カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. ファロー四徴症 >
  6. 心臓の血管があっても、手術で健康な体になれる?その後の病気の発症は?キニナル!

育児・子供の病気

心臓の血管があっても、手術で健康な体になれる?その後の病気の発症は?キニナル!

sleeping-888538_960_720.jpg

子どもを育てたことがある人は、チアノーゼの危険について医師から言われたことがあると思います。

これは重篤な病気によってチアノーゼが起こる可能性があるためというのが、ひとつあります。

 

 

心臓に4つの症状「ファロー四徴症」

先天的な病気にファロー四徴症という病気があります。

「四」徴症というだけあって、心臓における4つの状態を特徴とする病気です。

 

血液の流れが正常にいかないことによって、体の酸素濃度が悪くなり、チアノーゼが出ることを特徴とします。

 

大体の場合で12ヶ月頃になってきて、泣くとチアノーゼが出ると言った症状が目立ってきます。

心臓の状態によってその程度も様々で、チアノーゼがひどくなって状態が急変する場合もあります。

 

 

手術で治るの?健康な体になれるの?

先天的な病気であるため、これを予防することは難しいです。

そのため、いかに治すか、いかに回復するかというところが気になるところだと思います。

 

 

 

根本治療は1歳前後でできる

先天性の病気ですが、根本的に治す手術ができます。

ただ、体が大きくならなければ手術の負担に耐えられず、目安は1歳前後とされています。

根本治療ができる年齢になるまでは、見られている症状を緩和する治療などが行われます。

 

 

 

手術の後は元気?

手術を受ければチアノーゼはなくなります。

ほとんどの子どもで日常生活に制限なく過ごすことができます。

学校生活も運動も健康な子どもと変わりません。

 

ただ、中程度以上の症状を元々持っていた場合には、運動の制限がかかる可能性があります。

その部分は担当医の話をしっかり聞いておきましょう。

 

 

 

何か病気が出てくることはある?

手術をした後、小児の時期にはまだ症状がなくても、成長していくにしたがって、成人になった後などに問題が出てくることがあります。

具体的には以下のような症状が出てくることがあります。

 

・不整脈

・右心室(肺に血液を送る部屋)が弱ってくる

・肺動脈狭窄の残存

・肺動脈弁逆流

 

その場合には大人になった後でも再び手術を受ける必要が出てくるかもしれません。

 

 

定期的な経過観察が必要

成人になってからも問題が起こる可能性がありますから、手術を受けた後から定期的な経過観察が必要です。

これによって何か問題が起こっても早期に発見ができ、それに対して予防措置をとることができます。

 

 

長い目で付き合ってあげる

術後の予後は良好ですが、成人になってから症状が出ることがあり、その点は長期的な視点が必要です。

成人期には就職や結婚といった、節目もあります。

そうしたときには必ずあらかじめ、医師に話をしておき、検査をしっかりしてもらうのがよいかもしれませんね。

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ファロー四徴症に関する記事

心臓の奇形が4つ同時に…ファロー四徴症の治療法とは?

あまり聞きなれない病気に「ファロー四徴症(しちょうしょう)」という病気があり...

肌が紫色に!?気をつけたい乳幼児の「ファロー四徴症」の症状とは?

「ファロー四徴症(ファローしちょうしょう)」とは、皮膚や粘膜が紫色になる「チ...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

ファロー四徴症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る