カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 色覚異常(色盲、色弱) >
  6. この色の違いはっきりと分かりますか?色覚異常があると、こんな色の組み合わせが苦手です

育児・子供の病気

この色の違いはっきりと分かりますか?色覚異常があると、こんな色の組み合わせが苦手です

apples-894758_960_720.jpg

世界は様々な色にあふれていますが、それが昔の写真のようにモノクロに見えたらどうでしょうか?

これは極端な例ですが、色覚異常は色の感じ方が正常とは異なる病気です。

 

 

男の子の5%「色覚異常」

周りに色覚異常の知り合いはいませんか?

生まれながらの色覚異常というのは、そう珍しいものでもありません。

 

男性であれば5%はこの色覚異常を持っていると言われ、多くの方が特に問題なく暮らしています。

途中から何かの病気によって色覚異常が生じれば、「見え方が変わった」と認識できます。

しかし、最初から変わった見え方を持っていれば、自分でそれに気づくことは困難です。

そのため、検査で指摘されてはじめて色覚異常が見つかるケースもあります。

 

 

赤と緑の見分けがつきますか?色覚異常の症状

色覚異常は、重症になると冒頭のモノクロの視覚になることがあります。

ですが多くは日常生活に支障のない程度で、特定の色に対する識別能力の低下が見られます。具体的にはどんな症状なのでしょうか?

 

 

 

こんな色の組み合わせが苦手

色覚異常があると以下のような色の組み合わせで、間違えやすくなります。

 

 

 

●  と緑

 

●  オレンジと黄緑

●  と緑

●  と紫

● ピンクと白・灰色

● と灰色・黒

●  と黒

●  ピンクと青

 

 

 

色覚に異常があればすべてを間違えるというわけではありません。

この中のひとつだけ識別できないという人もいれば、その人の状態(疲れているなど)によっても間違え方は変わってきます。

 

 

 

こんなときに色覚異常が起こりやすい

特に色覚異常が起こりやすい条件があります。

 

対象が小さい

対象の彩度が低い

輪郭や境界線がなく、色の違いのみで識別する場合

照明が暗い

短時間で識別しなければならない場合

疲れていて判断力が低下している場合

先入観のある場合

 

 

違和感があれば眼科や小児科に行ってみるのも

以前は小学校の段階で色覚の検査を行っていました。

しかしこれが差別などを生むという理由から、2003年に廃止になっています。

もし親御さんがお子さんと接する中で、「色の識別ができていない…?」と感じた場合には、一度眼科や小児科などに行ってみるのも良いと思います。

 

 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

色覚異常(色盲、色弱)に関する記事

男の子の20人に1人に起こる「色覚異常」!症状・原因など気になる疑問まとめ

あなたが見ている「赤色」は本当に他の人にとっても同じ赤色でしょうか? もし...

進学が不利?理系はダメ?就けない職業がある?色覚異常だから気になる進路

「お子さんは色覚異常ですね」と言われたら、ショックでしょうか? 不安でしょ...

病気と症状の体験談

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

初めての風邪…対応と薬について

第二子の息子の経験について書きたいと思います。 上の子は3歳の女の子で保育園に通っていました。 ...

カラダノートひろば

色覚異常(色盲、色弱)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る