カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 育児・子供の病気まとめ >
  4. 搾乳中気をつけたいことって?母乳不足の原因と対応策をまとめました!

育児・子供の病気

搾乳中気をつけたいことって?母乳不足の原因と対応策をまとめました!

01miki45029.jpg

「出産したら、母乳って湧いて出てくるものだろう」
出産前はそんなふうにイメージしていませんでしたか?

でも、そう上手くいく人は実は少ないです。

母乳育児をしたいけど、母乳がなかなか出なかったり、赤ちゃんが満足するほど飲ませてあげられてないんじゃ…と心配になる方も多いのではないでしょうか。
母乳不足を解決するためには、授乳方法と生活習慣に気をつける必要があります。

 

母乳不足になりやすい原因は?


貧血、睡眠不足、母体の栄養不足、水分不足、体の冷え…母乳不足になりやすい原因とはなんでしょうか?


母乳の量や出方には個人差が!


母乳が出るのは産後数日から1ヶ月ほどかかります。

3ヶ月頃まで様子をみましょう。

母乳量が増えないときは?


授乳の頻度は「3時間毎に飲ませましょう」と指導されることが多いのではないでしょうか?

赤ちゃんが寝てたら飲ませない?


出来れば起こして飲ませましょう!赤ちゃんに吸ってもらうことが母乳量を増やす近道です!

 

搾乳中気はバランスのいい食事を♪


食事で一番大切なのはバランスです。授乳中、控えたほうがいいもの、食べた方がいいものをまとめました。おススメ食材を取り入れながら、3食しっかりと食べることを心がけましょう。
 

体質的に母乳が出ない人はごくわずか!


なかなか母乳の量が増えず、諦めてしまいそうになることもあるでしょう。

でも体質的に母乳が出ない人は数%だそうです。

多くの場合はお母さんのストレスや疲れ、赤ちゃんがまだ吸うことが上手ではない…などの理由によるもの。

母乳育児がつらいと感じたら・・・


出産してから毎日始まる授乳の時間を、もしかしてつらいと感じていませんか?ガマンのし過ぎはNGです。

 

母乳育児が落ち着いてくるのは、人によりますが、平均的には、2か月から3か月頃と言われています。

 

もし母乳育児が強いストレスになってしまう場合は、混合やミルク育児を検討してください。あなたにとってベストな授乳方法を見つけてくださいね。
(Photo by:pixabay )

著者: カラダノートさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児・子供の病気まとめに関する記事

ミルクの選び方や注意点、母乳からの切り替え、いつまで飲ませる?ミルクの経験・記事まとめ

赤ちゃんを育てるときに大切なのがミルクです。母乳で育てているママも、ミルクが...

なにやら痛がっているけれど?言葉だけでなく仕草などからも判断したい「痛み」

「おなかが痛い」と、こどもが言っても、本当にお腹が痛いのかどうか、親がきちんと判...


心臓や肺に異変がみられたら…?知っておきたい子供の胸部の病気

呼吸がしづらい、心臓が痛い、胸が苦しい。 大人になった自分もこんな症状で悩んだ...

おむつかぶれの原因と対策!家で出来るケアのポイント

パパ・ママとの大切なコミュニケーションの時間であるオムツ替え。その時に、はっとお...

カラダノートひろば

育児・子供の病気まとめの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る