カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 予防 >
  5. 人気の「グルコサミン・コンドロイチン」、軟骨の磨り減り抑制効果のエビデンスはある?

関節痛・腰痛

人気の「グルコサミン・コンドロイチン」、軟骨の磨り減り抑制効果のエビデンスはある?

run.jpg

サプリメントの中でも人気の高く、膝関節の痛みの緩和に役立つとして有名な「グルコサミン・コンドロイチン」ですが、その改善効果は本当にあるのか無いのか、という議論が巷やメディアで盛んに取り上げられています。

 

近年、米医学誌でこれらの効果を検証した論文が掲載され、長期の調査の結果として、極々わずかではあるものの改善効果が見られたという報告が行われています。

 

関節の痛みに、「グルコサミン・コンドロイチン」はどのように機能する?

グルコサミン・コンドロイチンが構成するのは「プロテオグリカン(プロテオ=たんぱく質、グリカン=多糖)」という水を保持する性質を持つ糖たんぱくです。

さらに細かく見ていくと、紐のような形をした「グリコサミノグリカン(硫酸基(SO4-)を持った糖の集合体)」が多数枝のようにコアにくっ付く形で集合し、1個のプロテオグリカンを形成しています。

 

このプロテオグリカンが、関節の軟骨細胞の周囲で網膜状となったコラーゲンの間を埋めるように存在し、人体の約350箇所ある関節において、軟骨や滑液の成分となってスムーズな動きを助けています。

 

<グルコサミンはグリコサミノグリカンを構成する糖の一つ(粒)、コンドロイチンはグリコサミノグリカン(紐)そのもの>

グルコサミンは、このグリコサミノグリカンを構成する糖の一種のことを指し、コンドロイチン硫酸はグルコサミンを含まず、その他の糖(D-ガラクトサミン+D-グルクロン酸)によって構成されたグリコサミノグリカンそのもののことを指します。

 

■主なグリコサミノグリカン

□ヒアルロン酸

【構成する2つの糖】D-グルコサミン+D-グルクロン酸

 

□コンドロイチン硫酸

【構成する2つの糖】D-ガラクトサミン+D-グルクロン酸

 

□ヘパリン

【構成する2つの糖】D-グルコサミン+L-イズロン酸 or D-グルクロン酸

 

変形性膝関節症への臨床試験の結果について

■グルコサミン+コンドロイチンの併用で0.1mgの軟骨の磨り減りが予防されたという臨床試験(Ann Rheum Dis.誌)

【対象】

オーストラリアにおける45~75歳の変形性膝関節症の患者さん605名

 

【試験内容】

4つのグループに分類し(1)グルコサミン1500mg/日単剤群、2)コンドロイチン800mg/日単剤群、3)グルコサミン+コンドロイチンの併用群、4)偽薬群)、2年間の経過観察を行った。

 

【結果】

・1年後の痛みの改善度に関しては、偽薬を含め、全てのグループ間の差は有意なものはなかった。

・2年後の関節の軟骨の減り度合いに関しては、グルコサミン+コンドロイチンの併用群で0.1mg偽薬より有意に予防されていた。

 

■グルコサミン+コンドロイチンの併用は、セレコキシブと同等の効果であったという臨床試験(同上)

【対象】

フランス・ドイツ・ポーランド・スペインにおける変形性膝関節症のある40歳以上の患者さん606名

 

【試験内容】

被験者を2群に分け(グルコサミン150mg+コンドロイチン1200mgを併用群、セレコキシブ(消炎鎮痛剤)200mg使用群)半年間の経過観察を行なった。

 

【結果】

痛みはどちらの群でも減少していた(両群での効果の差は認められなかった)。

 

最後に

これらの論文を掲載されていた医師によれば、「この論文からはグルコサミンとコンドロイチンによる鎮痛作用はセレコキシブに代用可能と読めるが、その効果にはプラセボによるものも含まれている可能性があり、逆に言えばセレコキシブの効果も弱いということであるため、副作用との兼ね合いを考えると頻用は控えるべきかもしれない」という主旨のことを述べられていました。

 

いずれにしても磨耗の進行予防と保護のためには「膝サポーター」や「ハムストリングス強化」などの対策は必須と考えられます。

 

この2種の対策で、膝関節症を持ちながらも以前に近いほど歩けるようになったという方もおられるようで、まずはこちらをトライしてみるべきかもしれません。
(参照ウェブサイト:
六号通り診療所所長のブログヤマレコ

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

膝の負担を減らすためにぜひ杖を!杖の選び方・杖を使った歩き方について

膝の負担を軽減する為の補助具で、誰もが知る最も身近なものは「杖」でしょう。少...

膝の痛みを防ごう!膝のために急激な動作を控える!膝に負担をかけない動作とは?

膝関節を痛めるもっと大きな原因は、急激な動作による負担です。普段の日常生活の...


急な立ち上がりはひざに負担がかかる!ひざ関節の負担を減らそう

急な立ち上がりはひざに負担がかかる!   急激な動作はひざ関節に大きな負...

膝の痛みの原因は体重!?食事コントロールで膝の負担を減らす

■ひざにかかっている負担は体重の2~7倍! ひざは体重を支えている上に、立った...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る