カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 「手のひらに赤み」は慢性肝炎の可能性も・・・肝臓の病気のいろいろ症状、原因など

気になる病気・症状

「手のひらに赤み」は慢性肝炎の可能性も・・・肝臓の病気のいろいろ症状、原因など

hand-663725_640.jpg

肝臓に炎症などの症状がある場合、「ビリルビン」が処理できず黄疸などの皮膚が黄色くなる症状が現われる、というイメージがありますが、これ以外にも「手の平が赤くなる(手掌紅班:しゅしょうこうはん)」という症状が付随する場合があります。

 

手掌紅班は、自己免疫疾患・感染症・代謝性疾患やその他妊娠によって血管が拡張することで生じる場合があるため、必ずしも肝臓病のサインになるとは言えませんが、定期健診を長年受けていない場合に手掌紅班が生じた場合には、念のため早期に受診することが必要といえます。

 

手掌紅斑とは?

手掌紅斑とは、手のひらの中でも、母指球(親指の付け根の膨らみ)や子指球(小指の付け根の膨らみ)などに斑状の赤紫が見られる状態を言います。肝硬変・慢性肝炎などの肝障害で見られる可能性が高いと言われています。

 

問題が無い「手の赤み」との判別方法

手掌紅斑は、強い赤の斑点状のものが親指・小指の付け根のふくらみに見られ、相対的に手掌の中心が白くなるというのが特徴です。手掌全体が赤くなる状態は、肝障害によるものではないとされています。これらの見分け方としては、紅班部分と周辺部分との色調のコントラストを見ることが重要になります。

 

肝障害で手の赤みはなぜ生じる?

手掌紅斑の原因は、女性ホルモンの過剰によって血流が大きく増加し、特に毛細血管の集まっている部位が炎症を起こすことが原因です。肝臓は本来エストロゲンの分解を行っているため、この処理機能が低下することで女性ホルモンが増加するものと考えられています。

 

また、同じ理由で、「成熟女性・妊娠中」などでも手掌紅斑が現われる場合があり、この状態で肝機能障害かどうかを判別することは困難とされています。

 

手掌紅斑が生じるその他の疾患

・アルコール多飲

・ウイルス性肝炎

・慢性関節リウマチ

・慢性多発性関節炎

・亜急性細菌性心内膜炎

・白血病

・心拍出量の増加をきたす疾患

・成熟女性

・妊娠中

・小児

など

 

手掌紅斑が疑われた場合は、すぐに受診しよう!

肝障害による手掌紅斑が疑われた場合、以下の検査を行います。

1)血液検査(ALT/AST/γ-GTP)・腹部超音波検査で肝臓の健康状態を把握する。

2)B型・C型肝炎ウイルス感染の血液検査(HBs抗原検査/HCV抗体検査)を行う。

 

このように、手掌紅斑が現われたからと言って必ずしも肝障害の可能性がある、というわけではありませんが、エストロゲン濃度が高い傾向がない方で(更年期以降の女性・男性など)、長年肝機能検査を行っていない場合に兆候が見られたら、注意すべきと言えそうです。

 

肝細胞腺腫という良性腫瘍

肝腫瘍の中には、腫瘍の組織を採取した結果良性と判断されるものもあります。多くは無症状で、腹痛やしこり、食欲不振などの自覚症状が出たり、がん化する可能性がない限り特別治療をするものではありません。

 

肝細胞腺腫という腫瘍

良性の肝腫瘍の中に肝細胞腺腫という腫瘍があります。20代から40代の女性に多く、日本ではまれな疾患です。多くの場合肝腫瘍は肝硬変を伴うことが多いですが、肝細胞腺腫は肝硬変を伴わず、糖尿病を発症している人に多い傾向があると言われています。

 

原因

肝細胞腺腫の原因ははっきりとはわかっていません。他の良性の肝腫瘍と同様に寄生虫が関係しているケースもありますし、胎児のときに母胎内で何らかの異常に接触したケースもあります。ただ特徴的なのは経口避妊薬や性ホルモンの服用をしている女性に多い傾向があることで、経口避妊薬が原因ではないかとされています。

 

症状

初期の頃は無症状で、知らない内に重症化するケースも少なくありません。進行すると腹痛や食欲不振、便秘、発熱、頭痛、倦怠感といった症状が見られ、腹部のしこりが確認できることもあります。

