カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. ファロー四徴症 >
  6. 心臓の奇形が4つ同時に…ファロー四徴症の治療法とは?

育児・子供の病気

心臓の奇形が4つ同時に…ファロー四徴症の治療法とは?

hands-918774_960_720.jpg

あまり聞きなれない病気に「ファロー四徴症(しちょうしょう)」という病気があります。

心臓の疾患で、先天性の心疾患では5%を占めるとされています。

 

 

ファロー四徴症とは?

この病気は以下の4つを特徴とします。

 

・心室の壁に大きな穴があいている(心室中隔欠損)

・右心室の出口から肺動脈が細い(右心室流出路狭窄)

・大動脈が心室の壁に乗っている(大動脈騎乗)

・右心室の壁が厚い(右心室肥大)

 

これによって酸素の少ない血(静脈血)が体に回るようになってしまいます。

その結果、チアノーゼが起こります。

これと併せて心臓の雑音などが確認され、出生後早い段階で診断されることが多い病気です。

 

 

治療はどのように?

ファロー四徴症の治療はいくつかあります。

 

 

 

チアノーゼに投薬治療

起こっているチアノーゼを緩和するため、「プロスタグランディンE1」を投与します。

これによって動脈冠を広げ、動脈血を送ることができ一時的ですがチアノーゼが落ち着きます。

 

 

 

心臓の負担を和らげるβ遮断薬

右心室の壁が厚くなり、心臓から肺への血管が狭くなっているというのは、心臓に負担がかかっているということです。

この薬は不整脈や心不全に使われる薬で、心拍数を減らして心臓への負担を減らしてくれます。

 

 

 

対策的治療の姑息手術

ファロー四徴症を治療するのに不可欠な治療です。

この手術は人工血管を用いて肺血流を増加させ、チアノーゼの改善、そして肺動脈・心室の発育を促します。

 

 

 

根治手術

ファロー四徴症の根治には、人工心肺装置を用いて行います。

これによって心臓の動きを止め、心臓の穴があいてしまっている場所を閉じ、狭窄している血管を広げるという手術を行います。

 

最終的な目標はやはり根治手術ですが、生まれてすぐにこの手術を行うということではありません。

根治手術の対象年齢は、はやくて1歳前後とされています。

 

成長するまで待ってから治療

生まれた時からこうした心臓の状態を持って生まれてくるわけですから、本当ならばすぐにでも根本治療をしたいところです。

それでも早くて1歳前後まで根本治療はできませんから、薬物治療などによって、暫定的に体の状態をよい状態にキープしていくのです。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ファロー四徴症に関する記事

肌が紫色に!?気をつけたい乳幼児の「ファロー四徴症」の症状とは?

「ファロー四徴症(ファローしちょうしょう)」とは、皮膚や粘膜が紫色になる「チ...

心臓の血管があっても、手術で健康な体になれる?その後の病気の発症は?キニナル!

子どもを育てたことがある人は、チアノーゼの危険について医師から言われたことが...

病気と症状の体験談

いきなりのじんましん!原因は!?

授乳後にじんましん、もしかして、アレルギー!? 次男の授乳後に足にできている無数のじんましんを...

あかちゃんの顔の赤み、腫れの正体

息子は5ヶ月頃から、目の上や顔に赤い虫刺され跡のようなものがプクッといくつかでるようになりました。 ...

カラダノートひろば

ファロー四徴症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る