カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 代謝異常・栄養障害 >
  5. 小児糖尿病 >
  6. 子どもが糖尿病に…小児糖尿病の原因・対処法って?血糖コントロールが難しい!

育児・子供の病気

子どもが糖尿病に…小児糖尿病の原因・対処法って?血糖コントロールが難しい!

3c00936cf4b40e27e8c44c8cf121c0a3_s.jpg

1型糖尿病は、昔は若年性糖尿病などと呼ばれていたこともありました。確かに1型糖尿病は小児期に起こることが多い、自己免疫疾患です。

ただ一方で年齢を重ねてから、1型糖尿病を発症する例もあります。

では、子どもが1型糖尿病になった場合、親ができることとはなんでしょうか?

 

1型糖尿病とは?

1型糖尿病は自己免疫疾患と書きました。

ウイルスなどから体を守る免疫機能が、間違って自分の体を攻撃してしまうのです。

攻撃の対象になるのは膵臓のβ細胞です。

自己免疫によってβ細胞が壊され、血糖値を安定させるインスリンの分泌がなくなってしまいます。

 

今のところ根本的な治療法はないとされており、治療の選択肢としては肝臓移植かインスリン注射となります。

 

1型糖尿病で直面するこんな疑問

子どもが1型糖尿病と診断されて、インスリン注射などで治療を続けていくと、色々な疑問や問題にぶつかっていきます。

親御さんはどんなことにぶつかっていくでしょうか?

 

 

血糖コントロールがうまくいかない…

1型糖尿病の子であっても、血糖コントロールの良い子と悪い子がいます。

その違いは色々とあると思いますが、一つは「病気を受容できていないこと」があるでしょう。

自分が病気であることを認めさせる、病気を受け入れるように持って行くことが必要です。

そのためには親御さんが病気に悲観的にならず、正しく病気を把握させることが大切ですね。

 

 

インスリンの使用量が最近増えた…

インスリンの使用量が増えてきたとなると、糖尿病が悪化していると思えるかもしれません。

 

そもそもインスリンはぶどう糖の処理と共に、体が成長していくのにも必要です。

子どもはこれから成長してくために、たくさんのインスリンが必要なのです。

ですから、子どものインスリン使用量増えるのは、病気の悪化と必ずしもイコールにはなりません。

 

 

お誕生日会、ケーキでお祝いできない?

パーティなどのお祝い事のときに、ケーキでお祝いすることがありますよね。

 

糖尿病というと糖の多い物は食べられないイメージでしょうが、そんなことはありません。

もちろん糖の多い物を食べればそれだけ血糖値が上がりますが、分かっているならそれに対策すればいいだけの話です。

要するに速効型や超速効型のインスリンを多めに打つなどの工夫があればいいのです。

 

逆に糖尿病だからと言って「あれもこれも食べちゃダメ」と制限をすることはよくありません。

そうした抑制は後に反動になって、思春期以降に摂食障害となって起こることがあります。

そのため食べ物に合わせた柔軟な対応ができるとよいです。もちろん医師に相談しながら行って下さい。

 

 

血糖値の変動が激しい!

子どもは大人よりも体が小さく、筋肉が少ないです。

のため食事や運動によって血糖が左右されやすい特徴があります。

その場合にはより細かい単位でインスリンの量を調節することもできますので、医師に相談するとよいでしょう。

 

疑問は医師にどんどんぶつけて!

親御さんだっていきなり糖尿病を扱うと言われても、そううまくいかないでしょう。

親だからといって、何でも最初から全部できなくてよいのです。

それに糖尿病といっても、それぞれの生活スタイルやケースもあります。

疑問を抱えたときに、子どもに一番合った回答を得るためには、やはり医師に聞いてみるのがよいでしょう。

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

小児糖尿病に関する記事

子どもが小児糖尿病なら…親が気をつけたい・やってあげたいこと

   糖尿病は1型と2型があります。 おそらく糖尿病と言って多くの人がイメー...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

小児糖尿病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る