カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 糖尿病で皮膚トラブルが!こんなときどんなスキンケアをするのが正解なの?

生活習慣病

糖尿病で皮膚トラブルが!こんなときどんなスキンケアをするのが正解なの?

  b5188ad353bffd704cabda7318ba4237_s.jpg

健康な皮膚は、健康な血管、健康な血液があってこそ成り立ちます。潤い、皮脂、弾力すべては、血管が皮膚細胞に十分な栄養を届けてくれるからあるものなのです。

血管障害が起こる糖尿病

糖尿病は全身の血管が障害を受ける病気です。高血糖の状態が血管を傷つけ、同じように末梢神経も傷つけます。
その影響は血管がある至るところに及び、皮膚も例外ではありません。

糖尿病で皮膚のトラブルを抱える人は多く、皮膚トラブルから糖尿病が発見されることもあるそうです。

糖尿病による皮膚トラブルとしては、かゆみ、乾燥など基本的なことももちろんあります。
さらにそれによって、細菌やカビなどに感染しやすくなるということも言えます。
 

どんなケアをすればいい?

もちろん糖尿病から発症している肌トラブルであれば、根本的なケアは糖尿病治療です。
食事や運動、あるいは薬物療法によって良好な血糖コントロールを保ちます。

それ以外でどんなスキンケアができるでしょうか?

・とにかく皮膚を清潔に

外から帰ってきた、あるいは汗をかいたなどの後は特に、皮膚の清潔を心がけてください。
特に脇の下などの皮膚同士が触れる部分、湿気が溜まりやすい部分には、ベビーパウダーなどをつけておくとよいでしょう。太っている人は特にです。

・肌に優しいものをつける

いわゆる敏感肌の状態と同じですから、ボディソープや化粧水などは優しいものを使うのがよいかもしれません。
なおかつ乾燥肌にも対応できるローションなどがあるとよいですね。
ただし、湿気が溜まりやすい場所にはローションを塗るのは控えた方がよいかもしれません。

・熱い湯は避ける

熱すぎるシャワーやお風呂は、肌に過剰な刺激を与えてしまいますので避けましょう。

・入浴は長すぎず

お風呂につかりすぎると、皮膚に必要な油分が過剰になくなってしまいます。お風呂から出たすぐ後は皮膚が潤っているように見えるかもしれませんが、時間が経つと乾燥してしまいます。

・傷ができたら清潔に

血糖コントロールが悪ければ、小さな傷でも担当医に相談した方がよいでしょう。
傷は徹底的に治療し、治療過程に気を配ります。水で汚れをしっかり落とし、石けんできれいにします。このとき消毒薬のような強い薬は使いません。
ちなみに大きな傷や火傷ならば、必ず医師に診せましょう。
 

皮膚のケアをきっかけに、全身のチェック

足、手、背中など普段じっくり見ないところを、スキンケアをきっかけにチェックすることができます。
糖尿病による悪影響は出ていないか?など、日常的に知るため全身をチェックしようと思うと難しいです。
スキンケアの延長でそれができれば一石二鳥ですね。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

高血圧になる確率が2倍!糖尿病から高血圧を発症しやすい3つの理由

糖尿病になると、高血圧にもなりやすいです。 糖尿病だけでも大変なのに、高血...

怖いのは心筋梗塞と脳卒中

 糖尿病患者で最も怖いのは心筋梗塞と脳卒中でしょう。何しろ命に直結します。よく言...


糖尿病の人が"頭痛・めまい"を発症したら要注意!それは危険な症状かも…

あまり聞かないかもしれませんが、糖尿病の症状として「頭痛」や「めまい」がある...

血糖値の乱高下「グルコース・スパイク」は、常時高血糖状態よりも動脈硬化を促進させる?

通常、血糖値は1日24時間ほぼ一定の状態に保たれていますが、2型糖尿病ではイ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る