 

経口避妊薬をやめるあるいは…

経口避妊薬によって腺腫が引き起こされている場合、服用をやめることで多くの場合腺腫が消失します。組織を切りとって調べる検査をすることもありますし、超音波やCTなどの画像診断、血液検査がなされることもあります。肝細胞腺腫は良性腫瘍と言ってもがん化する危険性をはらんでいますし、万一腺腫が破裂し出血を起こすと緊急手術が必要になります。そのため、多くは治療が行われます。初期であればエタノールの注入で治りますが、進行している場合は切除手術が必要です。

 

 

良性腫瘍は特段治療が必要ないからと言って肝臓に負担をかけてよいとか、放っておいてよいということではありません。何かのきっかけがん化する可能性を考え数か月ごとの健診で腫瘍の大きさの変化や進行を観察していくことが、必須です。

 

C型肝炎の救世主!副作用少なくウイルスを排除!「ハーボニー」についてまとめ

肝臓がんの主な原因は肝炎ウイルス感染が9割ということをご存知でしょうか。

肝炎ウイルス、特にC型肝炎ウイルスの感染は進行することにより、肝臓がんへ移行することも多く、治療が難しいとされていました。

しかし、2015年9月に特効薬ともいえる新薬「ハーボニー」が発売されました。ハーボニーがどんな薬かまとめました。

 

肝臓がんの原因になる肝炎

肝炎ウイルス(特にC型肝炎)に感染すると慢性肝炎となり、良い状態と悪い状態を繰り返しながら、だんだんと悪化し肝硬変へと進行し、肝臓がんになることもあります。そのため、慢性肝炎にならない、ひいてはウイルスを排除することが重要でした。とはいえ、特効薬となるものは今までありませんでした。

 

C型肝炎の特効薬といえる「ハーボニー」

2015年9月にアメリカで開発されたハーボニーが日本でも認可され、処方できるようになりました。

ハーボニーには2つの抗ウイルス薬が含まれています。2つの抗ウイルス薬を一度に飲むことでウイルスが増殖するために必要な蛋白を阻害し、ウイルスを陰性化、排除することが可能です。

 

157人の治験で100%の効果

ハーボニーの効果や安全性の確認のため治験が行われました。157名のうち、半分の患者は治療経験があり、残り半分の患者は治療経験が無い患者でした。投薬治療をおこなった157名の全てでウイルスが排除されたことが確認されています。

 

治験人数が少ないこと、プラセボ(偽薬)やインターフェロン治療との比較はないものの、治験を行った患者から100%ウイルスが排除されたことは充分な有効性を確認できたともいえます。

 

副作用は一部には見られましたが、重篤なものはなかったいうことで、その点でも安心することができますね。

 

高額ですが保険適用+αで安心

ハーボニーはC型肝炎の効果は非常に高いものですが、値段も非常に高価です。1錠の価格は8万円、治療期間は約3ヶ月のため、その間の費用は単純計算すると、約700万近い出費になります。

 

これでは治療は難しい・・・と思った方も多いと思いますが、ハーボニーは保険適用でかつ日本の場合、国からの補助もあるため、1ヶ月あたりは約1、2万円程度、3ヶ月の場合、約6万円程度でこの薬の治療を受けられるようです。

 

決して安いとはいえませんが、効果がうすい、副作用があまりないということを考えると、むしろ安いのではないでしょうか。

 

新しい薬ゆえにまだ知られていない

ハーボニーは2015年の9月に登場した新しい薬のため、まだ知らない医師もいます。そのため、この記事を読んで、この薬の存在を知ったあなたが、かかりつけ医にこのことを言ったとしても、怪訝な顔をされるかもしれません。

 

一部の薬との飲み合わせに注意

薬には相性の良し悪しがありますが、ハーボニーも例外ではありません。

不整脈の薬と相性が悪く、「アミオダロン(アンカロン)」を服用している場合には、注意が必要です。もし、その薬を服用していている場合には、必ず申告をしましょう。

 

今まで治療が困難な病気も医療の進歩で希望が持てるようになりました。今後も良い薬が開発されることを願ってやみません。

 

