カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 妊娠線 >
  5. 最後まで気を抜かずにケアしたい!出産時にできる妊娠線には気をつけて

妊娠・出産

最後まで気を抜かずにケアしたい!出産時にできる妊娠線には気をつけて

a0001_016620.jpg
 
妊娠後期、特に臨月になる頃には、お腹の赤ちゃんも育って、お母さんのお腹もびっくりするくらい大きくなっています。
妊娠線を残したくない!という妊婦さんは早くから妊娠線予防クリームでケアをしたり、体重が増えすぎないようにがんばって、ここまで妊娠線を作らなかった人もいるのではないでしょうか。
 
もうすぐ出産だからこれ以上お腹は大きくならないだろう…と思って安心していませんか?
妊娠線ケアは決して最後まで気を抜いてはいけないんです!
 

出産するその日まで赤ちゃんは成長する 

これ以上大きくなれないと思うくらいのお腹の中では、最後の最後に子宮から出て行く日に備えて赤ちゃんは急激に成長しています。一方、お母さんのお肌も、もうこれ以上伸びることができません、というくらいがんばっています。

 

皮膚が割れて痛くないの?

 風船を膨らましているとき、大きくなるにしたがってだんだん透明度がまして来るでしょう。お母さんの肌も同じです。風船は空気を入れすぎると割れてしまいますよね。
お母さんのお腹は風船のように割れませんが、真皮や皮下組織が割れて妊娠線ができてしまいます。 皮膚が割れると言っても、血が出るとか痛いということはありません。
 
かゆいなあと思ったら、割れていた…というような状態です。しかも、一度われた状態の皮膚は、元にもどすことはできません。
 
しかし、皮膚は水分を補って柔軟性を増すことにより、もう少しもう少しとがんばることができるかもしれません。もうすぐ生まれるから、ここまでがんばれたから大丈夫と思ってはいけません。
最後まで気を抜かないできちんとケアをしましょう。  

 

出産時に妊娠線ができることも?! 

最後の最後に、一気にお腹や太ももに妊娠線ができてしまった人は結構多いのです。出産の時のいきみでできてしまう人もいます。
しかし、もしできてしまうにしても、妊娠線の数は少ないに越したことはありません。
 
妊娠線予防は赤ちゃんが生まれる日まで気を抜かず、きちんとお手入れを続けてくださいね。
  

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠線に関する記事

ちゃんとケアすれば大丈夫♪妊娠線ができる前にやっておきたい!妊娠線の3つの予防策

一度できてしまうと一生消えることのない妊娠線…。 妊娠線はかゆくなった...

どれにする?妊娠線予防アイテム

    妊娠中に妊娠線ができる人は全体の7~9割といわれているようです。できるで...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

妊娠線の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る