カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 大動脈縮窄症 >
  6. 根本治療は手術…それまでは薬で対処療法!大動脈縮窄症の治療の流れ

育児・子供の病気

根本治療は手術…それまでは薬で対処療法!大動脈縮窄症の治療の流れ

baby-923480_960_720%20(1).jpg

心臓や心臓に接続している大きい血管の奇形をもって生まれてくることがあります。

心臓というとすぐに命に直結する一大事のように感じますね。

 

 

大動脈が狭くなる

心臓から出る血管のひとつ、大動脈は酸素タップリの血液を全身に送る、非常に大事な血管です。

その血管に起こる奇形の中で多いのが、「大動脈縮窄症」です。

 

大動脈は心臓を出ると、まず頭側に向かって出てから弓を描くように曲がります。

ここで枝分かれして頭や両腕に流れる血液と、下半身に向かって流れる血液に分かれます。

大動脈狭窄症はこの弓状にまがった先が狭くなる先天性の病気で、これによって様々な症状が見られます。

 

 

ショック状態も…根本治療は「手術」

狭くなっている部分を治すには手術によって治療するしかありません。

手術を行うのは、無症状ならば3歳前後、遅くとも5歳頃までには行う必要があります。

 

もちろん、3歳よりももっと早くに症状が出ることもあります。生まれたばかりのときには、大動脈の血流が悪くても、肺動脈から動脈管を通って血液を流すことができています。

 

しかしこの動脈管という場所は生まれて数日で自然に閉じられてしまいます。

そのため、その後全身への血液供給が足りなくなり、ショック状態になったりして命の危険にさらされることがあります。

 

もしショック状態に至らなくても、ミルクの飲みが悪かったり、体重の増えが悪かったりといった症状で気づかれることがあります。

これらの症状がなくても、心雑音や高血圧によって気づかれます。

 

 

薬でできる対処療法

症状が出たらまずは、内科的治療でその状態を改善させる必要があります。

 

具体的には利尿薬やプロスタグラジンの投与を行います。

 

利尿薬は文字通り、排尿を促進する薬です。

これによって体の中に循環している血液の量を減らし、心臓に戻ってくる血液や送り出す血液の量を減らします。

これによって心臓の負担を減らしてあげるのです。

 

心臓は高血圧などの負担のかかった状態では、心不全を引き起こす可能性があります。

それを回避する目的で利尿薬を服用します。

 

プロスタグラジンは血管を拡張する機能があります。

これによって血流を促進し、心臓の負担を減らしてあげられます。

 

 

そしてできるだけ早期に手術

これらの対処療法をしながら、手術のタイミングを図ります。

症状があれば3歳と言わずできるだけ早期に手術をして、奇形を解消する必要があります。

いずれにしても発見されたら、きちんと手術に向けての準備をしていく必要がありそうです。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

大動脈縮窄症に関する記事

先天性心疾患のひとつ、大動脈縮窄症とは?主な症状、合併症があることも…

生まれてくる赤ちゃんの中には、生まれつき心臓の異常を抱えて生まれてくる赤ちゃ...

全身に血液を送りづらい「大動脈縮窄症」…手術、そして術後の再発などの可能性

血管が細くなっているというのは、どう考えたって体にいいわけありませんね。 ...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

大動脈縮窄症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る