カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 神経障害 >
  6. 自律神経の障害で体が不調…それぞれの臓器が障害された場合、どんな対処方法がある?

生活習慣病

自律神経の障害で体が不調…それぞれの臓器が障害された場合、どんな対処方法がある?

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s.jpg  

心臓の動き、食べ物の消化など、命を維持するための働きをするのが自律神経です。その名前の通り、自分の意思とは関係なく「自律」して、体を守ってくれる神経のことです。
 

QOLに多大な影響を与える、自律神経障害

糖尿病で高血糖の状態が続くと、全身に影響が出ます。
それは血管が全身に張り巡らされているからですが、その血管だけではなく神経にも影響が出ます。そのうちのひとつが、自律神経です。

生を維持するための自律神経にトラブルが起こるというのは、何とも怖いところがありますよね。
 

自律神経に影響が出た場合、その対処方法

心臓を動かす、胃腸を動かす、汗をかくなど、自律神経が担っている場所はいくつかあります。
各部分の自律神経に影響が出た場合、どんな対処法があるでしょうか?

心臓の自律神経に影響が出た場合>

心臓の働きに影響が出るということは、同時に全身の血管や血流にも影響が出るということです。スムーズにできていた血圧の調整などに問題が生じます。

・血圧の薬を服用

・下肢の血流改善のためのストッキングを着用

・禁煙

・起き上がるときに急に動かない

・力仕事や激しい運動など、血圧の上下が激しい動作は避ける

 

消化器系の自律神経に影響が出た場合>

胃や腸の動きも自律神経が担っていて、それが障害されると消化に影響が出たり、腸内環境が悪くなったりします。
食べ物は血糖値にそのまま影響しますから、そこにトラブルが生じるのは悪循環にもなりますよね。

・消化の良い食事をする

・食事をこまめにわけ、1日の食事の回数を増やす

・吐き気抑制の薬、便秘薬などの服薬

・腹部の皮下に消化管の活動を刺激する装置を入れる

・人工肛門の手術

 

膀胱の自律神経に影響が出た場合>

必要なものを吸収するのと同じくらい、不要なものを排出することは重要です。
また、完全に排尿することが難しく、残尿によって尿路感染が起こってしまうこともあります。

・強い尿意がなくても排尿する

感染の自律神経に影響が出た場合>

汗、つまり皮膚に関する部分にトラブルが生じると、感染症の可能性が強くなるので重要です。

 

・大汗を抑制する薬を服用

・保湿のためのクリーム(特に手足の末端)

自律神経障害を調べる検査もいろいろ

これらのような自律神経の障害は、「おや?」と思ったら担当医に相談しましょう。
それぞれの自律神経障害を調べる検査がありますし、それによって障害の程度を数値で知ることができます。自分でできるケアをすることも大事ですが、それでケアが全てできていると考えるのは違います。
必ず、専門家に指示を仰ぐようにしてください。
(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

神経障害に関する記事

糖尿病患者さんは足の傷が治りにくい!治療期間短縮のための「ASCシート治療」とは?

   糖尿病患者さんは、ちょっとの足の傷が足の大切断につながる可能性を持ってい...

最も早く出てくる合併症!?糖尿病の合併症「糖尿病性神経障害」の主な症状

糖尿病で最も早く出てくる合併症といわれている糖尿病性神経障害の主な症状を見て...


糖尿病の足病変はこう進行する!その足の変化、年齢のせいと勘違いしていませんか?

糖尿病の方は日々のフットケアはどのようにしているでしょうか? 何もしていな...

体を守る知覚機能がなくなる!末梢神経障害に治療法はある?進行を穏やかにするには?

   痛みを感じることは、体を守る機能としてとても重要です。しかし糖尿病になる...

カラダノートひろば

神経障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る