとされています。

人の神経には、中枢神経と末梢神経があります。
中枢神経は脳や脊髄の体の各部分に指令を出すもので、末梢神経はそれ以外の神経を言います。体温などを調整する自律神経も末梢神経に含まれ、知覚神経や運動神経なども末梢神経に含まれます。
 

末梢神経が障害されても気づかないことも…

神経が障害されるというとどんな症状が想像されるでしょうか?

実は糖尿病によって起こる末梢神経の障害では、無症状のものが半数です。
その他は痛みやしびれなどの症状が出ることがありますが、無知覚になるという症状もあります。

知覚がなくなるというのは、傷や感染症が起こっても自分では気づきににくくなるということです。
 

末梢神経が障害されたとき、治療できるの?

残念ながら末梢神経が障害されたとき、それを治療して完治させる方法はありません。ですが色々な試みはなされています。

基本は良好な血糖コントロール>

神経障害は高血糖によって起こっているもので、その原因をなるべくなくすことは重要です。
血糖コントロールがうまくいっていなければ、生活習慣や薬の組み合わせなどを、もう一度見直すべきかもしれません。

ただ、血糖不良の後に急に血糖改善をすると、一時的に痛みが強くなることもあります。

薬物療法もある>

薬によって対処的に症状を緩和する方法もあります。

しびれを抑えるものとしては、抗けいれん薬、抗不整脈薬、抗うつ薬、アルドース還元酵素阻害薬などがあります。
痛みに対しては、プレガバリンが処方されることが多いでしょう。カプサイシンクリームによって対処する方法もあります。

治療の基本はやっぱり血糖値

この神経障害は高血糖によって起こっているのですから、やはり治療と言っても基本は血糖コントロールです。
最初から血糖コントロールが良好にできていれば、神経障害もの進行も緩やかにできます。
予防的にも発症後の治療だとしても、血糖コントロールを大事にしていきたいですね。
(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

神経障害に関する記事

最悪だと心筋梗塞になることも…糖尿病の合併症としての神経障害って?

糖尿病それ自体はなかなか自覚症状がないため、その深刻さが伝わりませんが、合併...

糖尿病性末しょう神経障害の分類とは?糖尿病性神経障害について

    糖尿病性神経障害について聞いても、様々な言い方で病気を言われる時があ...


糖尿病の足病変はこう進行する!その足の変化、年齢のせいと勘違いしていませんか?

糖尿病の方は日々のフットケアはどのようにしているでしょうか? 何もしていな...

早期発見したい糖尿病の合併症"神経障害"…糖尿病性神経障害の簡易検査とは?

糖尿病合併症の神経障害は、早めに発見することが必要です。というのも神経障害は...

カラダノートひろば

神経障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る