カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 両大血管右室起始 >
  6. 先天性の異常…血管が正しいところから出ていない!両大血管右室起始の治療法

育児・子供の病気

先天性の異常…血管が正しいところから出ていない!両大血管右室起始の治療法

biberon-784486_960_720.jpg

心臓は4つの部屋があり、それぞれの部屋に必要な血管がくっついています。しかし時に、間違った部屋に違う血管がくっついてしまうことがあります。

それが両大血管右室起始です。

 

 

両大血管右室起始とは?

心臓の部屋のうち、下の2つを「右心室」「左心室」と言います。

それぞれ「肺に血液を送る場所」と、「全身に血液を送る場所」です。

 

肺に血液を送るために右心室には「肺動脈」という太い血管が、全身に血液を送るために「大動脈」という太い血管がそれぞれついています。

 

 

 

両大血管右室起始というのは、この部分に問題が起こる心臓の奇形です。

 

両大血管というのは、肺動脈と大動脈の2つのことで、右室というのは右心室のことですね。

 

この病気では、2つの太い血管のうち、1つが完全に右心室から出ています。

そしてもうひとつの血管も半分以上が右心室から出てしまっています。

起始というのは、その部屋から血管が始まっているということです。

 

この病気では、心室中隔欠損を伴って見られます。

これは右心室と左心室を隔てる壁に穴があいている心臓の奇形です。

 

 

病型によって治療は異なります

・内科的治療

心臓の状態が悪いことで、チアノーゼや心不全などの症状が起こります。

根本的に治すには手術を受ける必要がありますが、対処的には、見られている症状を改善するために内科的治療を行います。

大きく分けると、

・心不全に対する治療

・チアノーゼに対する治療

 をすることになります。

どちらを優先するかは奇形の状態によります。

血管を拡張したり、循環血液の量を減らしたりできる薬剤などを用います。

 

 

 

・外科的治療

こちらも病型によって行う手術は異なります。

 

・左心室の血液を大動脈に流れるようにトンネルをつくる手術

・右心室と肺動脈に人工血管をつなぐ手術

などがあります。

場合によっては根本的に治療する手術の前に、準備段階としての手術を行うこともあり、小さいときに複数回手術を受けることもあります。

 

 

気になる予後は…

どんな奇形が起こっていたか、合併症の具合はどうかによっても予後は大きく違ってきます。

またどんな手術を選択したかによっても変わってきます。

 

ただ、この病気自体比較的重度のものであり、術後に他の問題が発生しやすいところもあります。

そのため手術をしたからといって、完璧に治るというようなことは言えません。

 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

両大血管右室起始の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る