カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 弱視 >
  6. 目は使わないと発達していかない!弱視を起こさないためには○○が重要!!

育児・子供の病気

目は使わないと発達していかない!弱視を起こさないためには○○が重要!!

baby-204185_960_720.jpg

子どもの成長の節目で3歳児検診などに行くと思います。

そうした検診は本当に大切で、時に親御さんが想像もしなかった子どもの状態が見つかることがあります。

時に親御さんが気づかなかった目の異常が見つかることもあります。

 

 

使うことで発達していく目

お腹の中で目ができても、生まれたばかりの赤ちゃんは目が見えるようになっているわけではありません。

 

眼球が大きくなっていくことで、ピントが合っていき、正しく映し出される映像と、それがきちんと脳に伝わることが必要です。

目で見るという行為そのものが、見ることを成長させていくのです。

 

子どもが弱視になってしまうのは、この視覚が発達していく段階で、正しい刺激をもらえないことで起こります。

弱視になってしまうと眼鏡などで視力を矯正してピントがあっても、脳までの回路が発達していないので「見る」ことができません。

 

 

弱視を起こさないためにできること

弱視にならないためには、視力が発達していくときに治療・対処をしてあげる必要があります。具体的に何ができるのでしょうか?

 

 

 

眼鏡などで視力矯正

遠視や乱視は近くのものも遠くのものも、ピントが合わず正しく光の刺激が入ってきません。そのため放っておくと弱視になる可能性があります。

そのためできるだけ早い段階で、眼鏡などで視力を矯正してあげるのがよいです。

 

 

 

アイパッチ

片方だけが極端に視力に問題がある場合、見えない方の視力が発達していかず弱視が生じることがあります。

そのため、良い方の目を隠して悪い方の目を強制的に使わせるといった、アイパッチ訓練をすることがあります。

 

 

 

治療

白内障や眼瞼下垂など、そもそも病気が視力発達の障害になることもあります。

その場合にはできるだけ早く原因となっている病気を治療する必要があります。

 

視力の発達を促すことをしていくのが、弱視予防には必要なのですね。

ただ、視力が上がったとしても安定するまでには継続していく必要があるかもしれません。

 

 

10歳まであきらめない

子どもの視力は、生後1ヶ月から上昇しはじめ、36ヶ月頃急上昇し、1歳半ごろにピークになると言います。

乳幼児期から幼児期にかけて一気に発達していくのです。

そこから成長のスピードは下降していき、8歳ごろには消失すると言われています。

 

そのため34歳までには目の状態を発見し、治療を受け続けることが求められます。

また、8歳ごろには発達は終わると書きましたが、実際には10歳ごろまで視力が伸びていくケースもあるそうです。

 

成長は子どもによって差がありますので、年齢だけでボーダーラインを決め過ぎず、諦めないで治療を続けていくことが必要ですね。

 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

弱視に関する記事

病気じゃなくても起こることがある!?○○な症状は弱視の可能性が…

生まれてきた赤ちゃんにはいろいろなものを見て育っていってもらいたいですよね。...

子どもの弱視を予防する!

弱視は目がよく見えない、視野が狭い状態を指しています。弱視には視性刺激遮断弱...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

弱視の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る