カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. お風呂 >
  5. 赤ちゃんは一番風呂じゃないとダメ?赤ちゃんに適したお風呂環境とは

育児・子供の病気

赤ちゃんは一番風呂じゃないとダメ?赤ちゃんに適したお風呂環境とは

15129a43fc8860886235ad5a5c4df9b1_s.jpg

赤ちゃんをお風呂に入れるとき、なぜ一番風呂なのでしょうか?
生後1か月過ぎた赤ちゃんと、一緒にお風呂に入るときの注意点などと一緒にご紹介していきます。

一番風呂が最適な理由

赤ちゃんは生後1ヶ月までは、ベビーバスを使って沐浴をします。
それは、まだ抵抗力が弱いため、さまざまな菌に感染する可能性があるからです。
1ヶ月過ぎた頃から抵抗力がついてくるので、大人と同じ浴槽での入浴が可能となってきます。
とはいっても、万全な状態ではありませんから、清潔なお風呂=一番風呂が最適なのです。

浴槽は、毎日洗って入れ替えて、入浴するようにしましょう。

赤ちゃんに適したお風呂環境にしておく

洗い場の環境を整えておきましょう。
赤ちゃんが動くようになってくると、目に入った物をもって遊ぶようになります。
手の届くところに、危険なカミソリや飲み込みやすい小さな石鹸などの口に入れて欲しくない物は置かないようにしましょう。

また、冬場の一番風呂は洗い場が冷えやすいです。
浴室に熱湯をかけたり着替える前に湯船の蓋を開けておくなど、洗い場を温められるようにしておきましょう。

湯気は赤ちゃんの気管によい効果

 湯気をこもらせないために換気扇を回しがちですが、身体が冷えやすくなるので赤ちゃんの入浴中は止めておきましょう。
浴室にこもる湯気には、身体を冷やさないほかにも、保湿効果や細く未発達な赤ちゃんの気管を広げる効果があります。


そして、お風呂上りは保湿効果をキープできるように素早く着替えをさせてあげましょう。
あたたまった肌は急速に乾燥していきます。同時に保湿ケアもしてあげましょう。

新しい一番風呂の湯気を吸わせて気管を潤してあげると、風邪予防にも効果があります。
毎日は無理かもしれません。できる範囲で赤ちゃんによい環境のお風呂で、清潔にしてあげましょう。

(Photo by:AC

著者: HaruDaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お風呂に関する記事

沐浴やお風呂でお湯が耳に入ると中耳炎になるって本当?赤ちゃんとのお風呂の注意点

病院で沐浴指導を受けたりときや、育児書などで赤ちゃんをお風呂に入れる手順をみ...

たくさん動く8か月児!お風呂上がりの水分補給はどうしてる?何なら飲んでも大丈夫?

  生後8ヶ月にもなると、離乳食を開始している人がほとんどなのではないでしょう...

お風呂の体験談

お風呂大っ嫌いからお風呂に慣れるまで

新生児の頃、沐浴するとほわ~と気持ちよさそうな顔をし、お風呂好きで良かったねーなんて安心していたので...

お風呂解禁!いつから湯船に入れますか?

1ヶ月検診が終わったら、沐浴だったお風呂が湯船解禁になりますよね! みなさんはいつごろから一緒...

カラダノートひろば

お風呂の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る