カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 安易に自分で治療してはダメ!糖尿病患者が注意するべき「足におこるトラブル」とは

生活習慣病

安易に自分で治療してはダメ!糖尿病患者が注意するべき「足におこるトラブル」とは

c60de4268926db1d3dc47ccf9df27b0a_s.jpg  

足からの血液は心臓に戻ってきにくく、だからこそ筋肉の少ない女性はむくみなどが起こりやすいですよね。そんな足の皮膚には、糖尿病の悪影響も起こりやすいです。

糖尿病の人が気をつけるべき足のトラブル

糖尿病で足の切断をするというのは、今でもない話ではりません。
高血糖で血管の機能が悪くなり、各細胞に十分な栄養が運ばれなくなります。栄養が行き渡らなければ一つ一つの細胞は、きちんと機能できません。
そのため傷が治りにくくなったり、感染症に繰り返しかかってしまったりします。

 

最悪の場合にはそこから、細胞が部分的に死んでしまい、切断という選択しかなくなることもあります。
 

足にこんなトラブル起きていませんか?

・亀裂、ひび割れ

足の乾燥によって亀裂が生じます。

足に合わない靴を履くことで、足の裏の角質層がかたくなることが一つの原因です。
また、ホットカーペットなど足が乾燥しやすい環境も症状を促進させます。亀裂が重症化すると手術に至ることもあります。

 

・イボ

免疫力の低下で、小さな傷から感染して起こります。裸足で歩く機会のある場所で感染した可能性があります。

皮膚の厚い場所にできると、なかなか治りにくく、完治までに時間がかかります。

・うおのめ、たこ

足の特定部分だけが圧迫される、歩き方、靴などによって引き起こされます。

軽度ならば処置は簡単ですが、重度になれば手術で取り除く必要があります。糖尿病患者さんは自分で削ったりするのはNGです。そこから感染症を引き起こす可能性があります。

・水虫

水虫は白癬菌が皮膚で繁殖する病気で、繁殖すると傷やただれが起こります。また、そこから他の菌が感染する可能性があり危険です。

水虫は自己治療薬も売っていますが、糖尿病患者さんの場合はそれはNGです。水虫に気づいたらすぐに皮膚科などにかかりましょう。

・うっ滞性皮膚炎

足の血液循環が悪くなったために起こる湿疹です。
元々糖尿病が原因で起こる可能性があり、それがさらに糖尿病を背景として悪化しやすいです。
湿疹から潰瘍に至れば、まさに壊疽の危険が出てきますので、すぐに専門の治療が必要です。

 

・蜂窩織炎(ほうかしきえん)

これは糖尿病患者さんに多く見られます。
皮膚の真皮から皮下脂肪まで細菌が感染することで発症する病気で、免疫力の低下に伴って感染が見られやすいです。
傷口がなくても毛穴などから感染することがあり、水虫が原因になることも多いようです。

これも早期に専門の治療を受ける必要があります。
 

自分で治療できると思っちゃダメ

水虫やちょっとした傷なんかは、自分で対処できると思ってしまうでしょう。しかし適切に治療しなければ、そこから何度も感染を繰り返し、感染が拡大していってしまうこともあります。
糖尿病を発症している以上は、傷への軽視は絶対にしてはいけません。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

高血圧になる確率が2倍!糖尿病から高血圧を発症しやすい3つの理由

糖尿病になると、高血圧にもなりやすいです。 糖尿病だけでも大変なのに、高血...

怖いのは心筋梗塞と脳卒中

 糖尿病患者で最も怖いのは心筋梗塞と脳卒中でしょう。何しろ命に直結します。よく言...


糖尿病の人が"頭痛・めまい"を発症したら要注意!それは危険な症状かも…

あまり聞かないかもしれませんが、糖尿病の症状として「頭痛」や「めまい」がある...

血糖値の乱高下「グルコース・スパイク」は、常時高血糖状態よりも動脈硬化を促進させる?

通常、血糖値は1日24時間ほぼ一定の状態に保たれていますが、2型糖尿病ではイ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る