カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. ヒルドイドが「乾燥症状を悪化させる」「界面活性剤の害がある」という説の真偽は?~保湿のための化粧品の使い方とは~

美容・ダイエット

ヒルドイドが「乾燥症状を悪化させる」「界面活性剤の害がある」という説の真偽は?~保湿のための化粧品の使い方とは~

cream.jpg
皮膚科でアトピーやその他の皮膚乾燥症状に処方してもらうことのできる保湿剤「ヒルドイド」は、非常に高い保湿性を持ち、その効果は数万円の高価な化粧品と同等、もしくはそれ以上であるとも言われています。

 

しかし、その一方で成分に含有される「界面活性剤」が反対に皮膚を乾燥状態にさせるのでは、という噂も耳にすることがあります。では、実際のところはどうなのでしょうか?

 

ヒルドイドとは?

一般的に「ヒルドイド」と呼ばれる薬には「ヒルドイドソフト軟膏」「ヒルドイドクリーム」「ヒルドイドローション」の3種類があります。適応疾患は、「表在性静脈炎・血栓症・瘢痕形成の改善」、又は「皮脂欠乏症」です。

 

ヘパリン類似物質の乾燥症状の改善

ヘパリン類似物質の皮脂欠乏症治療の作用機序は、持田製薬(ヘパリン類似物質スプレー)のインタビューフォームによりますと、「構成成分である酸性ムコ多糖類の強い水分吸着能による」また「蛋白分解酵素やヒアルロニダーゼの活性を抑制すると同時に局所の血行やリンパ流を亢進することによる」とされています。

 

ヒルドイドに含まれる界面活性剤が乾燥症状を悪化させる?

形成外科医の夏井睦医師のウェブサイトによりますと、「ヒルドイドに含まれる界面活性剤が肌を乾燥させる可能性がある」という見解が記載されています。しかしこれに対し、一般の薬剤師の方の個人サイトを参照させて頂いたところ、以下のような反論が記載されています。

 

■ヒルドイドに含まれる界面活性剤が、皮膚のバリア機能である皮脂を融解・除去し乾燥させる。

⇒反論:皮脂は融解するが、分解するわけではないため、水で流さなければ除去されないのではないか?

 

■「水分子と結合する能力が高く」ても「水分子を他の物質に与える能力」に繋がらないため、保湿力があるとは言えない

⇒反論:水分を与えなくても、水分が出て行かないようにすることは「保湿効果がある」といえるのではないか?

 

 ■界面活性剤が含有されているため、肌には良くない

⇒反論:「グリセリン脂肪酸エステル」とは、「(ジorモノ)アシルグリセロール:MG・DG」のことを指し、「トリアシルグリセロール:TG」のように生体内にある物質であるため危険とは言えない

 

水分蒸発を防ぐためには「ラメラ構造」を補うことが必要・・・エステル塗布で浸透する?

皮膚の最表面には「皮脂膜」があり、この下に皮膚の実質である「角質層」というバリア機能を持つ層があります。角質層は、「ブリック(レンガ)&モルタル構造」になっており、死細胞である「角質細胞(レンガ)」の周囲を「細胞間脂質(モルタル)」が取り囲むような形になっています。
さらにミクロで見てみると、モルタル部分は「ラメラ構造」と呼ばれる水-脂質-水-脂質-水…と規則正しく交互にサンドイッチ状の層となっています。水分蒸発を防ぐためには、このラメラ構造の脂質部分を補うことが重要になります。

 

アルコール+脂肪酸エステルがラメラ構造に浸透した可能性

関西学院大学大学院の研究によれば、皮膚表面にエステル(ミリスチン酸イソプロピル)を塗ることで、細胞間脂質に浸透したことが示唆されています。

 

また、ヒルドイドに用いられる「グリセリン脂肪酸エステル」は前述のように角質層にも含まれれるTGと同類の脂肪酸とアルコールのエステルであり、またMGやDGはTGよりも酸化に強く安定しているという研究報告もあります。

 

臨床試験では、薬剤中止後も一定の持続的な保湿効果が認められた

■老人性乾皮症類似症状のミニブタ皮膚へのヘパリン類似物質塗付で、保湿効果が3週間以上続いた(PMID: 10754460)

 

【試験内容】

ASR系無毛ミニブタ(うろこ状の荒れた皮膚を持つ)に対し、4種類の保湿クリームを3ヶ月間(1~3月)塗付した。使用した用量は、2×2cm2当たり0.01g。

 

【結果】

ヘパリン類似物質含有クリームは、最初の5日間行った治療の中止後でさえ3週間以上続いた乾燥豚の皮膚に非常に効果的な保湿効果を発揮した

 

