カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 口蓋裂 >
  6. 哺乳障害・言語障害・中耳炎…口蓋裂で注意しなければいけない合併症とは?

育児・子供の病気

哺乳障害・言語障害・中耳炎…口蓋裂で注意しなければいけない合併症とは?

baby-1070388_960_720.jpg

お腹の中の赤ちゃんは「口蓋裂です」と言われたら…多くのママ・パパは驚くでしょう。
ドラマ「コウノドリ」でも、そんな場面が描かれていました。

 

 

口蓋裂とは?

そもそも口蓋という場所がどこかわかりますか?

 

口蓋というのは、口腔内の上側の壁を指します。
上あごと言って差支えないでしょう。

 

口蓋裂というのはこの口蓋部分が裂けた状態を言います。
これは人の発生過程が途中で止まっている状態です。

本来ならば、9週当たりで左右から口蓋突起というものが伸びてきて、最終的にくっつきます。
これが最後までくっつかないと口蓋裂の状態になるのです。

 

色々な合併症が起こる口蓋裂

口蓋裂は上あごが裂けていることを症状とする病気です。
それ自体は手術によって、通常の状態に近づけることができます。
けれど口蓋裂にはこの状態からいろいろな合併症が起こります。

 

・哺乳障害

「吸う」という行為は、口の中をフルに使います。
しかしその口の中が裂けている口蓋裂では、吸引力が非常に弱いです。
そのため哺乳が難しくなったり、吸ったミルクが鼻から出てしまうことがあります。

 

・咀嚼障害、嚥下障害

哺乳と同じ理由で、「噛む」「飲み込む」といった動作が難しくなります。
また、歯並びが悪くなることも影響します。

 

・言語障害

口の中の構造が普通と違うために、ノドのあたりを締めることが難しくなり発声が難しくなります。
手術をすれば構造的に回復させることはできますが、それでも言語治療が必要で、パ・タ・カ・サ行が苦手な傾向があります。

 

・中耳炎

口蓋裂のお子さんは中耳炎になりやすいことが知られています。
これは上あごの奇形のために、耳と口を結ぶ耳管の、口側の筋肉に異常が出ることがあるためです。
この部分が先天的に低形成だったり、筋力不足を生じていたりします。

 

約半数の口蓋裂のお子さんに、中耳炎が生じるとも言われています。
特にプールなどのときには注意してあげましょう。

 

また、滲出性中耳炎というのになると、痛みがなくてわかりにくいです。
これは難聴も引き起こしやすいので、気をつけなければいけません。

 

・風邪を引きやすい

風邪などの感染症は、口や鼻から入っていきますよね。
そこに異常があるというのはやはり、菌が入りやすくなってしまい、風邪などの感染症にかかりやすくなります。

 

 

合併症にも注意していかなければいけません

口唇口蓋裂といって、口蓋裂に対して、くちびるの裂けている口唇裂というものもあります。
口蓋裂は口の中で起こるものですので、外から見えているくちびるよりも、審美上の問題は少ないです。
けれどこうした合併症が多いことは、親御さんは見逃せませんね。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口蓋裂に関する記事

先天奇形「口蓋裂」…手術のタイミング、術後の訓練…再手術はあるの?

普通上あごが裂けていることはありません。けれど、それが生まれつき起こるのが「...

先天性異常 "外表奇形「口蓋裂」"とは?特徴と治療法について

「口蓋裂(こうがいれつ)」は先天性異常のひとつで、口腔や顎に生じるもののなか...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

口蓋裂の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る