肝腫瘍の症状と合併症

■肝腫瘍は、肝臓の細菌感染によって引き起こされる場合がありますが、肝臓に細菌感染が起こると言うこと自体、それ以前に肝臓機能に障害が起こっていることを示しています。

そのため、純粋に肝腫瘍による症状だけでなく、肝臓に障害を与えている何らかの疾患による症状も同時に現れてしまうのです。

また、細菌性肝腫瘍は早急に治療を開始しなければ、敗血症や細菌性ショックなど致命的な合併症が発症してしまいます。

 

■肝腫瘍の症状

肝臓の炎症による、

●発熱

●全身倦怠感

●上腹部痛

●右季肋部痛

が発生し、それに合わせて、肝腫瘍の原因となる肝障害の疾患による症状が発生します。

 

■肝腫瘍の合併症

●敗血症

●細菌性ショック

●播種性血管内凝固症候群

細菌性肝腫瘍の治療が遅れた場合は、これらの合併症が起こり、致命的となる可能性があります。

 

■細菌性肝腫瘍の治療には、細菌に対抗するための抗生剤を用いた薬物治療から始めます。

ですが、細菌感染により肝臓にできた腫瘍の状態によっては、体外に腫瘍の中の膿を出すために、膿瘍穿刺ドレナージなどの処置を用いて体外に膿を誘導する治療が行われます。

肝腫瘍が発生することは、肝臓に障害を与える疾患が生じているということでもあるので、その疾患に対する治療はその疾患に合わせて別に治療を行われることになります。

肝腫瘍によって引き起される敗血症などは致命的な疾患であるため、まず肝腫瘍の治療を行わなければならないのです。

肝腫瘍の症状である上腹部痛などに気づいたら、なるべく早く消化器内科を受診してみましょう。

 

急性と慢性のC型肝炎 無症状でも合併症を引き起こせば死の危険

C型肝炎と言った場合多くは慢性C型肝炎の事を指しますが、C型肝炎には急性C型肝炎と慢性C型肝炎の二つがあります。C型肝炎の感染は主に血液を介して起こり、主な感染経路はC型肝炎ウイルスに感染している人の血液が注射などの媒体によって皮下に入り込むことによってC型肝炎ウイルスに感染します。

 

C急性型肝炎

C型肝炎ウイルスによる急性の肝障害がC型急性肝炎です。C型肝炎ウイルスが血流にのって肝臓に侵入し、そこで急激に増殖することによって、リンパ球などの免疫細胞が肝臓に炎症を引き起こします。現在輸血などの後にC型急性肝炎が起こることは非常にまれですが、1991年以前はよく見られました。肝臓の疾患と言うと、肝臓の機能低下に伴って黄疸や褐色尿が見られるのが典型的な例ですが、こうした症状が見られるのはまれで、血液中の肝逸脱酵素の軽度上昇のみが見られ、自覚症状もない場合が多かったそうです。潜伏期間後に症状があらわれたとしても、他の急性肝炎に比べて症状が軽いのが特徴です。C型急性肝炎は約3割の患者さんではC型肝炎ウイルスは自然に体外に排出され、自然治癒します。一方でC型肝炎ウイルスは遺伝子変異をしやすいウイルスで、人の免疫機能に対抗して変異し、持続感染(慢性化)するケースが多くの患者さんに見られます。

 

C型慢性肝炎

C型肝炎ウイルスに感染することで、肝機能の異常が慢性的に持続するのがC型慢性肝炎です。普通は6ヶ月以上にわたって肝炎が続く場合を慢性肝炎と呼びます。慢性肝炎は急性から移行してくるもので、上記のようにウイルスの変異などによって持続感染し、慢性肝炎になります。慢性肝炎になると自然治癒はまずありません。急性肝炎でも自覚症状はあまり見られないと述べましたが、慢性肝炎でもそれは同じで、場合によっては倦怠感やおう吐などの症状が見られる程度です。慢性肝炎の進行は非常にゆるやかでC型慢性肝炎だけで命を落とすことはありませんが、肝硬変や肝がんなどの病気を併発する可能性は高くなり、合併症と言う点でのリスクがあります。

 

 

C型感染は急性から慢性の移行が主ですが、どちらにせよ症状が見られるのはまれです。その時に症状がなくても数十年後に引き起こる合併症は命に関わります。

 