■ヘパリン類似物質含有製剤は、アトピー性皮膚炎の「角質水分量増加」「中止後1週間の効果の持続」を示した(DOI10.14924/dermatol.117.969)

 

【試験内容】

健常人の人工乾燥皮膚と、アトピー性皮膚炎患者の乾燥皮膚に対し、3種類の保湿剤(ヘパリン類似物質含有製剤・尿素製剤・及びワセリン)の効果を比較した。腕屈側部に1日2回×3週間塗布し、その後1週間の観察期間を置いた(その間、いかなる保湿剤も塗布しなかった)。

 

【結果】

・全ての保湿剤において、塗布の期間中は「角層水分量」の有意な増加が認められた。
・なかでもヘパリン類似物質含有製剤群は、尿素製剤・ワセリン群に比べ、より高い角層水分量を示した。
・1週間の観察期間においても、その効果は持続した。
・「アトピーの皮膚所見・痒み」も、全ての保湿剤で有意な改善が見られた。
・しかし「経表皮水分喪失量」は健常人では有意に改善したものの、アトピー性皮膚炎患者では改善しなかった。
このように、ヒルドイドに含まれるヘパリン類似物質には角質の水分量増加効果と、中止後もその効果が一定期間持続することが明らかになりました。

 

また界面活性剤に関しては、イオン系のものと異なり生体内にも含まれる脂肪酸とアルコールのエステルであるため、皮膚に塗布して洗い流すなどを行わない限りはおそらく乾燥症状を引き起こさないのではないかと考えられそうです。

 

肌の乾燥は塗るだけではだめ!保湿剤の効果について

健康な肌の「しっとり」した潤い。これを維持するには、保湿剤を塗るだけの対処では足りません。

 

肌は日々生まれ変わっている

肌は一番外側の角質層と、その下の表皮層、さらに下の真皮層の3層からできています。血液が通っているのは表皮層までです。つまり生きている細胞は表皮と真皮なのです。真皮層で増えた細胞は表皮細胞に変化し、さらに角質層となって表面に押し出されていきます。このターンオーバーがスムーズであれば、フレッシュな肌が維持されます。通常約30日で交代する肌の細胞ですが、真皮層・表皮層の2層に十分に栄養が行き届かないと、代謝が下がる=新しい肌ができにくい状態になります。

 

保湿剤は角質層の上のカバー

一般的に、多くの保湿クリームは角質層のサポートとして肌の表面に脂で膜を作り、肌から水分の蒸散を少しでも押さえるように働きます。健康な肌ではこうしたサポート無しに角質層は十分な保湿力を持ち、肌からの水分の蒸散をコントロールできます。しかし、肌の乾燥は角質層に隙間をつくってしまうため、水分が出て行きやすくなっているので、保湿クリームでその隙間を塗り固める必要があるのです。
 

保湿クリームの効果は一時的

とは言え、保湿クリームの効果は数時間しか持続しません。ベトベトとした状態では不快ですし、薄くつけた場合には、じきに分解されたりこすれたりして効果がなくなります。しかし一時的とは言え、クリームによって外部からの刺激を受けにくくなるため、その間に肌は少しでも良い状態に生まれ変わることができるのです。

 

肌の健康は内と外、両方から

乾燥しがちな季節には、通常以上に肌がダメージを受けます。そのため保湿の手間をかける必要があると同時に、食事で肌をサポートしていくことも大切です。ビタミンやミネラルなどの代謝に必要な栄養成分をより多く摂ることを心がけましょう。肌の乾燥対策は、カラダの外からと内から、両面作戦が必要です。

 

肌のうるおいを保つために!保湿のための化粧品の使い方とは

肌が乾燥してくると、保湿や保護が必要となりますが、特に冬の乾燥が厳しい時期は肌のケアが非常に重要になります。冬は部屋に暖房が効いているおかげで室温は一定に保たれているかもしれませんが、湿度は室内で10-20%ぐらい低い状態にあります。
 
空気中の湿度に関していえば、肌のうるおいを保つためには70-80%ぐらいの湿度が最適だといわれています。1月や2月の平均湿度は40%ですが、暖房の効いている室内は30%以下の湿度になるため、肌には非常に乾燥した環境であるといえます。このようなときに肌が乾燥して粉がふいているように見えることはないでしょうか。
 

保湿の重要性 

乾燥によって粉がふいているようにみえるとき、肌では細胞間脂質であるセラミドが不足し、角層がめくれあがっている状態です。このような状態では、肌がダメージを受けやすいので、角層のバリア機能をもつ保護や肌にうるおいを補充する保湿をすることがとても重要です。
 
こうした保護・保湿には化粧品が必要となりますが、以下の点に注意しましょう。

 

無添加化粧品の方がより良い?

