カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. てんかん >
  5. 難治性てんかん治療に有効?「修正アトキンス食」よりも易しい「スーパー糖質制限食」とは

気になる病気・症状

難治性てんかん治療に有効?「修正アトキンス食」よりも易しい「スーパー糖質制限食」とは


oil.jpg
近年の岡山大学の研究で、てんかんへの「ケトン食療法」の作用機序が解明され、抗てんかん薬が効かない難治例や何らかの理由で薬が使用できない場合にも、その代替療法として高い効果が期待できることが明らかにされています。

しかし、古典的ケトン食療法は厳しい糖質制限により大きな負担がかかるため、これをいくらか緩和した「修正アトキンス食」や「スーパー糖質制限食」といった方法も存在し、効果についても(程度の差はありますが)有効性はあると考えられています。

岡山大学により明らかにされた「ケトン食療法の機序」は?

岡山大学の研究によれば、ケトン体のてんかん発作抑制の機序とは「飢餓により体内で発生するケトン体が、クロールイオン(Cl–)と小胞型グルタミン酸トランスポーターの結合部位において競合し、グルタミン酸の輸送を阻害したことによる」と述べられています。

 

「ケトン食」は、抗てんかん薬と同等の効果がある?

ケトン体は、脂肪酸が分解されて作られる「短鎖脂肪酸の一種」ですが、糖が枯渇状態にあるなど(飢餓)の緊急時に、すばやく脳へエネルギー補給するという「バックアップシステム」として機能を有しています。

古典的ケトン食によるてんかんへの効果は、オーストリアのウィーンメディカルセンターで行われた臨床試験でも、「抗てんかん薬以上の効果が見られた」と結論付けられています。

 

また、個人のウェブサイトを運営されている精神科医の方によれば、国内・海外の文献に以下の研究報告があったと紹介されています。

 

■海外研究では「ミトコンドリア増加」「神経保護」「けいれん減少」が報告されている

・動物実験では、ケトン食によってミトコンドリアの数が増加(脳が疲労しにくくなる)することが明らかになっている。

・また、それ自体が抗けいれん作用を有している(けいれん発作の軽減)。
・これは、神経細胞が発作の間に増加するエネルギー需要にすばやく供給し、安定した状態を保つことによる(=神経保護効果を発揮するといえる)。

 

■岡山大学の研究でも、脳のグルタミン酸を減少したという報告がある

・岡山大学の森山芳則教授の研究では、脳神経細胞のグルタミン酸濃度をケトン体が減少させたと報告している。

・脳の興奮を低下させる可能性がある。

 

■自閉症や双極・認知症でも効果が確認されている

・自閉症では、児童の発作頻度が減少し、行動の改善(学習能力や社会的スキルの向上)を示した。

・その他にも、双極性障害、アルツハイマー病、脳腫瘍など、てんかん以外の疾患にも利用されている。

「スーパー糖質制限食」は、てんかんにも有効?

スーパー糖質制限食とは、糖尿病専門医である江部医師によって考案された新しいケトン食療法で、糖尿病の方だけでなく、てんかん患者さんにも有効性が合ったと報告されています。ルールは簡単であり、「糖質を20g/食×3食分=60g以内」に抑え、その他の脂質・タンパク質は制限を設けない、というものです。

「修正アトキンス食」のルールである、(成人で)糖質摂取量15g/日以下に抑えるというものより制限はかなり緩和されていますが、この場合でも江部医師やその他個人の方のウェブサイトなどにてんかんに有効であったという記述がいくつか見られます。

スーパー糖質制限食のてんかんへのエビデンスは確立していませんが、修正アトキンス食でも厳しい、といった場合、一度試してみる価値はあるかもしれません。
(参照ウェブサイト:日本生化学会ドクター江部の糖尿病徒然日記

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

てんかんに関する記事

大人のてんかんは完治する?

  てんかんの症状は命に関わるものではありませんが、てんかん発作を起こす場所に...

突然起こるてんかん発作~こんな症状がでたときの対応の仕方は?

  てんかん発作が起こると突然意識を失ったり、体の一部がけいれんしたりします。...


てんかんなど一部の病気を判断する検査!脳波検査にかかる時間と費用とは?

脳波検査はさまざまな脳の病気の検査の中で、もあまり一般的ではありません。どちら...

抗てんかん薬デパケンの副作用「脱毛症」、L-カルニチンで抑制できる可能性がある?

抗てんかん薬の一種であるデパケン(バルプロ酸)の副作用にはアンモニア血症から脱毛...

カラダノートひろば

てんかんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る