カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 自然出産=良いお産?自然出産派の人が読んでおきたい「自然出産への誤解」

妊娠・出産

自然出産=良いお産?自然出産派の人が読んでおきたい「自然出産への誤解」

9b7bca242ff6e7d0369e77d77bb30b85_s.jpg

あなたに「理想のお産」はありますか?

人はそれぞれ何かしらにこだわりを持っているもので、それが個性とも言われます。しかし強すぎるこだわりは時に色々な弊害を引き起こします。

 

ここでは、ドラマ「コウノドリ」でとりあげられた理想のお産「自然出産」についてまとめました。

 

あなたは「自然出産派」?

お産にこだわりはあるでしょうか?

こだわりなど考えたこともなく、「赤ちゃんが生まれたから産科に行くもの」と自然に思っている人もいるでしょう。

逆にお産にこだわりがある人は「自然分娩」を強く希望するという人もいるでしょう。

 

特にここ最近は、白米ではなく玄米に回帰したりするような「自然であること重視」の人が増えているように思います。

どちらかと言えばメディアでも自然回帰の流れを、賞賛する形で取り上げることが多いように感じます。

 

周産期医療センターを舞台にしたドラマ「コウノドリ」でも、自然出産にこだわる女性が出てきました。 

 

自然出産への誤解

自然出産を望むのは、妊婦さんや家族の自由ですし、何も問題はありません。ですが、自然出産に固執しすぎるのはどうかと思いますし、自然であることを賞賛しすぎるメディアもどうかと思います。

 

自然出産への固執には、自然出産への誤解が大なり小なりあるのではないでしょうか? 

 

帝王切開で生まれた子はダメな子?

「帝王切開で生まれた子は我慢が足りなくなる」と聞いたことはありますか?あるいは、母親の方で言うと「母性が薄くなる」といったことも言われたりします。

けれどそれを言うなら、お腹を痛めてもいないパパが子どもを溺愛するのはなぜでしょう?となるわけです。

こうした噂レベルの話は、自然分娩を重要視する根拠にはなりえません。 

 

お産=自然のもの?

お産は自然のものと考えている人が多いでしょう。

しかし、それだけならそもそも産科という医療は確立してこなかったわけです。

確かに妊娠は病気ではありませんが、出産は命がけです。その時になってみないと何が起こるか分かりません。

 

それでも「自分は自然分娩で行けるだろう」と思っている人が大半ではないでしょうか?

その根底にある考えが、自然分娩を賞賛する土台になっているように感じます。 

 

医療介入=母親の力不足?

自然分娩できなかった時に、母親が「努力不足」や「妊娠中の生活を反省する」といったことがあります。

そんなことがないために、妊娠中の生活に厳しくしている人もいるでしょう。

怠惰な生活を送れば当然、出産トラブルが起こる可能性があります。

けれど厳しく生活したって、トラブルが起こるときは起こるのです。

 

確率や統計にママが左右されすぎてはいけません。

成功例と同じことをしていれば安心感は得られますが、逆にそこに頼りすぎれば不安も生みます。妊娠・出産・育児はそれぞれのケースなのです。 

 

自然分娩=良いお産?本当に良いお産とは?

自然分娩で、出産の痛みに耐えてこそいい母親になれるというのは、とても日本的な考えのように思います。しかし、これから生まれてくる赤ちゃんに、そんなことが関係あるでしょうか?

 

何か問題があって医療の介入が必要になったとき、いい母親になれないから拒みました。そしたら赤ちゃんが無事に生まれてこれませんでした…。

 

自然であれ、医療介入があった場合であれ、母子共に無事で生まれてきたときにはじめて、いいお産と言えるのではないでしょうか。 

 

 

出産は結果がすべて

ドラマ「コウノドリ」の中でも出てきた言葉ですが、「出産は結果がすべて」です。それは医師にとっても助産師にとってもそうですし、ママやパパ、生まれてくる赤ちゃんにとってもそうです。

 

母子の無事のために最良の選択をするためには、自然云々のこだわりはほんの小さなもののように思えませんか?

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

分娩に関する記事

こんなにあるの?!出産と分娩方法の種類

  一昔前までは、「経腟分娩(普通分娩)」と母体や胎児に危険性がある場合の「帝...

税金控除の可能性も!帝王切開の場合の経済的負担軽減策、知っていますか?

出産にかかる費用は出産方法・場所によっても異なりますが、帝王切開をしなければ...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

分娩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る