カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 代謝異常・栄養障害 >
  5. 小児糖尿病 >
  6. 子どもが小児糖尿病なら…親が気をつけたい・やってあげたいこと

育児・子供の病気

子どもが小児糖尿病なら…親が気をつけたい・やってあげたいこと

  love-746678_960_720.jpg

糖尿病は1型と2型があります。

おそらく糖尿病と言って多くの人がイメージするのが2型で、1型糖尿病のことを知らない人もいるのではないでしょうか?

 

 

小児糖尿病ってなんだ?

おそらく小児糖尿病といったときに、イコールで結ばれるのは1型糖尿病でしょう。

 

2型糖尿病は生活習慣の積み重ねによって、糖を処理するインスリンの効きが悪くなります。

一方、1型糖尿病は先天性の病気で、そもそもインスリンの分泌がないことで起こります。

 

 

子どもが小児糖尿病と診断された…そのとき

子どもは当然糖尿病を自覚することはできません。そのため親が色々な働きかけをしていってあげる必要があります。

では、具体的にはどんな<働きかけ>をするべきなのでしょうか?

 

 

 

・親の悲観を「無意識のうちに」押しつけない

子どもが小児糖尿病になったら「かわいそう」でしょうか?「うちの子はなんて不幸な子なんだ」と思うでしょうか?

 

実際子どもは自分の食事、インスリン注射について理解できません。ですから、大変なのは保護者の方です。

そのため案外子どもの方は、親の感じるような「大変さ」を感じていないようです。

親は他の子どもと比べますが、子どもはそんな他の子の世界は知りませんからね。

 

そのため親や周りの大人が思う「かわいそう」を、子どもに無意識に伝播させないことが大切です。

さらに過保護や過干渉になることも避けるべきでしょう。

 

 

 

・低血糖の感覚を早くに覚えさせる

低血糖はすぐに命に関わります。そして小学校低学年くらいではまだ、低血糖でおこる体の不調を「低血糖」として自覚できません。

しかしやはり、「体が変な感じ・調子が悪い」自覚があるようです。

そのため、そんな症状が見てとれたときには、親から「今低血糖だね」と言葉にして、ぶどう糖などをあげましょう。

 

ちなみに子どもは高血糖のときでも空腹を訴えることがあります。

そのため、子どもの不調を感じたらまずは血糖値を測定するとよいですね。

 

 

 

・高い血糖値にがっかりしない

 

親が血糖コントロールをしていて、血糖値が高ければ親の方はガクッときてしまいますよね。

しかしそれを見ているお子さんは何を感じるでしょうか?「自分のせい?」「自分がママパパをがっかりさせている?

 

そこである程度成長したお子さんがする可能性があるのが、血糖の測定値を誤魔化してしまうということです。

数値は高くても低くてもどちらでも、正しく知ることに意味があるのです。

数値はある意味で治療成績ですが、それを誤魔化せばその反動をもらうのは患者の方です。体の状態に即した治療もできなくなります。

 

こうした数値測定の意味を理解させ、数値測定の時の親のリアクションも慎重になった方がよいでしょう。

 

血糖測定の意味を小さい頃から十分に教えてあげることで、反抗期で親の言うことを聞かなくなったときも、ある程度安心できます。

 

 

多く関わるべき、でもやりすぎは×

我が子が糖尿病を持っていたら、親はその管理のために多く関わらなければいけません。

しかし、いくら健康管理のためだからといっても、立ち入りすぎはNGです。

親のほうには「病気だから」という大義名分があるでしょうが、その正論が余計に子どもには負担になります。

精神的な成長の部分は、見守るスタンスでいられるとよいですね。

 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

小児糖尿病に関する記事

子どもが糖尿病に…小児糖尿病の原因・対処法って?血糖コントロールが難しい!

1型糖尿病は、昔は若年性糖尿病などと呼ばれていたこともありました。確かに1型...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

小児糖尿病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る