カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 食事法 >
  6. 炭水化物を抜けば健康になれる?そもそも私たちの体は主食を必要としていなかった!

生活習慣病

炭水化物を抜けば健康になれる?そもそも私たちの体は主食を必要としていなかった!

  792737504c1f8973a3150e7b1bd53f91_s.jpg

人が穀物を食べるようになったのは、歴史の中では極々最近の話です。米やパン、麺などは、自分たちで種をまき育てる農耕の技術があって、はじめて主食になり得るものです。

主食ができたのは最近

日本においても、世界的に見ても糖尿病を発症している人は多くいます。なぜ糖尿病を発症する人は、こんなにも多いのでしょうか?

そもそも私たちの体には、糖の濃度を調整する機能がついています。
それが、生活習慣などによって機能しなくなってしまって起こるのが糖尿病です。

人の歴史の中でこの「生活習慣」というのは大きく変わってきました。
特に糖の摂取に焦点を当てた時、昔と今では大きな違いがあります。
今の生活では糖の多くは主食となる「炭水化物」から摂っています。
これは冒頭に書いたように、農耕の技術があって初めて主食になれます。その前は食べると言えば、狩猟や採集であり、穀物はメインではありませんでした。
穀物の供給が確立したのは、歴史で見れば最近のことなのです。
 

人の体は穀物に慣れていない

そう考えると、人は狩猟や採集などでとってきたものを主に食べていた期間の方が長かったことになります。
ですから、これが本来に人類の食事なのです。

近年の、炭水化物がメインに置かれる生活は、本来の人間の食生活とは少し違うと考えてよいでしょう。
元々私たちの先祖は糖質制限をした食生活を送っていたのですね。

そもそもの私たちの体が、糖をたくさん摂り込むことに慣れていないのに、糖をたくさん摂取すれば当然体の機能がおかしくなってしまいます。
それが糖尿病という形なのです。
 

主食を抜いて、健康に?

炭水化物以外にも、野菜、ナッツ類、果物などにも糖質は含まれます。
人類の歴史の中でこうした、適量の野菜、少量のナッツや果物からの糖質摂取は許容範囲であったと推測できます。

もし炭水化物を摂取するなら、他の食材からの糖質摂取を最大限制限しましょう。
基本的には炭水化物をできる限り抑えるのが健康に近づける方法かもしれません。
 

今は代替食品もあります

そうは言っても長年続けてきた、主食のある食事をいきなり帰るのは難しいかもしれません。
ですから、そこはたくさん出ている代替食品の力を借りましょう。
お米ならばこんにゃくでつくられたお米そっくりの商品などもあります。
そうした食品の力を借りながら、少しずつ炭水化物を少なくしていってみて下さい。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事法に関する記事

「食べる順番を変える」のが、なぜ食後高血糖に効く?体の中で起こっていることとは?

  糖尿病の食事療法にはいろいろとありますが、その一つが「食べる順番」を気にす...

食べる順番を変えるだけで血糖値の急激な上昇を防ぐ!

  糖尿病にかかる原因として、急激な血糖値上昇があげられています。この急激...


主食を抜くことで血糖値を改善できる?これってどんな食事療法?誰でもやっていいの?

   糖尿病でも健康でも、食事から糖を取り込めば血糖値が上がります。それでも生...

簡単で分かりやすい!ポーションコントロールが壊す食事療法の壁…成功させるコツも

  自分が食べる食事の量をコントロールすることはできていますか?つい食事がおい...

カラダノートひろば

食事法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る