化粧品の場合、食品と違って無添加だからといってよいというわけではありません。一般的に添加物と呼ばれているのは、表示することが義務付けられている成分のことで、ごく少数の人間にアレルギーを起こす可能性がある成分が薬事法の規定に基づいて表示してあります。一方で、こうした添加物は化粧品の変質を防ぐことで、肌への安全性を保つために必要な成分でもあるのです。

 

弱酸性の化粧品がより良い?

肌は弱酸性に保たれていて、化粧品の多くも弱酸性で作られています。ただ、通常洗顔をした場合肌は一時的に弱アルカリ性になりますが、肌はPHを自動的に弱酸性にする働きがありますので、化粧品が弱酸性じゃないからといって、安全性が損なわれるというわけではありません。
冬場の乾燥は激しいものがあるので、できるだけ化粧品をしっかり使って保湿・保護をしましょう。

 

ウルウル美肌のためのシートマスク活用法!

■シートマスク前には化粧水で保湿

基本的にシートマスクは美容液という位置づけです。
直接つけるよりもパック前には化粧水で肌を整えておくほうがおすすめです。
 
また、マスクをする際は入浴後、もしくはホットタオルなどであらかじめ毛穴を開かせておきましょう。
美容液成分の吸収をしやすくするためです。

 

■シミが気になる部分に美白美容液を塗ってからパック!

シミが気になる場合は、その部分に美白美容液を塗ってから、シートマスクを重ねます。
上から蓋をすることでじっくり浸透させます。
頭で浸透しているというイメージを持つのも大切です。

 

■パックは10分程度を目安に

パックをしたままそのまま寝てしまう人もいるそうですが、これは逆効果になってしまいます。
説明書を呼んで、10分~15分程度にしておくといいでしょう。
化粧水でローションパックをする場合は、乾きやすいので3分程度を目安に。

 

■パック後は美容液成分でマッサージを!

美容液がひたひたのシートマスクの場合は、ぎゅぎゅっと絞ってその液体でマッサージをしちゃいます。
両手で、アゴからこめかみにかけて肌を持ち上げるようにして、こめかみから鎖骨にリンパを流します。
 
これを3セット行いましょう。
小顔+リフトアップ効果+さらに首の保湿にも効果的です。
 

■仕上げはクリームで蓋を

シートマスクをした後ってかなり肌がぷるぷるになっているので、もう保湿はいらないんじゃ?と思う方も多いと思いますが、シートマスクは美容液なので油分成分であるクリームで蓋をするのがベストです。
夜だと美容オイルを使ってもOKです。

 

保湿は三段階で♪夏は保湿が非常に重要です!押さえておきたい夏の保湿ポイント

夏こそ丁寧な保湿が必要であるといわれます。それは、夏特有の紫外線の強さや室内の乾燥などが原因にあります。夏にしっかりとした保湿ケアを行うことが重要なのです。
それでは、ここでしっかりと押さえておきたい保湿のポイントを勉強していきましょう。

 

1 化粧水はたっぷりと

夏はベタつきを気にして化粧水などをあまり使わない人もいますが、たっぷりとした量を使いましょう。
それでもベタつきが気になる場合には、2回にわけてつけてみると良いでしょう。

 

2 化粧水のポイントは量と浸透力

化粧水を使うときのポイントは量だけではありません。量と同じくらい重要なのは浸透力です。化粧水を皮膚につけたとき、浸透力がなければ、奥まで行き届きません。
特に、Tゾーンは頬やまぶたのところと比べて角質層が厚いため、浸透力が強い化粧水でないと、中まで化粧水の成分が浸透していかないのです。

 

3 保湿は三段階で行いましょう

保湿は化粧水をつければ良いわけではありません。しっかりと保湿をするためには、三つのステップを経なければいけません。まず化粧水をたっぷりつけて、皮膚を潤します。その次に、その潤いを美容液を使うことで補います。
ここで終わる人もいますが、せっかく追加された潤いを閉じ込めるために保湿クリームを使いましょう。

 

保湿の重要性

このような保湿ケアは夏の強い紫外線によってダメージを受けた肌を回復させる上で非常に重要であるといえます。
こうしたケアが行われないと、肌の乾燥だけではなく、角層が厚くなり、凸凹してくるので、太陽光が乱反射し、結果としてくすんで見えるという可能性もあるのです。
以上のように、夏はしっかりと保湿を行っていくことがとても重要なわけです。

 

秋に対処しないと手遅れに!洗顔後のピリピリは肌が縮んでいる証拠!?冬の肌のためにできるコト

空気が乾燥しはじめる秋になって、洗顔後の肌に、ちょっとした違和感が生じていないでしょうか。
「空気が乾燥してきたから多少は仕方ないか」と軽く思っていると、秋の終盤になって後悔することになるかもしれません。

 

その感覚は「肌が縮んでいる」ということかも!?

