カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. あなたの地域は大丈夫?子どもが重症化する、エンテロウイルスD68を予防したい!

育児・子供の病気

あなたの地域は大丈夫?子どもが重症化する、エンテロウイルスD68を予防したい!

5822575a9196bd55b7300bceafc510c2_s.jpg

今年の夏から子どもへの感染が確認されている、「エンテロウイルスD68」を知っていますか?普通の風邪かと思っていたら、このエンテロウイルスD68に感染していたということもあります。

 

ここでは、子どもがかかると重症化する恐れのある、エンテロウイルスD68の予防法についてまとめました。


死亡例も!怖いウイルスとは?

2015年に日本で確認されているこのエンテロウイルスD68は、2014年にアメリカで謎のウイルスとして流行しました。
子どもが感染し、重症化する例では麻痺が残ったり、死亡したりする例が確認されたのです。

 

症状は軽ければ風邪のような症状で、場合によっては気管支炎のような症状が出て病院に運ばれることもあります。
風邪かと思っていたら麻痺が残るとなったら、親御さんは油断できませんよね。

 

 

感染しない方法はないの?

免疫を持っていない子どもはこうしたウイルスにかかりやすいです。
そのためできるだけ予防策を講じることが必要です。

 

ワクチンはない!

ウイルスを予防するというと、予防接種のような形が思いつきます。
ですが、現在はエンテロウイルスD68に対して、有効なワクチンはありません。
発症してからの特効薬のようなものもありませんので、感染した場合には対処療法をしていくことになります。

 

予防の基本は手洗いうがい!

ウイルスに感染しないためには、やはり基本的な手洗い・うがいが有効です。

エンテロウイルスは、くしゃみ、せき、排泄物などを介して感染します。
空気感染はしませんが、飛沫感染、接触感染をするということです。
そのためこの基本的な予防が大事なのです。

もっと具体的に言えば、下記の
方法も有効です。

・オムツ交換の後には手洗い

・ウイルスに触ったと思われる手で、粘膜を触らない

・食器やタオルなどの共有を避ける

・おもちゃ、ドアノブなど触れる場所は頻繁に消毒する

 

流行期は冬ではなく…

寒くなってくると風邪やインフルエンザが流行してくるので、手洗いうがいも気にしてするでしょう。
ただ、エンテロウイルスD68が流行するのは、「夏から秋」です。
そのため、油断しやすい夏から秋にも手洗いうがいの基本は欠かせません。

 

自分の地域の流行をチェック

2015年の流行は、現在、地域的には限定的なものにとどまっています。
そのため、まずは自分の住んでいる地域でウイルスの流行があるかどうかを知っておくことも予防のひとつです。

もちろんそれ以外の地域でも、気をつけなくてもよいということではありません。ただ、流行情報には敏感でいたいですね。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

謎のウイルスが日本に襲来!子どもに襲い掛かる「エンテロウイルスD68」

「子どもに起こる原因不明の麻痺」というと、ちょっと怖いかもしれません。ですが...

秋に起こりやすい赤ちゃんの「突発性発疹」…ママは慌てないで、冷静に対処を

秋に6ヶ月~2歳の子どもが特に注意したい感染症が、突発性発疹です。名前からは、...

感染症の体験談

突発性発疹やノロウイルス。子供たちがかかった病気

我が家の二人の娘たちがかかった病気について書いて行きたいと思います。 ほとんどの赤ちゃんがかか...

初めての感染症~知らなかったせいで2次感染か~

注:画像は感染症当時のものではありません。 初めての感染症は11ヶ月のときでした。その当時のこ...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る