乳酸菌で退治できる?!非アルコール性肝炎(NASH)の原因「歯周病菌」

近年、アルコール摂取や肝炎ウイルスが原因ではない脂肪肝、『非アルコール性脂肪肝(NASH)』罹患者の増加が問題となっていますが、この原因のひとつに『歯周病菌』が関連していることが明らかになっています。歯周病菌は血液を介して全身循環し、最終的に肝臓に辿り着き、数十年をかけて脂肪肝を肝炎に重症化させる原因となります。しかし、この対策として注目されているものに乳酸菌『ラクトバチルス・ロイテリ菌』があります。臨床試験の結果では、このプロバイオティクスを継続摂取した患者の口腔内歯周病菌の数が約10分の1に減少したという報告があります。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

肝炎と歯周病の関係について

横浜市立大学大学院の中島淳医師によると、歯周病の原因菌のひとつである『ギンギバリス菌』は、歯周ポケット(歯と歯茎の境目)に潜伏し、そこから体内に侵入(血液を介して全身に循環)します。通常、免疫細胞によって、そのほとんどが除去されますが、生存力のあるギンギバリス菌は生き残り、血液の最終処分地である肝臓に到達します。肝臓では脂肪肝の蓄積に加え、様々な要素によって炎症が生じ、数十年かけて慢性肝炎へと進行すると考えられています。

 

<慢性肝炎を生じさせる物質とは?>

歯周病菌が肝臓に到達することによって以下が生じます。

1)炎症性サイトカインの暴露

2)インスリン抵抗性

3)酸化ストレス

4)遊離脂肪酸による脂肪毒性

5)細菌内毒素エンドトキシン暴露

 

プロバイオティクスによる療法『バクテリアセラピー』とは?

脂肪肝の状態で、肝炎に進行させない方法として、歯周病に罹患している場合には、まず歯周病菌を抑制する必要があります。その方法には、1)定期的な歯科検診、2)適切なブラッシング、3)マウスウォッシュなどが挙げられますが、現在良い成果を挙げているとして注目されている方法に乳酸菌を用いた『バクテリアセラピー(細菌療法)』があります。

 

<バクテリアセラピーとは?>

歯周病菌を抑制する作用があるプロバイオティクス(善玉菌)に『ラクトバチス・ロイテリ菌(L.ロイテリ菌)』があります。以下は臨床試験の結果です。

 

◆L.ロイテリ菌を用いた臨床試験(バイオガイア社)

【試験内容】プラセボ(偽薬)と比較して、L.ロイテリ菌を摂取することで、歯周病菌の数を測定する。

【結果】摂取後3~6週間で、歯周病原因菌『P.g菌』『A.a菌』を10分の1程度まで抑制することを確認。また、歯周病の前段階である歯肉炎に対しても、歯茎粘膜の炎症を鎮静させた。

⇒L.ロイテリ菌が症状軽減・完治に効果を発揮することが明らかとなった。

 

最後に

L.ロイテリ菌が含有されている製品は、現在ヨーグルトを中心にタブレット・トローチ・ストロー(100ml飲料に使用すると、1日分のロイテリ菌が摂取できるという報告がある)など様々な形態で販売されています。また歯周病菌だけでなく、虫歯菌(ミュータンス菌)にも効果があり、ロイテリ菌含有ヨーグルトを2週間摂取したところ、約80%の菌が減少していたという報告があります。口腔内のケアの補助として是非活用していきましょう!

 

NASHへの『ビタミンE』の効果!アクトス/メトホルミンに匹敵する?!~肝炎の治療薬

現在、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の治療法の一種として『ビタミンEの投与』による酸化ストレス抑制が行われていますが、この治療法が他の治療薬と比較しどの程度の効果があり、また脂溶性ビタミンであるがゆえに大量投与の場合、脂質異常症の問題の有無や、過去に報告された心不全の危険性に繋がらないかが明らかにされていませんでした。近年の米研究グループによると、ビタミンEのNASHへの効果は糖尿病治療薬の『アクトス・メトホルミン』に匹敵し(NASHの進展にはインスリン抵抗性が関与していることから)、また副作用の問題も見られなかったと報告されています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

NASH(非アルコール性脂肪肝炎)とは?

