カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 選び方・ポイント >
  5. 迷う?助産院・病院での出産…それぞれの出産のメリットとデメリットを比較!

妊娠・出産

迷う?助産院・病院での出産…それぞれの出産のメリットとデメリットを比較!

「出産をどこでするのか?」という悩みは、妊娠すると必ず選択しなければいけないことのひとつです。 評判のいい産婦人科を選ぶ人もいれば、助産院での出産を選ぶ人もいるでしょう。

  

ここでは、迷ってしまう助産院・病院での出産…それぞれの出産のメリットとデメリットを比較してみました。  

  

助産院と産婦人科の違い

妊娠したら、定期的に妊婦健診通い、最後に出産という一大イベントが待っています。 この流れは助産院でも産婦人科でも同じです。妊婦健診もエコーなどの機材や設備などは、助産院と産婦人科であまり違いはありません。 

 

助産院と産婦人科の決定的な違いは、「医療行為」ができるかどうかです。助産院では「医療行為」ができないため、医療行為の必要性がない安全なお産しかできません。  一方産婦人科では、医師による医療行為が可能ですので、メスを使っての切開、麻酔などの処置ができます。

アットホームな環境の助産院

出産までの流れには、産婦人科と助産院で差異はないものの、出産環境にそれぞれ特徴があります。それぞれの環境でのメリットデメリットを紹介していきます。

 

メリット1.担当が一貫している

助産院では、基本的に妊娠してから分娩するまで、一貫して同じ担当者がつきます。 

そのため、助産師さんと妊婦さんの距離が非常に近くなり、気軽に相談しやすいアットホームな雰囲気になりやすくなります。

 

メリット2.リラックスできる

不安になってしまうことが多い妊娠・出産。アットホームな雰囲気で気軽に相談しやすいのは、出産時のリラックスに繋がります。

 

メリット3.出産の選択肢が広がる

出産は必ずしも分娩台の上とは限りません。産院によっては水中出産などの設備があったり、自宅出産への対応をしてくれたりとさまざまな出産が可能に。こういった出産は、産婦人科ではできませんので、選択肢が広がります。 

  

デメリット1.トラブルやリスクに医療対応ができない

助産院では医療行為ができないため、トラブルが起きた時の対処ができず、病院に搬送される可能性も。また、何かリスクがある場合や発生した場合は、助産院での出産はできません。 

 

デメリット2.助成金が使えないor申請が必要な場合も

また助産院の場合、妊婦定期健診助成のチケットが使えないことがあります。あるいは自治体への申請が必要な場合もありますので、予め調べておくとよいでしょう。 

様々な処置ができる産婦人科

産婦人科は助産院と違い、医療機関のため医療行為が可能です。どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

メリット1.緊急時の対応ができる

何と言っても緊急時の対応が迅速にできることです。 出産時に出血が多ければ、すぐに輸血ができますし、赤ちゃんの状態を考えて帝王切開に切り替えることも容易です。 病院の規模によっては対応できないケースもあり、その場合は大学病院などに搬送されます。

 

メリット2.リスクのある妊婦の受け入れができる

高齢出産・多胎・切迫流産などリスクの多い妊婦さんは、迷わず産婦人科での出産になるでしょう。こちらも病院の規模によって受け入れられるケースが変わります。

  

妊娠した段階でリスクがなくとも、お産は生まれるまで何が起こるか分かりません。その不安をカバーするという意味でも安心です。 

  

デメリット1.担当の先生が変わることも

病院によっては、担当の先生が一貫しないことがデメリットとしてあります。 規模が大きければ大きい病院ほど、在籍する医師の数も多いため、妊婦健診の先生が毎回違うことも。

他にも、不妊治療をしていてそのままその病院で出産となったとき、不妊治療の先生・出産時の先生・生まれてからの先生が異なるといった場合も。

  

デメリット2.出産方法が限定される

産婦人科での出産の多くは、分娩台の上で出産することになります。自分の好きな姿勢やフリースタイルでの出産を望む人にはデメリットに。

産婦人科の中に助産院という新しいカタチの産院

近年では、産婦人科の中に助産院を併設しているところもあります。このような場合ですと、ベースは助産院で何かあればすぐに産婦人科での処置が受けられ、同じ施設内のことなのでスタッフ側もスムーズに連携が取れるでしょう。

妊婦さんにとっても安心感が大きいかもしれませんね。

  

 

【体験談 Pick Up】助産院のメリットとデメリットについて

 

投稿者:さっきゅん@miumiuさん

 

【メリットは?】

・診察時間に余裕があって待ち時間がほぼ無い。

・医療処置が取れ無い代わりに建康的な民間療法に力を入れているところが多い。

・会陰切開(医療処置)できないかわりに、マッサージなどをすることで切らずに産む事ができる。

・助産師はおばちゃんが多く、妊婦としての経験もあり先輩お母さんなので気兼ねなく話を聞く事ができる。(病院は男の先生が多いですよね)

・出産は体力勝負なので、体力をつけるために運動をし、結果安産になりやすく、産後の回復も早い事が多い。

・出産費用が安く抑えられる。

・入院中の食事が美味しいところがある。

・入院中、家族も一緒に入院出来るところもある。

 

【デメリットは?】

・医療処置ができない。(ですが、助産院と提携してる病院があるところが多く、すぐにかけつけられるので安心です)

・運動や体調管理を怠る人には不向き。

・いざという時は病院へ搬送。

・助産院の性格が自分と合わないと嫌な思いをするかも?

 

いかがでしたか? 私がお世話になる助産院の先生は、サバサバしたおばちゃんで、少し体育会系?でした。 臨月になると2〜3日ごとに無料で診察をしてくれて、毎朝9時から他の臨月ママさんたちと散歩をしたり運動をしたりと交流する事ができるそうです。 また、出産一時金の42万円でおつりがくる安さで出産する事ができ、入院は家族ともできるみたいです。出産から1ヶ月の間は相談や指導を無料で行ってくれます。 年末年始も休まず診てくれるので、年始に産まれそうな私にはとても有難いです。 まだ6ヶ月ですが、今から里帰りするのが楽しみです。 (一部抜粋)

 

産院選びは自分に合った産院を

助産院、産婦人科にかかわらず、出産する産院を選ぶにあたり、自分に合った出産ができるかどうかは、産院へ直接確認してみるのが一番です。そして「トラブルが起こったときにどうするのか?」 「助産院や小規模産婦人科なら、どこの病院と提携しているのか?」など、不安材料もなくしておくことにこしたことはありません。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方・ポイントに関する記事

妊娠しても受診しない「未受診妊婦」。ママ・ベビーに増大するリスクとは?

「生理が来ない、もしかしたら妊娠しているかも?」と、気づくとまずは病院で調べても...

どこで産む?産院選び~産婦人科専門の個人医院の場合~

産婦人科クリニックや個人医院などの小規模な産院。これらは、総合病院など大きい病院...

産婦人科・産院の体験談

助産院のメリットとデメリットについて

私は、助産院で里帰り出産をすることにしました。理由は母の勧めです。 母曰く、病院で産むのは「産んだ...

産婦人科での検診が苦痛(:_;)

子どもを妊娠したら、定期的に検診が必要ですが、私はその検診での内診が苦痛でたまりませんでした。 羞...

カラダノートひろば

選び方・ポイントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る