洗顔をした後、化粧水をつけるまでの間に、チリチリとしたような、ピリピリとしたような、肌の突っ張りを感じていないでしょうか。
これは、夏に疲れた秋の肌に生じる「肌が縮む」という現象です。
いわゆる洗顔後の肌がつっぱる感覚というのは、乾燥する季節であれば誰しもが感じるものです。この肌のつっぱっている感覚をそのままにして放っておいてしまうか、早めに対処して、肌状態を悪化させないようにするかは、秋の間の肌ケア次第なのです。

 

肌が縮むってどういうこと?なんでピリピリするの?

秋は乾燥が加速する季節です。そのため皮膚から水分が蒸発していくスピードが速くなります。
皮膚は乾燥すれば、ギュッと縮まります。ですが、肌表面の面積は変わらないのですから、当然皮膚だけが縮んでしまって、顔から無理やりはがれるような形になります。
チリチリ、ピリピリというのはこうした肌の悲鳴のことなのです。症状が進めばこれが痛いという感覚に変わります。

 

このときの洗顔後の対処で冬が決まる!

ピリピリの段階で対処すると…

こうした洗顔後の肌がひっぱられるくらいの間隔の段階で、きちんと対処する必要があります。
きちんと対処すると言っても、別段難しいことではなく、きちんと化粧水・乳液などをつけて、洗顔後に保湿をするだけでよいのです。
この段階でしっかりと保湿をしてあげれば、1か月程度で肌が本来の状態になります。
 

ピリピリの段階を放置すると…

肌がピリピリしていることを放っておいてしまったら、肌が本来の機能を取り戻す機会を失ってしまいます。そのため、そのまま冬になれば、冬の乾燥した環境が、肌の回復を遅らせてしまいます。
秋に肌の縮みを感じたら、すぐに乾燥に対抗するケアをしてあげてください。「本格的な保湿ケアは冬になってからでいいや」と思っていては、冬が来た時に後悔することになります。

 

カサカサ、粉吹きになるまえに!冬のお肌の乾燥対策

秋も深まり、乾燥が気になる季節がやってきました。
一言に乾燥といっても様々な症例がありますが女性として一番気になる部分は、やはり、肌の乾燥ではないでしょうか。
毎日のちょっとした工夫で乾燥知らずの美しい肌をキープしましょう。

 

1.丁寧な洗顔

色々な乾燥ケア用品がありますが、それを肌にきちんと伝えるためにまずしっかりと、肌の汚れを落としてあげる必要があります。
汚れは基本、泡が落としてくれるのでボリュームたっぷりの泡を作り泡でつつみ込むように、優しくしっかりと汚れを落としていきましょう。

 

2.化粧水までの時間

洗顔後は、化粧水・乳液・クリームといった順で保湿を行いますが化粧水をつけるまでの時間が、保湿にとって大きなポイントとなります。
洗顔後5分以内に、たっぷりの化粧水を肌に乗せてあげましょう。
タオルで水分を拭き取った後は、速ければ速い程保湿効果が上がります。

 

3.保湿効果を上げる化粧水の使い方

片手に化粧水を取り、肌の上にまんべんなく広げていきます。
広げた後は、軽くパッティングしハンドプレスを行うとより高い効果が期待できます。
乾燥の気になる季節は1度目の化粧水が入った後もう一度同じ事を行うとより保湿効果が高まります。

 

4.乳液は必ずつける

化粧水によって水分たっぷりになった肌に蓋をする役目を担うのが乳液です。
パッティングが終わったら、その流れで乳液をしっかり塗り肌を保護してあげましょう。化粧水から乳液の間に時間を置くと肌からどんどん水分が逃げるため、こちらも時間を置かない様に気を付けましょう。

 

毎日行っている事を見直し、冬の乾燥に合わせて少し気を付けるだけでその効果は格段に上がります。

 

(photoby:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美肌・スキンケアに関する記事

化粧品の製造年月日の記載は義務ではない?成分表示は知らないと損? 成分の組合せの工夫でメイク効果倍増も

女性なら誰しも、化粧品のひとつやふたつもっていますよね。男性でも最近は化粧水...

血行不良によって生じるくまは2種類ある!赤くまと黒くまとは?

  「目の下のくまがひどいよ」と言われるくまは、いくつかの種類にわけることがで...


永久脱毛、完了するまでにどのくらい通う?効果の持続期間は永久なの?生活習慣によって毛深くなる!?

自分でするムダ毛の処理は、きれいにできなかったり肌トラブルが起きたりとなかな...

にきびの原因と対策!正しい洗顔方法で美肌を目指そう

  どこにできたニキビですか?  ニキビといってもできた場所によって、ホルモ...

カラダノートひろば

美肌・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る