NASH(nonalcoholic steatohepatitis、非アルコール性脂肪肝炎)とは、アルコールに起因しない脂肪肝で、その発症には『酸化ストレス、糖化(インスリン抵抗性:高インスリン血症)、鉄化など』が関与しているといわれています。そのため、治療薬としては現在【ウルソデオキシコール酸/ビタミンE/ビタミンC/ポリエンホスファジルコリン/アクトス(糖尿病治療薬)】などが用いられています。炎症や線維化を伴うため、肝硬変症や肝がんに進展する可能性があり、その割合としてはNASHの50%が進行性で、約10年で20~30%が肝硬変、肝がんに進行すると言われています。

 

臨床試験について

米研究グループの臨床試験の結果では、NASHへのビタミンE投与が、『肝臓組織の改善/炎症の改善』において糖尿病治療薬のアクトス・メトホルミンに匹敵し、また副作用と考えられている『心不全/脂質異常症』などの発生率は偽薬と変わらなかったという結果が報告されています。

 

<NASHに対する3つの臨床試験の統合データ解析(米Swedish Medical CenterのKris V. Kowdley氏ら)>

【対象】NASHを罹患した糖尿病・非糖尿病の成人・小児(347例)

【試験内容】1)非糖尿病の成人にビタミンE/アクトス/偽薬を、2)非糖尿病の小児にビタミンE/メトホルミン/偽薬を、3)糖尿病および非糖尿病の例にケノデオキシコール酸(半合成胆汁酸)/偽薬投与し、効果を比較した。

【結果】以下のような結果となった。

 

■病理組織学的な改善度

□ビタミンE使用群と非使用群との比較:有意な改善効果が示された(オッズ比:2.9)

□アクトス群/メトホルミン群/ケノデオキシコール酸群と偽薬群の比較:有意な改善効果が示された(それぞれオッズ比は4.1、2.7、3.1)

⇒【ビタミンEはメトホルミンよりNASHの改善度が高いことが示された。】

 

■炎症の改善度

□ビタミンE使用群は非使用群との比較:有意な改善効果が示された(それぞれ38%と20%の改善/オッズ比:2.4)

□アクトス群と偽薬群の比較:有意な改善効果が示された(オッズ比:3.4)

□メトホルミン群/ケノデオキシコール酸群と偽薬群の比較:有意な改善効果は認められなかった(それぞれオッズ比は4.1、2.7、3.1)

⇒【ビタミンEはアクトスよりやや下回るが、有意な抗炎症効果があることが示された。】

 

□心不全の発生率

ビタミンE投与群と非使用群の発生率に有意差はなかった。

⇒【ビタミンEは、心イベントの悪化を招かないことが示された。】

 

□脂質異常症の発生率

総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリドいずれもビタミンE投与群と非使用群の発生率に有意差は認められなかった。

⇒【ビタミンEは、脂質値の悪化を招かないことが示された。】

 

最後に

以上のように、NASH進展を遅らせるためにはビタミンEは有用であることが分かりました。しかし、副作用である心不全の問題に関しては、過去の米研究ではビタミンE摂取で偽群と比べ、13%心不全のリスクが高まるという報告もあり、今後もさらに継続的な検証が必要になりそうです。また一方で、岡山大学大学院の研究では、ダイエットサプリメントにも良く含有される機能性食品素材『カルニチン』が目立った副作用も無く、ビタミンEよりも上回る効果でNASH進展を抑制したという報告を行っています。今後の進展に注目したいところです。

(photoby:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-18掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝臓に関する記事

肝性脳症に気をつけよう!五段階の進行度と原因や気をつけること

肝性脳症は、肝機能が失われたことにより血中の有害物質の濃度が増加することによ...

再発率の極めて高い肝内結石症の治療法と予防法 症状が現れにくい!?

再発率の高い肝内結石症(かんないけっせきしょう)。 その治療法と予防方法と...


肝硬変で気を付けること*食事について・全身のかゆみの原因は「肝硬変」!?

  よく耳にする肝硬変。「肝硬変になってしまったら、残された肝臓で生きてい...

肝うっ血ってなぁに?肝臓を大事にして!予防のための習慣や治療など

  あまり耳馴染みのない病気ですね。肝うっ血。 そもそもなんで肝臓がうっ血な...

カラダノートひろば

肝臓の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る