カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 染色体異常 >
  5. 出生前診断でトリプルX症候群と診断された…すぐに堕ろすべき?よく考えて!

育児

出生前診断でトリプルX症候群と診断された…すぐに堕ろすべき?よく考えて!

pregnant-woman-1024884_960_720.jpg

今出生前診断というものがありますよね。染色体の異常の有無を確認するもので、やったことがあるという人もいるのではないでしょうか?

 

XXX症候群はどんな異常?

染色体の異常は出生前診断によって知ることができます。そのときに「XXX症候群」と診断されたらどうしましょう?

 

そもそもXXX(トリプルX)症候群というのは、女児に起こる染色体異常です。

本来XXの形であるべき性染色体が、何かの原因でXXXのような形になってしまうのです。

 

性染色体に異常が出るといっても、女性的な成長には問題は出ません。体も女性的になりますし、妊娠出産にも支障がないとされています。

ただ、精神的な成長の面で多少の遅れが生じることが多いようです。

そうは言っても個性の差で済むことが多く、大半は特に問題なく成長して行けます。

 

出生前に診断されたら…どうするべき?

さて、この病気が出生前に診断されたら、どう判断するべきでしょうか?

 

実際出生前にXXX症候群と診断された場合、実際に中絶の判断をする方もいます。もちろん染色体異常には色々な病気があり、中には多くの合併症を抱えて育てていくのに、健康なこどもよりも手のかかる場合もあります。ただ、この病気の場合にはどうなのでしょう?

 

 

 

まずは正しく病気を知りましょう

多くの場合でXXX症候群の女性は、普通の女性と変わらずに生活しています。

 

発達の遅れがみられるといっても、それは小さい頃の関わり方である程度改善することができます。

場合によっては誰も気づかないままに成長して行き、結婚出産する方もいます。

 

子育てで言えば、自立して家族に大きな負担をかけることもほとんどありません。

また、留守番や外出、通学など基本的なことはきちんとでるケースがほとんどです。

 

 

ただ、中には重い症状が出る場合も…

異常の程度が低ければ出生前診断で見落とされることもあります。逆に異常率が高ければしっかりとXXX症候群と判断されます。

その程度によって見られる症状も変わってきます。

 

内臓の奇形が生じることもありますし、筋力低下が起こった例もあると言います。奇形の生じる内臓によっては、より深刻な状態になることもあるでしょう。

ただ、これは非常にまれな例であり、ほとんどのXXX症候群の方は、健康な女児とほとんど遜色なく育っていきます。

 

 

慌てて中絶する必要はない

中絶の考え方は人それぞれでしょう。信仰する宗教によっても違いますし、個々の考え方はそれぞれであってしかるべきです。

ただ、XXX症候群と診断されたことで「障害を持った子は育てられない」と判断するのは早計でしょう。

染色体異常という言葉に焦って、すぐに中絶を選ぶよりは、正しい情報を吟味するべきと言えます。

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

染色体異常に関する記事

気を付けなければならないダウン症の合併症

ダウン症の子の多くは合併症に注意しなければなりません。どんな合併症があるかを見...

男だけがかかる染色体異常!XYY症候群の症状とは?高身長、多動…

男児だけに起こる染色体異常があります。XYY症候群、YY症候群、スーパー男性...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

染色体異常の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る