カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 選び方・ポイント >
  5. 「出産する場所」の違い…助産院での出産・病院での出産、何が違うの?

妊娠・出産

「出産する場所」の違い…助産院での出産・病院での出産、何が違うの?

6d1986e164dcd3093ef8b756dfcffeb8_s.jpg

あなたは産婦人科と助産院どちらで生みたいですか?妊娠したら病院での検診を受けるため、そのまま産婦人科(病院)で出産するという人が多いでしょうか? 

 

出産時の選択「どこで出産する?」

病院選びというのは考えたことがある方もいるかもしれませんが、産婦人科か助産院で考える人はあまりいないかもしれません。

 

ただ妊娠したとき、出産ができる場所は「産婦人科」か「助産院」のどちらかがあります。 

 

ドラマ「コウノドリ」の中にも、助産院と病院の両方がでてきました。

どちらでのお産を選択するかは、人それぞれです。

 

病院だからいい、助産院だからいいということは一概には言えません。 

 

そもそもそれぞれでのお産ってどんなもの?

<助産院でのお産>

助産院とは、妊娠管理や分娩を行う医療施設です。

 

実際にお産をするとなったら助産師が責任者となります。

 

助産師というのは国家資格であり、妊娠・分娩に関する専門家です。

 

助産師によって、妊婦健診や分娩を執り行うことができます。

 

 

・助産院でできるのは「安全なお産のみ」

ただし、助産院で出産できるのは、「安全に出産できると予想される自然分娩のみ」です。

 

帝王切開の経験があるなどで自然分娩が勧められない場合や、妊娠期に異常のある場合などの妊婦さんもいますよね。

 

そんな出産に関してハイリスクの妊婦さんは助産院では分娩できません。

 

 

・トラブルが起きたら病院へ

安全と予想されていても、分娩中にトラブルが起こることもあります。

 

その場合にはすぐに病院へ搬送することになります。

 

多くの助産院は連携している病院がありますので、助産院を出産場所として選ぶのなら、その病院を確認しておくことも必要ですね。 

 

<産婦人科でのお産>

お産を受け持つのは、産科です。

 

妊娠管理から分娩、そして分娩時の医療行為もすることができます。 

・ハイリスク妊婦さんはやはり病院

お産の際の責任者は医師となり、ハイリスクの妊婦さんは産婦人科での出産となります。

 

大きい病院の場合、NICU(新生児集中治療室)も併設されてあるでしょう。

 

そのため生まれてきた赤ちゃんに何らかのトラブルがあった場合には、新生児科とすぐに連携のとれる病院で生んだ方が安心です。 

・お医者さんが出る幕ではないことも当然ある

病院で出産する人であっても、医師の介入なく自然出産をする人もいますよね。

 

そんな場合には医師は多くの時間なにもしないで、病院の助産師さんが出産を助けるということも当然あります。

 

 

ちなみに助産師さんというのは、看護師さんの中で助産師免許を持っているという方です。

 

看護師の免許を取得した人がさらに、助産師の試験に合格して助産師さんになれます。 

 

一番の違いは出産時

助産院でも色々な機材が導入されていますので、検診などは病院とは変わりません。

 

しかし一番違うのが出産時です。

 

 

病院の方が広くカバーできますが、そこの選択は人それぞれでしょう。

 

それぞれの特徴をよく分かった上で、納得のできる選択ができるとよいですね。 

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方・ポイントに関する記事

妊娠しても受診しない「未受診妊婦」未受診の場合、ママ・ベビーに増大するリスクとは?

子どもが出来たら、まずは病院で調べてもらって、通院していく…でしょうか?当た...

妊娠したらまずはコレ!病院・産院の種類と特徴のまとめ

誰もが不安を抱える妊娠から出産までを隣で支えてくれるのが産院です。しかし、た...

選び方・ポイントの体験談

助産院のメリットとデメリットについて

私は、助産院で里帰り出産をすることにしました。理由は母の勧めです。 母曰く、病院で産むのは「産んだ...

産婦人科の選び方(入院編)

私の産院では、綺麗で料理も美味しく人気でしたが金額も高額でした。母子同室私の産院では、入院中に同室に...

カラダノートひろば

選び方・ポイントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る