カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 白色瞳孔 >
  6. 目のガンかも…写真に撮った子どもの目が白く見えたら、すぐに眼科へ!

育児・子供の病気

目のガンかも…写真に撮った子どもの目が白く見えたら、すぐに眼科へ!

selfie-931908_960_720.jpg

お子さんの黒目の部分は白くないですか?

黒目が白いと言うと、白内障を想像する人が多いでしょう。しかし白内障でなくても、黒目の部分が白く見えることがあります。

 

 

写真に写った目が白い…!?

フラッシュをたいて写真を撮ると、黒目が赤く写ることがありますよね。

 

目に入ってくる光の量の調整は黒目の周りの部分である虹彩が担っています。

フラッシュをたくと光の速さの方が虹彩の動きに勝り、虹彩が閉じる時間がありません。

そのため、光が直接網膜に届き、その網膜の状態が写真に写ります。

 

 

網膜は血管の多い場所なので、健康であれば赤く写ります。

 

これに対して同じ原理で写ったときに、網膜が白っぽく写ることがあります。この状態は「白色瞳孔」と言い、目に異常が起きているということになります。

 

  

黒目の部分が白、あるいは黄色っぽく写って見えますか?

もし写真に白色瞳孔が写ったなら、それは「写り込むほどに大きな症状」と考えましょう。

決して写らないから病変がないということではありません。 

 

白色瞳孔が起こっているときに疑われる病気

ではこの白色瞳孔が見られた場合、それを引き起こしている原因としてどんな病気が考えられるのでしょうか。

 

  

・網膜芽細胞腫

よく知られているのはこれで、乳幼児の目に起こる悪性の腫瘍です。

 

腫瘍によって瞳孔が白く見える、あるいは剥離した網膜が白っぽく見えています。

経過観察になることもありますが、目以外への転移が見つかった場合には放射線療法、化学療法などが必要で、場合によっては眼球摘出になることもあります。

 

1歳半~2歳ごろまでに見つかることが多いそうです。

 

  

・未熟児網膜症

予定日よりも早く産まれた赤ちゃんは、お腹の中での目の形成が不十分で、網膜の血管が途中までしか伸びてないことがあります。

自然に治ることもありますが、程度によっては網膜剥離を起こしレーザー治療などが必要になることもあります。

 

  

・第一次硝子体形成遺残

眼球中の硝子体という組織と、それに含まれる血管が発達によって消えずに残ってしまうことです。

状態によって手術が必要になることもありますが、手術を行っても視覚機能の向上が望めないこともあります。

一般的には片目だけに起こる病気なので、手術を行わないと言う選択もあるようです。

 

  

・コーツ病

特殊な網膜剥離を起こす病気です。

男児に多く、片目だけに発生することが多いです。レーザー治療や手術など、症状に合わせた治療が行われます。

 

  

・眼内炎

目の中で起こる感染症です。原因菌を特定し、それに応じて眼内注射や点滴、経口薬で対処します。 

 

最悪の場合は眼球摘出

網膜芽細胞腫は平たく言えば目のがんです。

上記にもありますが、場合によっては眼球摘出をする場合もありますし、転移していれば命にもかかわります。

同時に斜視などの症状にも注意しましょう。

眼科分野のチェックは集団の検診ではほとんどありません。

親御さんが気づいてあげるかあげないかによって左右されるところなのです。

 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

白色瞳孔に関する記事

我が子の可愛い写真を見たら…あれ片目が白くない?それって白色瞳孔かも…

今のママ・パパはお子さんの写真をたくさん撮るのではないでしょうか? さて、...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

白色瞳孔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る