カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 離乳食 >
  4. 7~8ヵ月(中期) >
  5. 子どもが離乳食を食べない!?苦労する離乳食中期(生後7~8ヶ月)編

育児・子供の病気

子どもが離乳食を食べない!?苦労する離乳食中期(生後7~8ヶ月)編

dc44f9186f8c0bbbea641b927e646c20_s.jpg

上手にゴックンできるようになってきたら、ステップアップでモグモグ食べる練習を始めますね。
その離乳食中期で食べられるものや食べさせ方をまとめてみました。

食べられるようになるオススメ食材☆

炭水化物ですと、マカロニ、うどん、そうめんに食パン、コーンフレークやオートミールも食べられます。
野菜はグリーンピース、玉ねぎ、きゅうりやキノコにトウモロコシと増えていきます。
秋~冬の時期ではカボチャや白菜もおすすめです。

タンパク質は、豆腐、しらす干しなどの白身魚や油の少ない鳥ささみにツナも食べられます。
忘れがちな事ですが、豆腐は湯通しをしてから与えましょう。

 

モグモグしている事を確認しながら、進めましょう

離乳食中期になってくると、食べ物の形状が大きめになっていきますよね。
口の中に入れて、モグモグ口をしっかり動かして食べ物をかみ砕けている・飲み込めているか確認をしましょう。
柔らかいからそのまま飲み込んでも大丈夫ですが、それは食べる練習にはなりません。
声かけをしっかりしながら食べさせてあげましょう。

 

食べるのを嫌がったら…

まずは、一旦初期に戻しましょう。初期の形状が食べやすいのかもしれません。
食べれる食材が増えてきているので、初期の形状で食材を増やしながら、おいしそうに食べる食材を見つけましょう。
その食材から形状を中期の段階に進めていきましょう。
米はダメな場合でも、食パンなら食べれるかもしれません。

 

嫌がられたら、食べない理由を考えよう

嫌がった時は、「なぜ食べない?」と考えず「何を食べる?」と考えましょう。
食べることが嫌いでも、好きな食べ物があるはずです。その食べ物を探って、進めていきましょう。
焦らない事が大事です。まだまだおっぱい好きでも大丈夫。

教科書には「離乳食のあとにおっぱいを飲ませましょう」とありますが、赤ちゃんが望む場合はおっぱいを先に飲ませてから離乳食をあげても大丈夫です。

赤ちゃんの様子を見ながら、柔軟に対応しましょう。
それが、離乳食を食べるようになる近道です。

(Photo by:写真AC

著者: HaruDaiさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

7~8ヵ月(中期)に関する記事

離乳食の変え時の目安って?赤ちゃんの離乳食の進め方

離乳食は大人が食べるものより手間がかかりますが、これからママが作った美味しい...

【生後6-7か月の離乳食の進め方】はじめの1か月の流れ~おかゆに慣れたら次は○○へ

早い子では、5か月から離乳食を始めていることもありますよね。 まずはおかゆ...

7~8ヵ月(中期)の体験談

離乳食を食べてくれない娘が食べるようになったわけ

娘は生後六か月ごろ、離乳食を始めたものの全然口をあけてくれませんでした。 体重も身長も小さめだった...

生後8か月*ゆっくりペースの離乳食

8ヶ月、離乳食がなかなか進まない息子ちゃん。 なんとか少しずつ食べてくれるようになったのですが、ま...

カラダノートひろば

7~8ヵ月(中期)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る